« 栗生山・荒神山 | トップページ | 7月予定を決めた! »

2010年3月31日 (水)

父不見山(神流町)

ぐんま百名山、神流町の父不見山へ。この山を「ててみえじ山」と読める人はこの近辺にゆかりのある人か、よほど熱心な人だろう。地元の人ですら「ててめえじ」「ててみず」とかいろんな呼び方があるらしい。もちろん自分も知らなかった・・・。

しかも、今日親父は新潟の山に行ってしまったので、文字通り「父不見」の山行となり、それはそれで単独行の醍醐味もあるかな。

Tetemiezu_088

前橋から道中のんびりしすぎたので、神流町中心部の鯉々アイランド会館に着いたのは正午。マップのコースタイムが4時間半くらいだから、遅くても4時には戻れるだろうと甘い考え。「山には朝早くから登るべし!」という大原則も最近は里山探訪トレイルという勝手な理由でゆるみまくっている自分。

Tetemiezu_023Tetemiezu_168

ガイドを見ると群馬県側から父不見山へ登るコースは神流町小平地区から登るルートと、生利地区から登るルートなどがあるみたい。

通常は小平のほうがなだらかで一般的に登られているみたいだが、今日は楽しく走ることを考えるとあえて生利から多少の急登を登り上げ、下りで小平へ向かうほうが走りを楽しめそうなのでこちらを選ぶ。

Tetemiezu_138

小学校の交差点を東に進み、万場宿の国道から「生利」というところから車道を駆け上る。ガイド本によると途中で登山道に入るとのことだが、これを見落としてそのまま土坂トンネルに向かう車道を進む。

どこかで林道か登山道にあうだろうとの予測のとおり、坂丸線という林道にあい、「父不見山」の道標もあり、無事軌道修正、途中からしっかりと登山道に合流して登りあげる。

Tetemiezu_028Tetemiezu_035Tetemiezu_033Tetemiezu_042_2 

どなたかのサイトにも書かれていたが、このルートのコースタイムは微妙で、山頂まで160分という道標や「○KM○分」というのもあまり当てにならないような気がする。急ぐ自分が悪いのか、道標がアバウトなのか・・・。で、思っていたより山が深く、少し予定外。多少の積雪は想定内。

Tetemiezu_040Tetemiezu_044 Tetemiezu_053Tetemiezu_048

ちょうどこのあたりの杉林は碓氷峠旧道の杉林と似ていて、緩やかな傾斜の登りも足が弾む。5月に控えた安政遠足侍マラソンの予行演習と行きたいところ。

Tetemiezu_069

雪が降ったのはたぶん一昨日3/29だが、このルートに先行者の踏み跡はない。やはりこの時期にこちらのルートから入る人はいないのか?かわりに動物の足跡たくさん。これはテンか小動物か?

Tetemiezu_060Tetemiezu_062

杉ノ峠で稜線に出てから少し気分も晴れ、武甲山ほか奥秩父の山々もきれい。このあたりは山火事でかなり木々が燃えたとのことで黒い木々も見られる。年数も経過してかなりその印象は薄くなったと思う。言われなければ気づかない感じ。

Tetemiezu_071Tetemiezu_075 

杉の峠からいくつかピークを越えてようやく父不見山山頂へ。山頂付近は展望もよく、南に武甲山や奥秩父の山々、北は万場の市街地と東西のみかぼ山、赤久縄もよく見える。

Tetemiezu_081Tetemiezu_089 

ちょっと下ったところの長久保山に二等三角点あり

Tetemiezu_095

山頂でわずかに休憩の後はメインイベントとして標高差800メートルくらいを一気に下ることにする。万場の小平に下るルートはなだらかな下りが7キロくらい続き、ところどころ積雪も多くて楽しい。ピンクテープもところどころにしっかりと付けられて安心。どこかの山岳会の道標もありがたい。それでも、雪の上を楽しく駆け下りていると、何度かコースミスして別の尾根へ入り込みそうにもなる。やはり注意が必要だと思う。

Tetemiezu_098 Tetemiezu_108Tetemiezu_103Tetemiezu_116_2Tetemiezu_125

あっという間に人家に出る。山頂から40分弱で国道についた。

Tetemiezu_153 Tetemiezu_160

国道から鯉々アイランドまで3キロくらいの車道となり、山の疲れを癒してのんびり歩きたくもなるが、せっかくなんでしっかりと走る。途中で会った田舎の子どもたちも挨拶とも声援ともとれる言葉をかけてくれて元気で頼もしかった。

万場小学校で春の催しか何かで屋台が出ていたのでいろいろ買って遅い昼食とする。お疲れ様。

Tetemiezu_172_2 

<所要時間> 現地時刻  駆け足も多いので参考にはなりません。

鯉々アイランド駐車場12:10→生利大橋12:20→坂丸林道入口12:40→登山道出合い12:50→杉の峠13:30→父不見山山頂13:45~14:00→坂丸峠14:20→坂丸林道出合14:30→国道14:50→鯉々アイランド駐車場15:05

<おまけ>

神流へは藤岡の上日野から塩沢峠を経由して向かった。途中、かんなマウンテンラン&ウオークのコース表示がまだ残っていた。また、スーパー林道が冬期閉鎖中ということもあり辺りは静寂。雪山の景色もきれい。鹿がいるかな~と思ったけどあわず。

Tetemiezu_005Tetemiezu_010 Tetemiezu_016_2Tetemiezu_021

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 栗生山・荒神山 | トップページ | 7月予定を決めた! »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

山系ENJOYさんお久しぶりです。
昨年みかぼ山でお会いした,ACバンタムです。
せっかくお誘いいただいたのに「大田原」は出ませんでした。
申し訳ないデス。でも1月の館山で目標を達成できたので、これから
トレランに本格的に出ようかと思ってます。まずは今月の奥久慈から
スタート(もう来週か)です。装備品、明日明後日で調達しなくては!
山のことはこれから勉強しなくてはと思ってます。山系ENJOYさんのブログとても参考になってます。ありがとう!!

投稿: ACバンタム | 2010年4月 2日 (金) 20時17分

ACバンタムさん>
お久しぶりです。ロードで目標達成ですか!さすがですね。
自分は大田原で失速、3月は荒川中止にホッとしたくらいなのでまだまだです・・・。

11日に奥久慈参加なんですか。去年の様子を見るとこれもハードそうですが、OSJは運営に慣れていて参加するのが楽しい感じですね。

7月予定でOSJ志賀高原50Kとスズキサロモン野沢温泉65Kにエントリーしました!(早朝のもうろうとした意識の中でクリックしてしまいました)
8月おんたけスカイレースが申し込み済みでこれにて8月までの予定が決定です。

あ、6月がまだないのですが、昨年に引き続き奥秩父三峰マラソンを予定です。地味ですが自分は三峰神社に縁があり御礼参りなんです。

投稿: 山系ENJOY | 2010年4月 3日 (土) 07時52分

こんにちは父不見山コース検索していたら...山系ENJOYさんに辿り着きました(笑)。
3月は楽しみです、去年はこの時期にも雪が降ったのですね。
故障も治さなければ...。

投稿: たかやん | 2011年2月 2日 (水) 13時59分

あれ、ずいぶんと時差のあるページにコメントを・・・。

父不見山は神流のレースとは一切関係なく、ぐんま百名山つぶしのために冬のトレーニングで行きましたが走りやすいいい山でした。
写真と説明の通り反対周りですが、ひと山なのでどっちから行っても同じ感じです。
3月なら雪はあるでしょうね。登山道は主に北斜面ですし。

投稿: 山系ENJOY | 2011年2月 3日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗生山・荒神山 | トップページ | 7月予定を決めた! »