« 二千階段 | トップページ | 四阿(あずまや)山 »

2009年9月17日 (木)

石尊(せきそん)山

木曜・金曜と平日連休で相変わらず山へ。(ここのところ定年退職後のおじさんのように平日登山を繰り返してますが一応仕事はそれなりにしてます・・・シルバーウイークも出勤です)

12時に家族を軽井沢アウトレットに送って、時間つぶし(どっちが時間つぶしか見解が分かれるところ)に近くの石尊山1667Mへ。

ぐんま百名山にも高崎と安中の境に同名の山があるけど、軽井沢の石尊山は雄大な浅間山の南面が展望できる山として知る人ぞ知る山。本当はいつもの浅間外輪山トレイルも考えたけど、時間の都合もあり今回はショートコースを選択してこっちになった。

Sekison_054

国道18号追分宿から登山口に行くのが少し迷ってしまうくらいで、こじんまりとした駐車場に到着。4台くらい停められそうなスペースにすでに3台。その後1台が来た。みな長野ナンバー。やっぱり登山全盛の夏~秋のこの時期に県外から地味な山に来る人は少ないか。

Sekison_081 Sekison_083

後から来た女性3名と談笑してコースの様子も少し聞いてから12時40分スタート。登山道というより林道一直線で非常に走りやすい。緩やかな登り坂でほとんどまっすぐにすすむ。ただ、クマやらカモシカやらが出てきそうなところ。

Sekison_010 Sekison_019

途中、作業用の林道を2・3回横切る。でもその後も登山道はあいかわらず緩やかな登りで非常に歩きやすいしトレランとしても快調。このくらいは走れないとダメだよなと追い込みながら進む。

駐車場から山頂まで6KMとあったうち、5KMくらいはこんな感じ。さっき会った女性のひとりも今日が初めての登山ということだったので入門コースとしては申し分ない感じで、山頂からの絶景を考えると、山の魅力を伝えるにはいいところかも。

Sekison_023 Sekison_073

最後の林道を過ぎた辺りから少し土が泥になり、血の池とか血の滝とかおはぐろ池とか少し雰囲気が変わるので退屈しない。ちょっとした急坂もあるが良く見ると巻き道がしっかりあったりする。有毒ガス注意の看板とたくさん見られたトリカブト。

Sekison_039_2 Sekison_036

血の滝=泥水ではないようです。ネットで調べたら「地下から湧き出てくるときには透明で、鉄分を含んでいる水質なので空気にあたって酸化して茶色くなる」らしい。なるほど、同じ浅間の火山館のあたりの川や天狗温泉のあの鉄の温泉などもこの原理かな。当然水と言っても飲めるものではない。通して水場はない。

Sekison_033 Sekison_040

山頂手前で地元の女性グループ7人くらいに会い挨拶の後、あっという間に尾根へ。急に間近に浅間山が見える。左手には黒斑山。見頃を過ぎたマツムシソウもたくさん。

Sekison_041 Sekison_043 Sekison_053 Sekison_042

少し南方へ登って石尊山山頂。ここからは南面の軽井沢小諸佐久の町並みのほか、八ヶ岳や秩父方面の山々も見える。視界がよければ富士山も見えそうな感じ。人もいないので独占。

Sekison_061 Sekison_066

復路は「座禅窟」方面へ下って戻ろうとしたが、いきなり藪こぎでその後もあまり歩かれていない様子。事前のネット情報でも「コース不明瞭で注意!」とあったので潔くすぐに引き返す。今日は時間も限られているので無理はしない。

Sekison_068 Sekison_070

往路が「緩やかな登り坂」だったということは復路は「存分に楽しめるトレイル」ということで、山頂から一気に駆け下りてあっという間に車に戻る。非常~に走りやすいが、小さい火山岩がごろごろしているのですべると言うより、捻挫には十分注意が必要。

きのこや何かをとる地元のおじさんが歩いているので、そういう人への配慮は必要。それと、石尊山方面でクマの目撃がある。トレランの人は勢いがあるので一番会いやすい。朝一が会いやすいと浅間外輪山トレイルのときに教えてもらったので注意。

駐車場~山頂約6KM=往復12KM   登り70分 下り35分

<おまけ>

①汗だくで温泉に寄る。菱野温泉はちょっと方向が違うので今日はパスして、軽井沢駅に戻る途中で探す。星野温泉・塩竈温泉などがあるなかで、初めての千ヶ滝温泉による。今日の料金は1,100円。特定日には1,500円になるみたい。!? !?

正直、登山後の汗流しでこの値段にはかなり動揺したが、当地軽井沢値段を考えればそんなことも言ってられないか・・・。駐車場は高級車が多くお客さんも・・・でした。Tシャツ短パン+汗だくの若造はいませんでした。

しかし、ロッカーも浴場も広々としていて(自分としては)豪華でたまにはこういう風呂もいいかなと結果的にはリッチな気分での入浴でした。う~ん軽井沢。

②家族を軽井沢に残して自分は伸び伸びトレランという「家族円満企画」としてはちょうどいい山ですが、山で迷ったり迎えに戻る時間が狂うと家族待ちぼうけになり喧嘩の原因になる。

特に、山が3時間弱で楽しめたとしても、休日午後の国道18号は軽井沢駅方面へはほとんど車が動かない渋滞なのでそこで2時間かかってしまうかも。 

そこまでは責任持ちませんのでうまくやってください。

③夜、前橋に戻ってベアーさんの誘いでトレラン系ジム仲間?飲み会に飛び入り参加。トップ選手の話も直に聞くことができて本当に楽しい会でした。11月の神流に出る人がネットや大会で知り合った人だけでも10人くらいになるのでも頑張らないといけないなと改めて感じた。

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 二千階段 | トップページ | 四阿(あずまや)山 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

二千階段や石尊山トレランお疲れ様ですね、大分練習を重ねていますね、神流マウテンに向け練習会を企画して下さい。
石尊山は気軽行ける山ですね、楽しそう~です。
私は今日は46キロ(島村の渡し)まで走って来ました、自転車では50分でいける所ですが、足が痛いです練習が足りないですのでよろしくご指導お願いします。
追伸・・・先日はトレラン仲間の集いは楽しかったです、ありがとうございました。

投稿: ベアー | 2009年9月19日 (土) 20時47分

ベアーさん>
いつも元気で好奇心旺盛なのですごいです。今日は島村ですか!バイクでなくラン?普通はランは五料往復で20キロどまりだと思いますが追い込みますね。

この間はいろんな人との出会いもあり楽しかったです。ネットで検索していたらキナバルクライマソン2007のビデオがありました。映像が少し粗いですが10分くらい楽しめます。それにしても4位とは本当にすごいですね。お誘い有難うございました。
http://www.buffskyrunner.com/videos/malaisia02.wmv

投稿: sugoroku | 2009年9月20日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二千階段 | トップページ | 四阿(あずまや)山 »