« おんたけ:意気込み編 | トップページ | おんたけスカイレース »

2009年8月31日 (月)

おんたけ:前日編

8月30日(日)木曽の御嶽山で開催されたOSJおんたけスカイレースに初参戦してきました。距離は40キロですが、ふもとから山頂(や外輪山)への標高差が2000メートル以上、御嶽山の標高も3067メートルなので、いままでに経験したことがない過酷なレースでした。

結果は8時間11分で無事完走。目標タイムを8時間半~9時間と想定していたので、体の故障もなく、心配していた腸脛靭帯も全く異常がなかったことは自分としても驚きで満足の行く結果でした。それにしても楽しかった。

------------------------------------

その① まずは前日編から

金曜日夜、仕事を終えて逃げるように職場を去り、とりつかれるように木曽路へ。高速運転中に眠くならないように車内でi-podにダウンロードして入れておいた「Conquest of Paradiseという曲?(Vangelisというアーティスト?)」を繰り返し聞く。

実はこれ、去年のツールドモンブラン凱旋報告会で鏑木さんからも紹介されていた曲でツールドモンブランのテーマ曲?(だったような気がする=違ったら誠にすみません)で、どこか宗教的な雰囲気には魂を奮い立たせるものがあるような感じ。といっても曲を聴き始めたのはつい先週からのことなんだけど・・・。レース中も頭の中で何度も流れて助けられた。

伊那インターから権兵衛トンネル経由木曽福島に入り、25時に道の駅に入り車中泊。金曜日だからなのか寝ている車もたくさん。

翌朝は6時半に行動を開始するも、これといって行き先はなく、レース会場の王滝村にいく前に開田高原を経由、「木曽馬の里」に立ち寄る。放牧はまだで朝早くから厩舎をちょっとだけ見させてもらう。

Ontake_sky2009_001_3 Ontake_sky2009_004_2 Ontake_sky2009_006_2 Ontake_sky2009_009_2

開田高原からは御嶽山の展望がよいらしいが、この日は霧雨がつづき残念ながら山はまったく見えない。でも山深い集落や雪国の家並みなどは落ち着く感じがしていい。

峠を越えて王滝村に入る。時刻は8時30分。前日受付が13時からなのでいくらなんでもちょっと早すぎるだろうと思い、松原スポーツ公園で会場設営の様子だけ確認してコース下見に行く。

Ontake_sky2009_015 Ontake_sky2009_019

ナビとコースマップを見ながら車で田の原へ向かう。クネクネクネクネと登り続け天気もガスだったり晴れて見たり、標高差を感じる。途中エイドの位置 やスキー場内のコースも確認。(噂どおりの激登り&激下りのようすに少し動揺してしまう)

Ontake_sky2009_025 Ontake_sky2009_023_2Ontake_sky2009_026 Ontake_sky2009_029 

ようやく田の原登山口についたら、展望が開け、天気もちょうど晴れた。御嶽山も見晴らしいい!これから登るハイカーや修験者も多いみたい。

Ontake_sky2009_033 Ontake_sky2009_037Ontake_sky2009_035 Ontake_sky2009_042_2

 

田ノ原まで確認できれば気持ちは安心。午前中にはふもとの御岳山史料館によって見学のあと、今度は一気に王滝川上流まで車を走らせ、昭和59年の地震で発生した土石流でできた「自然湖」にいきカヌーの様子も見ることができた。それにしても山奥の自然はいいな。ふと見ると面白い看板も発見。「忠犬」だって・・・・。

Ontake_sky2009_047 Ontake_sky2009_053 Ontake_sky2009_054 Ontake_sky2009_055_2

午後1時、松原スポーツ公園に戻り、早速受付を開始してスポーツ用品店の出展ブースを見て回る。靴下やキャップ・パワージェルなどを買う。

午後4時に桶川師匠や習志野さんなどのグループと合流、同じ頃、群馬在住のザスパ草津応援コンビさんにも再会し挨拶をする。5時半からウエルカムパーティー開会。お腹が空いていたのでケータリングの食事もがつがつ頂く。

古くから霊峰御嶽山の修験者を受け入れてきた地元王滝村の村長さんから、現代の修行僧「トレイルランナー」への厚いメッセージも頂き、なかなか面白い話だった。「仕事がなかったら王滝に来て修行してください!」の一言に少し心が揺れ動いた・・・かな?

タッキーさんによるコース説明もあり。距離計測などは大まかな感じがまたいい。

Ontake_sky2009_060 Ontake_sky2009_063 Ontake_sky2009_065 Ontake_sky2009_073

-----------------------------------------

■レース前日分を少し振り返ってみる

A 食料はとにかく早めに調達すべし・・・便利な「コンビニ」はあくまでも市街地の話。田舎には珍しい存在。農村部には稀にしかない!木曽も国道19号から離れると皆無といっていいほど見かけなかった。登山で出かけるときもそうだけど、あとで寄ろうかと思って車を走らせていると結局コンビニが見つからず、20キロ以上戻ることもあった。

B コンビニは少ないのだが百草丸のお店は驚くほどに多い。なぜこれほどまでに多いのか、修験者の土産品なのか、腹痛の人が多いところなのか、特産品なのか予備知識がないので良く分からないが、とにかく百草丸(日野?や御岳?とか流派があるの?)の店が多くて不思議。

C 無理して夜行・車中泊により王滝に朝早く着いたのはとてもよかった。前日が丸一日が有効に使えて観光やコース下見まで楽しめたかな。

D 御岳山史料館もあまり寄る人は少ないみたいだが入館料200円で楽しめた。上映機器とか機械故障が多いけどお金払うのでいいの?と館の人が聞いてくれたけど、御嶽山のジオラマやカモシカ・ハクビシンの剥製や昔のおふだなどが興味深かった。

E 駐車場も広く、車中泊もテント泊もたくさんでした。みんな楽しそう。

|
|

« おんたけ:意気込み編 | トップページ | おんたけスカイレース »

トレイルランニング」カテゴリの記事

日本百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おんたけ:意気込み編 | トップページ | おんたけスカイレース »