« 登山靴の補修完了 | トップページ | 今日の赤城山 »

2009年8月13日 (木)

御荷鉾(みかぼ)山

  お昼から西上州の御荷鉾(みかぼ)山にトレランに行った。ぐんま百名山めぐりの一環。

藤岡の山奥から塩沢峠に入り、「みかぼスーパー林道」を進みオドケ山下の駐車場に停車。林道といってもこのあたりの区間は完全舗装路でドライブ好きの人にはそこそこ有名な道。マニアのドライブ雑誌にも載ったことがある。

Mikabo_029 Mikabo_034

今日は東と西の御荷鉾(みかぼ)山を予定。時間があれば赤久縄まで回ろうかと考えたが、出発が12時半なので結果的には2つで終わり。

林道が標高1000メートルくらいで2つの山も東が1246Mで西が1286M程度なので実質標高差は300メートルくらいしかない。横に長い形なので往路は7キロほど林道を走る。少しの登り下りがあり、ウオーミングアップにはちょうどいい。自分の中ではせめて林道は走るつもりでいたので、トレーニングとして最適だった。

Mikabo_042 Mikabo_045

帰りに下る西御荷鉾山の登山口を2箇所素通りして、東御荷鉾の下山口も確認して、30分くらいで目的地となる最東部の登り口に着く。ここでよく確認すればよかったのだが、どういうわけか脇にある昔の作業道らしき道と勘違いして2キロほど迷いこむ。その先に登山道があると先入観が先走ってしまったのだが、結局あるのは文字通り獣道か作業道かなにかで登山道ではなかったので、深みに入る前に引き返す(林道に戻るまでも少しひやりとした)

間違えた作業道

Mikabo_046

30分ロスして林道を最初に戻ると、尾根伝いに看板が見えたので正規の登山道を発見。こういう迷いがあるので里山は嫌だ。大体自分の先入観が原因。

看板には1時間とあるが、駆け足で25分くらいで山頂に至る。展望は南側のみ。両神山や遠くは三峰山・雲取山も見える。

Mikabo_054 Mikabo_067 Mikabo_070 Mikabo_071

いよいよ楽しい下りの始まりで、標高差も300メートルくらいしかないので緩やかな尾根道を軽快に走り下りる。15分くらいあっというまに東御荷鉾(みかぼ)山と西御荷鉾の間の投石峠(みかぼスーパー林道出合)に着く。

Mikabo_073 Mikabo_042_2

東と西の御荷鉾山は尾根で繋がっていないので、一旦峠に出てもう一度登りなおす。西への登りは作業林地帯をくねくねと登り詰める。どこか青梅の高水山のような雰囲気。それなりの急登で少なくなってきた飲料を確認しながら走らずに歩く。

Mikabo_080 Mikabo_081

20分くらいであっというまに西の山頂。こっちは360度開けていて展望がいい。周辺も植物が多くて7月にはニッコウキスゲがきれいらしい場所。写真右手が両神山で中央は雲取方面。左下の建物はゴルフ場のクラブハウスかな。

Mikabo_082 Mikabo_100Mikabo_095 Mikabo_110

3時45分、駐車場着。一日暑くて汗をかいたので、近くのみかぼ高原荘に立ち寄り、展望風呂に入浴しながら全身をアイシングしてストレッチをする。温泉ではないようだけど、風呂からの見晴らしは最高で両神山の向こうにかすかに甲武信岳を眺め、秩父の山々がよく見えた。

Mikabo_127 Mikabo_128

<おまけ>

11月15日にこの辺でトレランレースが行われることが決まったようです。コースにみかぼ山が含まれるかは分かりませんが、神流町スタートで赤久縄山やスーパー林道がコースになるようです。40キロのコースとなるとこの辺だと思うのですが・・・。

「神流MOUNTAIN RUN&WALK」
(距離:ロング40km、ミドル20km)

http://tsuyoshikaburaki.livedoor.biz/archives/1422757.html

●反省点

やっぱり自分はトレラン中にi-podを聞くのはやめたほうがいいな。集中力が散漫になって道迷いの原因になる。それと、ランの足に気が行かなくなるので捻挫する危険性が増える。今日もそんなことがあった。

今日は水場がないのは承知していたが結局ペットボトル2本では足りなかった。

里山だからとなめないほうがいい。山中に道標が少ないのに加えて猪や鹿や熊?の獣道があちこちで、森林伐採や送電線の作業道も多いので道迷い心配あり。

基本的にハイカーが全然いないので熊鈴必携のほうがいい。

ガソリンは山に入る前に入れておく。残り少なくてちょっと焦り。

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 登山靴の補修完了 | トップページ | 今日の赤城山 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

う~ん一人じゃやっぱり不安だな。後で時間があったらご一緒しましょう。今日はおとなしく庚申山でもグルグルと回ってます。

投稿: 三姉妹の親父 | 2009年8月14日 (金) 10時00分

大丈夫大丈夫。西だけなら1時間で一周できるところです。楽しいです。スーパー林道と山の距離が近いので道の方角を意識していれば平気です。どうせ迷うなら林道側の南斜面で迷いましょう。北は深いのでダメ。

神流のコースが発表されたら行ってみましょうか。たぶん赤久縄周辺+スーパー林道だと思うのですが、それだと40Kにはならないので+αがどこだろう?

投稿: sugoroku | 2009年8月14日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登山靴の補修完了 | トップページ | 今日の赤城山 »