« 高水山とハセツネ30K | トップページ | 山々の雪景色 »

2009年12月13日 (日)

みたけ山トレイルラン

みたけ山トレイルランに参加。今年はETCの休日割引が始まったので無理して深夜に走る必要がないので5時半に前橋を出る。青梅インターを経て御岳に7時に到着した。圏央道が開通してから青梅はかなり近い。運良くケーブルカー滝本駅の駐車場にギリギリ入れた。

Mizusawa_036

受付を済ませて車でゆっくり休んで8時半過ぎから開会式と、KFCトライアスロンクラブ恒例のエアロビをする。高水山トレイルでもエアロビはお馴染みだが、これが意外と効果的でレース前の準備体操としてもいい。無我夢中で一生懸命やるのだが、何せリズム感がないのでとてもぎこちない。恥ずかしいくらいダメで、まわりの男子も微妙な人が多いので苦笑。その点、女性は元来リズム感があるのか楽しそうに踊る。う~ん。

Mizusawa_052

参加者1200人で、9時30分と9時50分の2回に分けてスタート。昨年は雪で半数以上がDNSだったので、今年の参加者はものすごく多く感じる。便所に行っていたらスタート位置がかなり後方になった。

Mizusawa_063 Mizusawa_067

スタートして3キロくらいは標高差900メートル(?)くらいをひたすら登る。完全ロードなんだが、傾斜もきつく雨の後で滑りやすい。今日の目標はここの登りをいかに走るかということにもあるので、日頃のトレッドミル傾斜走の成果を試す機会。がんばる。

Mizusawa_071 Mizusawa_079 Mizusawa_092 Mizusawa_099 

25分で坂を上りきり、少し平地を走って御岳ケーブルカー山頂駅で第一エイド。ここで新座のウルトラさんが黄色い手袋を振って後ろから追いつかれる。彼はいつもものすごく後ろからりスタートするのに大抵途中で抜かれて離されて終わる。11月の神流もそうだった。

Mizusawa_104

ケーブルカー駅から先がいよいよトレイル本番で、大塚山をちょこちょこと周回して、御岳神社の宿坊や土産店の家並みを駆け抜けて石段下の第2エイド地点へ。ここまで45分。

Mizusawa_118 Mizusawa_124

神社方面のわずかな石段登りもあるがそれほど疲労もなくスイスイと駆け上がり、自分でも驚くほど軽快に再びトレイル再開、ロックガーデンへの緩やかな下りで集団はペースを上げる。走れる人とそうでない人の差が出始め、抜いたり抜かされたり・・・。このあたりも昨年試走時・本戦の2回走っているので様子が良く分かり気持ちは楽チン。体は多少疲れあり。下った後には登り返しもそれなりにあるが5分~10分くらいで上りきる標高差なので多少の登りは愛嬌か。

Mizusawa_130 Mizusawa_139 Mizusawa_141 Mizusawa_149_2

第3エイドを過ぎて残り4キロくらいになれば後はもうほとんど下りで、気持ちの上でも余裕ができる。が、ふと今抱えている仕事のことなどが頭を過ぎり、それを忘れるために現実逃避的にトレランに来ているのに・・・少しペースダウンしたり。むむむ。

追い越し禁止の下りで少し体を休めつつ残りわずかを楽しむ。途中、2回ほどしりもちをつく形で滑って転ぶ。下りが不安定なのか、シューズの底が磨り減ってグリップしなくなっているのか?後者ということにしよう。

Mizusawa_154 Mizusawa_156 Mizusawa_173

最後の最後の神社の階段も悲鳴を上げることなく、駆け上がることはできないが一歩一歩順調に上がってゴールする。1時間39分くらい。去年雪の中で1時間44分だから5分は短縮。昨年の悪天候でもこれしか差が出ないのにちょっと以外。抜かされたウルトラさんは結局6分差で先にゴール!志賀野反・おんたけスカイで自分が先行したものの、その後は神流・大田原と最近は圧倒的な負けが続く・・・。

Mizusawa_192 Mizusawa_182Mizusawa_194

30分くらい境内の階段に座って、オールスポーツとSTKフォトサービスの2名のプロカメラマンの後ろに控えて桶川師匠以下、主に第2グループスタートの仲間のゴールを待ち受ける。いろんな人のゴールシーンを見ていると悲喜こもごも、楽しそうな人、足をかばいながら苦しい表情の人、家族に迎えられる人などさまざま。みなさん本当にお疲れ様です。

Mizusawa_201Mizusawa_206_2 Mizusawa_224 Mizusawa_247 Mizusawa_282 Mizusawa_287 Mizusawa_290_2

ゴール後は荷物を預けてある指定の宿坊「憩山荘」に立ち寄り、着替え・ストレッチ・入浴・休憩の後、お守りを買い忘れたので再び神社まで駆け上る。(去年は大腿筋肉痛で下山もままならなかったから今年は自分でも上出来だと思う)

仲間の人達とジョグノートのナカヨさんと共に昼食懇談を楽しんで、ケーブルカーにて無事下山。ゴール後もゆっくりとすごし、今年最後のレースを存分に楽しんだ。

Mizusawa_300 Mizusawa_305_2Mizusawa_313 Mizusawa_314

<おまけ>

1 レースリザルト即日HP公開されました!迅速で素晴らしいな!我が県からのエントリーは1200分の6人!みたい・・・

http://www.kfctriathlon.jp/html/results_2009_mitake_trail.html

2 ただでさえスタート前のストレッチを念入りにできない自分なので、レース前のエアロビは真剣にやろうと前回あたりから心掛けている。元気なお姉さん3人にリードされ、一生懸命に体を動かず男性陣は素直で頼もしい感じ。

3 沿道の声援・ハイカーの方の声援もうれしい。何より宿坊の歓迎ムードは独特でうれしい。

4 11月に雲取山で無くしたデジカメの後継として今日レースデビューしたCASIO「EXILIM EZ-1」は12,000円前後のコンパクトタイプだが、小さくて邪魔にならず、手ブレも少ないみたいなのでとても調子が良かった。アシックスウエストポーチにデジカメだけ入れて腰に巻いたが違和感がほとんどない。デジカメは紛失防止用にヒモで体と固定した。

5 前夜の睡眠はしっかりとらないといけないと反省。帰りの車の運転中、走りなれた関越道まで来ると気が緩み睡魔に襲われることが多い、本日も不安と反省が残った。これだけはいかん。

6 昨夜からアミノバリューBCAA4000mgを意識して飲み続けてみた。夜・朝と飲んでレース後も補給。ペットボトル3本。その効果なのか分からないが、疲れがいつもよりたまらない「気がする」。それとも、単にいつもより距離が短いだけか?

Ami

ブログ記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 高水山とハセツネ30K | トップページ | 山々の雪景色 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

のぼりも下りも結構な斜面に見受けられますね。私なら2日ぐらい筋肉痛で苦しむな。

投稿: 三姉妹の親父 | 2009年12月14日 (月) 19時45分

私も出たかったな。散々な結果だったでしょうけれども。
来年は参加できるようがんばります。はせママさんも佐野のフルでの報告がありました。皆さんがんばってますね。私も足が治り徐々に走ってます。

投稿: GOTTI | 2009年12月14日 (月) 21時51分

年内最後のレース、お疲れ様でした。トレッドミル傾斜トレーニングの成果出たようですね。自分もトレッドミル傾斜トレーニングがんばります。

投稿: まーくん | 2009年12月14日 (月) 21時53分

>三姉妹親父さん
写真で見るとアップダウンが激しく見えるけど、意外とあっという間なんです。だから気分的に楽でした。ケーブルカーもあるので家族旅行でもお勧めかな

>GOTTIさん
青梅は都心に近いので初トレイルの方がたくさんいました。それほど過酷ではないので楽しい気分でお勧めです。群馬からわずか6人エントリーですから、FRCチームで集まれば目立ちますよ。

>ま~くんさん
最初のロード登りがミソで、トレッドミル効果は確かにあります。水エイド充実しているのでザックも背負わずに走れるので上りも割と楽しかったです。今後の水曜もトレミ特訓行く予定です。

投稿: sugoroku | 2009年12月14日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高水山とハセツネ30K | トップページ | 山々の雪景色 »