« 皇海山(すかいさん) | トップページ | 石尊(せきそん)山 »

2009年9月16日 (水)

二千階段

静かで地味なコースなのであまり紹介するのもなんですが・・・

実は日曜日、午前中に登った皇海山が思いのほかあっけなく終わってしまったのでそのまま親父を実家に送り、10キロの負荷とともに藤岡の二千階段に行く。

3年前にトレランをはじめて以来、主に雨の日や時間がない時の手頃なトレーニングコースとしてたまに行っている。その程度の山だけど、いろいろと組み合わせてコースが組み立てられるのでなかなかいい。

Yunishi_133

藤岡の市街地から「日野地区」へ向かう。「土と火の里」という観光スポットまであと数キロのところで左折し、二千階段へ向かう。くねくねと車でのぼり「かあちゃん茶屋」駐車場。ここの茶屋はテレビ東京とかの観光情報番組なんかでも取り上げられる名物の店らしい。

Yunishi_099 Yunishi_100

ストレッチとウオーミングアップをして後は登るだけ。藤棚と石仏のあと、急な階段(木)が約1500段続く。山頂までは自分のベストタイムで12分。看板では30分かな?標高差400メートル程度。階段状の登りなので走るわけには行かないのが難点。

Yunishi_101 Yunishi_115 Yunishi_128 Yunishi_117

山頂(ただの尾根?)からの景色が晴れているといい。榛名山・赤城はもちろん、この日は谷川連峰・上州武尊・そして午前中に登ってきた皇海山方面、筑波山まで見渡せた。しかも面白いことに無料望遠鏡も常設されている。これを使うと前橋の自宅が見えるので驚き。

Yunishi_125

山頂のあとはそのまま階段を下るのが一般的ですが、走る目的なら少し下って「みはらし茶屋」を経由して竹林の中の車道激下りをドタドタ下って大腿四頭筋を鍛えながら「かあちゃん茶屋」に戻るがお勧め。ひととおりで1周3キロちょっと30分弱。

または、かあちゃん茶屋から左方面「高山地区」の集落のほうへ車道を走り、鎌取コースというハイキングコース方面を目指す。鎌取コースはさらに山の中を6キロくらい行くらしいのでパスとして、集落途中から軽く周回して「みはらし茶屋」に戻るプチトレイルがお勧め。(集落を走る姿を自分撮りしてみたらなかなか良く撮れていて笑う。ちなみに10キロ負荷ザック)

Yunishi_137 Yunishi_139

鎌取コースに入るとながいので行かずに下の「藤岡の名木『松の木』」をみたらそのまま直進して林道を走っていくと10分程度でみはらし茶屋に戻る。

Yunishi_152 Yunishi_154

みはらし茶屋から西上州の山々の夕日をみる。真ん中のぽこりと出たのが御荷鉾山(みかぼやま)でその右が赤久縄山。どちらも11月の鏑木さんプロデュースの「神流マウンテンラン&ウォーク」のコースです。

Yunishi_169 Yunishi_183 Yunishi_184

以上、はっきり言ってたいした山ではありません。わざわざ遠くから出掛けるところではありません。でも、1周30分として、2周したり4周したりバリエーションを変えて楽しめるので気楽にいけるところがいいです。

神流の試走や西上州でのトレランの際に物足りない方はどうぞお立ち寄りください。

今日の記録 5キロ×2周

1周目10キロ負荷あり集落周回=45分/2週目空身全開集落周回=38分 

※負荷があってもなくてもそれほどタイム差がない!? 山頂まで12分はベストかも。

<おまけ>

①今日のトレランは皇海山登山の延長で登山ソックスで挑んだけど、割合靴に合っていて靴ずれができなかった。見た目はいまいちだけど意外といいかもしれない

Yunishi_191

②二千段階段駐車場への道中には必ず猫が飛び出す家(カーブ)があるので運転は注意してください!ほら!

Yunishi_194

③最後の最後で日没後の川原でアイシングタイム。これも自分撮りだ。一日の疲れが案外良く映し出されいる?こんなところで流されておぼれたらしゃれにならない。しかも、ここは蛇喰(じゃばみ)渓谷といってその昔大蛇が・・・・という伝説の地。

Yunishi_214 Yunishi_226

|
|

« 皇海山(すかいさん) | トップページ | 石尊(せきそん)山 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皇海山(すかいさん) | トップページ | 石尊(せきそん)山 »