« 山小屋の主(あるじ) | トップページ | トレラン誌買ってしまう »

2009年8月17日 (月)

小さく重いもの探し

9月27日(日)に行われる山田昇記念杯登山競争にエントリーした。昨年勢いで出てみたらトレランとは一風変わった独特の雰囲気にすっかりのめりこんでしまった。

この大会の詳細はネットで調べてもらうことにして、一人10キロ(男子)の負荷を背負って上州武尊山山頂を回る15キロの道のりを競うもの。

負荷は何でもかまわない。高校生なんかはペットボトルに水を入れたり(10キロ=5本を登山ザックに入れるのは明らかに非効率だと思うのだが若いからいいか)、人によっては小さなザックだけの人もいて、本当に10キロあるのかい?と思って脇で計量を見ているときちんとパスしたりする(何が入っているんだろうか)。

そんな僕が昨年背負ったのは下の写真の鉄アレイです。4KG+5KGで9KG、あと1キロは水とか諸々の重量でした。

Yamada_007

その結果、重量は余裕で10KGを超えて12KG近くありました。おまけに鉄アレイが尾てい骨にゴンゴンあたり、褥瘡(床ずれ)のようにあざやこすれができてしまって大変だった。

今年の課題は体力づくりよりもまず「重り」作り!

小さくて重いもの、一説には鉛板とかがザックにフィットして重さも分散して良いらしいのですが、理系に弱いのでいまいちピンときません。残り1ヶ月で何か考えよう。

その前に8/30おんたけスカイレースがあるのを忘れてはいけない!絶対に完走!

|
|

« 山小屋の主(あるじ) | トップページ | トレラン誌買ってしまう »

トレイルランニング」カテゴリの記事

マラソン全般」カテゴリの記事

徒然なるままに」カテゴリの記事

日本百名山」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山小屋の主(あるじ) | トップページ | トレラン誌買ってしまう »