« 富士山と舘山寺温泉 | トップページ | 「カメラン」とは・・・ »

2010年2月 6日 (土)

高崎自然歩道

関東北部は雪模様で朝から冷え込む中、親父と共に観音山丘陵の「高崎自然歩道」へラントレ。約27キロ・4時間15分。

一見なんでもない低山だが尾根道の遊歩道が整備されていて上信電鉄の山名駅から観音山・縁起達磨の少林山まで全長22キロになる。あの鏑木さんもブログか何かのコメントで紹介されていたところ。

Yanana___070

山ノ上の碑駐車場周辺から山道トレイル

Yanana___006Yanana___008Yanana___010 

里山なので多少のアップダウンはご愛嬌で何でもない。ロードあり階段あり、滑りやすい雪あり、ゴルフ場あり、吉井分屯地の自衛隊弾薬庫あり、変化に富んだコースを楽しむ。作業道や鉄塔管理道や獣道もかなりあるので、道迷いには注意。

Yanana___017Yanana___019 Yanana___029Yanana___040

さるのこしかけ・・・・
Yanana___039

中山峠から寺尾中城跡~観音山ファミリーパークあたりの迂回トレイルが結構きつかった。それ以外は観音山までも車道が多かったり、まぁまぁそれなりのコース。

Yanana___059Yanana___091

山名から2時間弱で観音山に到着。冬場で登れる山が限られているせいか、このあたりに来るとマラソン練習のおじさんたちやトレラン姿の若者もちらほら・・・。

観音様にお参りしてきつねうどんを食べる。寒空の下のランの途中には暖かい食べ物が本当にうまい。

Yanana___073_2 Yanana___074

高崎自然歩道を少林山まで行っても帰りの車の心配もあるので、今日はここで折り返しとする。復路は来た道を戻るか、多少コースを変えて戻るか程度。

ファミリーパークまでの道のりを少しアレンジして、高校裏の急坂をなるべく歩かないように駆け上ってみたり、南陽台団地から自衛隊敷地沿いに進んで山道に戻り、あっという間に山名到着。

Yanana___078Yanana___082 Yanana___084Yanana___087

<おまけ>

復路途中、中山峠から城山団地へ通らず、車道で南陽台団地を経て水道タンクから山に入るとちょっと雰囲気が違うところに出る。自衛隊との境界線となり、物々しいフェンスが長く続く。しかも、警備中のお兄さんに声をかけられる割合が高い。不審者と・・・。

鉄柵フェンスや迷彩服の自衛官の姿には、その昔学生の時に訪れた北朝鮮と韓国との境界線(DMZ/非武装地帯)や板門店の緊張感を思い起こしたりするが、フェンス直近にオリエンテーリングポストがあったりするのを見ると、やはり日本は平和なんだろう。ちなみにここは弾薬庫なんで火気厳禁。

今度自衛隊の人に出会ったら「トレラン知ってる?」「ハセツネ出る?」「○○さん会ったことある?」と子どもみたいに尋ねてみようか・・・。

Yanana___095Yanana___102 Yanana___104Yanana___105

<タイム> 現地時刻

山の上の碑駐車場10:30~金井沢の碑・城山団地11:05~中山峠11:20~観音山ファミリーパーク11:45~高風園12:15~観音山12:30~昼食休憩30分~染料植物園13:15~農二裏の坂13:30~観音山ファミリーパーク13:50~南陽台団地の水道タンク14:20~駐車場14:45

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 富士山と舘山寺温泉 | トップページ | 「カメラン」とは・・・ »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

あちゃ~っ。(+_+)
GOTTIと美女他2名は14時30分に
山ノ上の碑を通って上信で帰りました。
乗っけていってもらえばよかった。。。
今度ご一緒しましょう。
携帯番号とメアド後で連絡待つ!

投稿: GOTTI | 2010年2月 8日 (月) 01時39分

うむぅ、参考になりますね。道迷いが心配ですが。素人でも大丈夫でしょうか。

投稿: 三姉妹の親父 | 2010年2月 8日 (月) 21時59分

>GOTTIさん
やっぱりそうですか!観音山の土産屋でうどん食べてたら店の前を3人組が通った・・・。時間的には自分が南陽台に回らなければちょうど追いついたのでしょうか?
まぁ帰りは山ノ上の碑まで行かずに右手の森林公園の東屋や貯水池側に下りてしまったんですが、超ニアミスですね!

>三姉妹親父さん
自分やFRCチームが案内して長距離走ったら面白いと思うのですが、ぜひ単独で気軽に行ってみたら楽しいですよ。標識がありすぎて帰って迷うかも。
こんなブログに取り上げるほどのところではないですが、そこそこアップダウンがあって鍛えられます!迷ったら車道に下りて帰ってくればいいだけですよ。2月・3月でも特に心配なし。GOTTI氏は観音山で蕎麦を喰え!といいます。

投稿: sugoroku | 2010年2月 8日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山と舘山寺温泉 | トップページ | 「カメラン」とは・・・ »