« テレビのない生活 | トップページ | 夏休みの縦走計画 »

2009年7月26日 (日)

吾妻耶山・大峰山

 

天気がはっきりしない今日この頃、せっかくの休みも雨や曇りだと気分的にどんよりしてしまう自分。日曜日は何としてでも体を動かそうと前日から天気予報とにらめっこし、長野方面か雨覚悟で西上州の里山か・・・と考えていたところ、夜が明けてみたら結構晴れていた。

そこで、前から考えていたみなかみの吾妻耶山と大峰山周回トレランに行く。登山で「日本百名山」、トレラン練習で「ぐんま百名山」を目安としているので、ぐんま百名山に名を連ねるこの2座も貴重なコース。

といっても、家を出たのが10時→今日の登山口であるノルン水上スキー場には11時頃着く。駐車場には車がたくさんあり、着替えている人も多い。そんなに登る人がいるんかい?と思ってよく見たら、スキー・スノボー板を抱えている人がほとんどで、なかにはウオータースーツ(というのか?)を着る人もいる。

そう、周辺の看板や案内図をよく見たら、「ウオータージャンプ」という遊び・競技の練習ができる場みたいです。(帰り下山中に撮った写真です)

Adumaya_080 Adumaya_092Adumaya_083 Adumaya_094

吾妻耶山・大峰山へは林道を通ってスキー場のゲレンデを登りあげていく。普通の砂利道で全部走れそうなものだが、暑くて暑くて、甘く見ていたのを後悔。振り返ると、スキー場のハウスや水上(上牧の)温泉街が見える。

Adumaya_105 Adumaya_137Adumaya_134 Adumaya_143_2

途中歩きながら上り詰めて分岐へ。その後は右手の吾妻耶山方面へ回る。ゲレンデを過ぎると、苔むした樹林帯に入り、涼しくなる。しかし、熊か何かいかにも出そうな感じ。人は誰もいない。カエルか何かの泡がたくさんある。何だろう?

Adumaya_149 Adumaya_156

駐車場から1時間で山頂。山頂には祠が3つあり、信仰の山を思わせる。

Adumaya_164 Adumaya_011

天気が良くて間近に谷川連峰(天神尾根・肩の小屋・オジカ沢など南稜が見える。奥には白毛門も見える。ガスなし。手前の山は阿能川岳(※登山道がなく、残雪期だけ登れるらしい「ぐんま百名山」)が悠々と・・・。右手下には水上の温泉街でホテルが立ち並ぶ。

Adumaya_016_2 Adumaya_014

帰りはスキー場に戻るのは退屈なので、すっかり動物(熊)との遭遇の不安も忘れ、東側の尾根を周回して大峰山・大峰沼へ向かう。このコースは典型的なトレイル向けでかなり走りやすい。コースタイム60分のところも熊鈴2つをじゃんじゃん鳴らして20分弱で駆け抜ける。大峰山にはアンテナ(テレビや無線や携帯?)がいくつか立っている。高校の登山部が立てたらしい道標もしっかりしていて分かりやすい。

Adumaya_025 Adumaya_023

大峰沼に立ち寄ってしばらく休憩。大峰沼は「現在確認されているものの中で、本州最大で最古とも言われている大峰沼。周囲1kmに湿性植物の生えた浮島が点在し、周辺には天然の落葉広葉樹が残され、貴重な動植物の宝庫となっています。県指定天然記念物」ということで以前は賑わったらしいが、う~ん何のことかよく分からず・・・・。沼でした。

Adumaya_032_2 Adumaya_036Adumaya_040 Adumaya_059

全コース通して誰にも会わないので案の定この沼でも一人。キャンプ場やベンチもある。看板も充実。はいはいはいはい。分かりましたよ!

Adumaya_049 Adumaya_042Adumaya_119 Adumaya_051 

12キロ・約2時間半の周回で気持ちよく走りました。帰りのゲレンデはちょっと林道をショートカットして「おんたけスカイレース風(出たことも見たこともないけど・・・)の下りで快調に飛ばしました。野うさぎ遭遇。

<おまけ>

短パン・トレランシューズで草むらに入ったため、おまけがついてきました。写真載せると気持ち悪いかな?ヤマビル君です。靴を脱いだら靴下が真っ赤。左3箇所・右1箇所指されてました。(写っているのは左手の親指です)

Adumaya_075 Adumaya_097

以前に谷川岳(谷川温泉~中ゴー尾根~天神平~谷川温泉)で同じようなことがあり、どうやら夏の谷川周辺は要注意地帯。

痛みはないんだけど、全然血が止まらない。テーピング固定で止血した後、温泉入浴したらまた出血。数時間続いた。山ヒルはこんなもんらしい。トホホ。

Adumaya_102

今日はサロモンではなく、久しぶりにモントレイル「コンチネンタルディバイド」穴あきボロボロを履いた。フィット感そこそこで自分の足にはこちら方が合っている感じ。左足の赤いところがヤマビル君にやられた箇所!

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

 

|
|

« テレビのない生活 | トップページ | 夏休みの縦走計画 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

あいかわらずハードに遊んでますねー
私は昨日は飲んで終わってしまいました・・・

それにしても、ヤマビル君、嫌ですねー

私はやられたことないんですけど、勝手に靴の中に浸入してくるんですか?
嫌だな~

新しい靴じゃなくて良かったですね!

投稿: たあたん | 2009年7月28日 (火) 07時20分

知り合いの人に聞いたら谷川南稜方面はヤマヒル多発地帯だそうです。僕の1~2匹なんで甘ちゃんです。

もちろん勝手に靴の中に侵入するから、登山靴のほうがまだましかも。それどころか足じゃないところ背中や腕・股なんかにきたら同じ血を吸われるにも気分的に嫌ですよね~。

詳しくはネットで「ヤマビル」「ヤマヒル」・・・・!

投稿: sugoroku | 2009年7月28日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビのない生活 | トップページ | 夏休みの縦走計画 »