« 今秋のレース予定 ! | トップページ | 小沢岳(下仁田町) »

2010年2月20日 (土)

諏訪山(神流町)

神流町と埼玉県境の志賀坂トンネルから諏訪山へ。

この時期は積雪のために登れる山が自ずと限られるが、ぐんま百名山の本で調べながら、比較的標高が低く、岩場でなく、雪があってもそこそこ先行者もあって踏み跡もあり問題なく登れそうな山を10くらい絞ってみた。

今日はあまり気の乗らない親父を強引に誘って諏訪山の道案内を頼む。

Suwaozawa_094_2

志賀坂峠の登山口も雪は思ったより少なく、登りも下りも軽快。

Suwaozawa_003Suwaozawa_005 Suwaozawa_008Suwaozawa_006

尾根道は日当たりの良い南面は雪が少なく、北面はそれなりの積雪(30センチくらい)があるが落ちてどうにかなるようなところではない。登りではアイゼンつけず順調。

Suwaozawa_012Suwaozawa_027 Suwaozawa_018Suwaozawa_016

諏訪山頂には中高年パーティが賑やかに昼食。今日登っているのはこのグループだけみたいだった。和気藹々、漬物を分け合ったりにぎやかで楽しそうだ。

Suwaozawa_030Suwaozawa_032

尾根コースからの展望もよく、南に両神山・武甲山、北側は間近にみかぼ山・赤久縄・稲含・烏帽子などの山、西には荒船や黒滝山などが見え、遠くにたぶん草津の山々が見える。

両神山方面は至近なのに展望がよくない

Suwaozawa_036 

草津の山かな?

Suwaozawa_039

帰りは九十の滝コースまで遠回りして下ることにする。積雪期にここに来るヒトは少ないようで踏み跡など一切なく、うさぎ・シカ・カモシカ・不明動物の足跡がたくさんで興味がわく。念のため軽アイゼンを装着して走る。雪道のランは登山道や岩場など気にすることなく、多少の転倒も愛嬌で面白い。

シカだか?

Suwaozawa_066 Suwaozawa_067Suwaozawa_069

爪があり丸い足跡はな~に?狸

Suwaozawa_076

重さのないうっすらとした足跡はな~に?

Suwaozawa_081_2

木道の橋にはヒトの足跡は皆無、全部動物(シカ?)の足跡たくさん。少し真剣に「動物の足跡研究」を進めてみようかな・・・。

Suwaozawa_080

九十の滝を通り、わたど橋を渡り、集落に出た後は車道を志賀坂トンネルまで戻る。

Suwaozawa_087Suwaozawa_091

<行程> 現地時刻  結構走っているので参考にならず 特に下り

志賀坂トンネル駐車場10:40→谷コースとの出合い11:15→諏訪山山頂11:35~40→九十の滝東屋12:05→わたど橋12:10→間物集落12:22→車道・志賀坂トンネル駐車場12:45

実はこの午後は下仁田町に抜けてもう一座、「小沢岳」に登った。何だかもう・・・。

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 今秋のレース予定 ! | トップページ | 小沢岳(下仁田町) »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今秋のレース予定 ! | トップページ | 小沢岳(下仁田町) »