« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

マラソン応援を楽しむ

前橋シティマラソンに参加。思うところあり、今年はハーフを避けて10キロにエントリーした。ハーフは同じところを3回通るというやや単調なコースに飽きてしまう可能性。やはり短いコースで結果的にはよかったみたい。

Maebashi_009 

今回は地元開催ということで、某ジムご一行の脇にシートを広げてトレランで知り合った人たちが集う。kyuchan、FRC皆様、バスで行きばす、「生涯学習の旅」高崎DO!さん、けんけんさん、マカロニさん、有名トレランナーと同姓同名の彼、isesaki人君、セントラル濱さん、紅一点のゆっくり走ろう会、初参加リバーサイド翁さんほか・・・タフでM系の人たち。(写真はGOTTI氏ブログから拝借)

Imgp0157

さて、自分の10キロは比較的前方からスタートしたこともあり、3:40/kmくらいの速いペースに飲まれてしまい、早くも3キロ地点くらいから徐々にペースダウン。そういえば、スタート前には仲間との交流に精を出しすぎてストレッチなど全然しなかった。

結果、いつもどおり辛くて辛くて、やっとの思いでゴール。目標のサブ40分には遠く及ばず、42分。単調な折り返しコースは残り距離イメージはしやすいが、モチベーションは低下傾向かな。

途中、職場の方がポイントで応援に来てくれていてとても励みになった。仕事中はいつも生意気ばかり言っている自分なのに本当にありがたい。

------------

ゴール後は本日のメインイベントである「ハーフの応援」に徹する。10キロのスタートが9:20、ハーフのスタートが9:30となっている。自分のゴール目標サブ40なので、時刻は10:00を目指していた。

ハーフ周回の中間点である敷島公園あたりはハーフを1:40くらいで走る人ならば45分前後と思われるので、10:15前後に通過が見込まれ、急いでいってみたが速い選手はもう走り去った後だった。(折り返し後、残り2キロ弱の地点で再び全ランナーを応援することができるタイミング。)

背番号「2」を背負ったFRCの方、そしてピースサインでこたえる高崎DO!さん。

Maebashi_029Maebashi_026Maebashi_035Maebashi_037   

敷島公園駐車場あたりに戻ってハーフの選手に声援を送ることができた。「侍」Tシャツとタオルハチマキ巻いて応援していた者ですよ

Maebashi_041

中間門閉鎖の瞬間↓右側が関門です。左はエリート選手。

Maebashi_051

知り合いの人たちが続々と駆け抜けていく。歩道で併走したり給水を手伝ったりして遊ぶ。チームトップはマカロニさん。写真では苦しそうだけどいつもながら90分を切る好成績だから素晴らしい憧れの存在。今日は調整参加のKyuchanの後には、背番号2氏とGOTTI氏とFRC続く。

Maebashi_079Maebashi_058Maebashi_135Maebashi_138Maebashi_140Maebashi_143

姉妹都市バーミングハム市から招待参加の皆さんも楽しくお疲れ様。NicePlay!?そして大勢のボランティアさんも心から有難う。(但し、中間地点関門閉鎖後の設備撤収方法を巡りおじさんたちが激しく言い争っていたのはどこか大人げなく、残念だったです)

Maebashi_149Maebashi_094Maebashi_148   

<おまけ>

残り2キロ弱の地点から選手に声援を送っているといろいろなことが見えてきた。

①定点観測してみると、通過選手は「エリートランナー → 上級の素人→ 一般ランナー → ファンラン ・・・」と選手層が変わるに連れて着ている服やシューズに歴然と変化が見られたり、もちろん走る姿勢も全く違う。

②激励に応えてくれる選手も多くて声援を送るほうも楽しくなる。

③飲み終わった給水コップは路上に投げ捨てるランナーが多いが、ゴミ箱に軽く投げ入れるくらいの配慮があると紳士的でかっこいいと思う。

④知り合いの帰りをいまかいまかと待っている時間がまた非常に楽しい。

2010spring_0004_2

| | コメント (2)
|

2010年4月22日 (木)

トレラン靴を更新!

ふと思い立って山の専門店に出掛け、今年の正月からずっと検討していたトレランシューズ買い替えがようやく実現した。

選んだのはモントレイル「ストリーク」!あれ、意外? えっ、ちょっと遅れてる?

Oochikawa_208Oochikawa_212

これでいいんです。1万円を切る破格で買うことができ、型落ちとはいえ、2008年発売以降、愛用していた奥宮さんをはじめ、モントレイルといえば「コンチネンタルディバイド」についで「ストリーク」と言われていた(らしい)ような・・・。

それに、自分は2007年に初めて買ったのが「コンチネンタルディバイド」で、当時はトレランシューズといえばそれくらいか欧州メーカー品くらいしか選択の余地がなかったと記憶している。レース会場でもかなり愛用者の割合が高かった一足。

派手さはなく、どこか小学生の「みそ靴」のように地味だが、ジーンズにも合うし、何よりも履き心地とフィット感・下りの安定感がいいです。ソールが超硬い(良いという人もいればよくないという評価もある)ので好きです。

Oochikawa_229

そのコンチ君はいまだ健在ですが、すっかりソールが減りに減って、岩場ですべり捲ります。おまけに左右のつま先が剥がれて靴の修理店で度重なる強化補修、しかも、穴があいてしまった部分はなんと「つぎはぎ」までやってもらいました! 最近、雪上を走るときはどっちにしてもすべるのでコンチを使い、ロードの下りが長いときもソール減りが心配でコンチを用います。

ちなみにいつも見事に直してくれるのは高崎の靴修理と合カギの店・ホップさん。ブログを見ると妙なハイテンションぶりに誰もが一抹の不安を覚えますが、実際に会ってみるとブログのとおり明るく気さくなご主人が気持ちよく丁寧に対応してくれます。

Oochikawa_228

この2足を比べてみると、ソールがまるで使用前vs使用後のように・・・・。

Oochikawa_221Oochikawa_222

今年一年も過酷なアップダウンではストリー君にお世話になると思います。僕に買われたことを後悔されないように、心をこめてとことん酷使にしますからね。

<おまけ>

①ここ一年メインに使っていたのは「サロモン XA PRO 3D ULTRA」、黄色いやつです。紐なしの独特の締め付けタイプですが、コンチとはまた違ったフィット感があり、軽いしかっこいいし、こちらも好きです。

ただ、ソールの減りが早い(ような)気がする。単なる使いすぎとも思えるが、ソールの中心部が完全にめくれてしまうので、先代のモントレイルに比べればやわらかいのかもしれない。

サロモンシューズ2009/4/3購入

Pic09__314

ちなみにサロモンも先日から靴の修理屋さんにソールの補修を依頼し入院中。

②購入店舗は伊勢崎の山とスキーの店石井DreamBox。ここのトレラングッズの品揃えはなかなかだと思うし、「春山祭」(3/xx~5/5)のこの時期は大幅値引きが魅力です。実は上と同じタイプのサロモンXTウイング(オレンジ色のおしゃれ靴)も破格で最後まで非常に迷ったが、今回はストリー君に軍配が上がる。

石井DreamBoxのブログ

Dsc007281

靴の修理屋さんも山道具屋さんもとても良心的です。

地元経済活性化万歳!素直にお薦めです!

| | コメント (0)
|

2010年4月18日 (日)

三峰から大血川林道

奥秩父の親戚訪問・三峰神社参拝に便乗して少しトレランを楽しむ。季節はずれ4月16日の雪で山々はすっかり雪景色だが、桜や菜の花や芝桜などの花々が見事に咲いているので何だか季節感がおかしい感じ。

神社から雲取山方面。 昨秋、雲取山ではデジカメをなくした!

Oochikawa_168_2 

2時間半の予定でコースを考える。旧ロープウエー下の登山道を国道140号まで下って登るか(時間が相当厳しい)、6月の奥秩父三峰マラソンの試走もかねて二瀬ダムまで車道を下って登るか(往復で20キロ:単調なのでパス)、雲取山へ続く登山道を白岩山辺りまで行って戻るか(往復コースなので飽きてしまう)・・・・。

Oochikawa_005Oochikawa_003

いろいろ考えた末、地図で確かめて今日は大血川林道を下ってから、登山道で白岩山手前のお清平か霧藻ケ峰まで登り返して、帰りは三峰までの下りを楽しむことにする。時間的にもちょうどいいと思う。

駐車場から大血川林道を下ってみる。車ドライブも含めて初めてのところなのでちょっと不安。現在冬期閉鎖中、主に作業用なのか夏場は通れるのかさえも不明。

Oochikawa_011Oochikawa_010

踏み跡は鹿の足跡くらいで人が歩いた形跡は全くなく少し不安。トンネルも不安。路上の積雪に山々の雪景色も不安を誘う。自転車のタイヤ跡が3台?

Oochikawa_015Oochikawa_025Oochikawa_036Oochikawa_053

遠くの車道に人影発見。自転車で登ってくる人数名。しかもサイクルジャージでやる気満々。ここで来週4月25日に自転車のヒルクライムレースが開催されるということで今日はその試走に来る人がちらほら(自分が下った6キロ30分の間では3人だけ)みたい。でも、道には雪が多くて本当に来週開催できるんだろうか。

Oochikawa_045Oochikawa_042Oochikawa_064

トンネル2つを経て登山道に出会う。ここから登山道を登り上げて白岩山付近を目指す。登山マップではしっかりとコースがあるが、何分、今日は雪が多くて少し(かなり)慎重になる。こんなコースを登る人はあまりいないと思われるが、幸いなことにひとり分の踏み跡がある。(雪上ということは昨日か今朝か・・・雲取山に縦走する人かな?)

霧藻ケ峰へ向かうコースと、白岩山手前のお清平を経由するコースに二手に分かれるが、踏み跡はお清平方面に進むのでそちらに従う。(結果的にはこの選択が正しかった)

この辺りは北面で雪がさらに深く、20~30センチくらい。春の雪は重く、凍りついたりアイゼンが必要なほどではないが、足にこたえる。おまけに尾根・谷の繰り返しのなかでちょっとコースがわかりづらいところもあり、踏み跡とピンクテープを頼りにかなり慎重に進む。(最悪、大血川林道に戻ればいいやと念頭に入れつつ)

Oochikawa_072Oochikawa_080Oochikawa_083  

左手に白岩山も近くなり、ようやく尾根に到着。ここの尾根道は三峰神社から雲取山への縦走路・表銀座みたいなものなので、ここまでくればもう安心。しばし休憩の後、霧藻ケ峰に向かう。

Oochikawa_093Oochikawa_097Oochikawa_098 

そこでようやくハイカーに遭遇。外国人の単独の若い人で、先に「こんにちわ!」と挨拶されてしまったので、日本語OKかどうかもわからず、「KUMOTORI?」なんて怪しく尋ねてしまう。外人さん元気に「はい!」と・・・。モンブランの鏑木さんの如く「GoodRuck!」なんて言えればよかった。

Oochikawa_109_2Oochikawa_112Oochikawa_107

霧藻ケ峰で小屋の人から聞いた話では、今年は暖冬で3月には雪がほとんど解けてしまったので今日の雪はすべて16日に降ったものらしい。標高1000メートルの三峰神社で20センチ、霧藻ケ峰付近は25センチくらいあるらしい。この時期にしてはかなり降ったみたい。

両神山と右奥に少し浅間山

Oochikawa_124

この時期なのに小屋も開業。おじさんも親切。秩父宮両殿下の大きなレリーフにも挨拶して通る。

Oochikawa_126Oochikawa_133Oochikawa_127

残りは三峰神社への下りのみ。相変わらずの雪の上を軽快に走り、あっというまに神社駐車場へ。待ち合わせの時間もあるので2時間半程度だったが、雪上ランは楽しくてたっぷり一日遊んだ気分になり満足。

Oochikawa_144Oochikawa_150Oochikawa_159Oochikawa_154

三峰神社本殿参拝。一日の無事に感謝と家族の身体健康を切に願う。興雲閣で温泉入浴(タオル付き500円)し、疲れを癒す。

Oochikawa_178Oochikawa_174Oochikawa_187

<所要時間>  雪上ラン多くあまり参考になりません

神社駐車場11:30→大血川林道11:35→三峰トンネル11:50→駆ケ越トンネル12:05→登山口12:10→お清平13:00→霧藻ケ峰・秩父宮殿下レリーフ13:20→三峰神社駐車場13:55

<おまけ>

①奥多摩巨岩渓谷トレイルレースが開催される予定だった日原はこの辺りからいくつか山を越えたところだと思うのだが、この調子だと積雪は同じ感じだろう。自己責任のファンランはともかく、レースには不向きで今日の開催中止決定は当然かなと他人事ながら考える。

②大血川林道からお清平への登りはハッキリ言って舐めていた。あんなに雪が多いとは思わなかった。メインコースではないので踏み跡やピンクテープなどの頼りがなければちっとまずかったかと思う。残雪期の三峰~雲取はまあ可能とはいえ、サブルートは慎重にされたい。

③大血川林道には惹かれるものがある。国道から三峰まで30キロらしい。

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

| | コメント (6)
|

2010年4月13日 (火)

澄んだ山々の春景色

今日は朝からポカポカ陽気で山々の景色もすごくきれい。ここ数ヶ月で一番というくらい澄んで見えたので散歩途中に写真を撮ってみる。

しかし、写真にすると何でもない風景でトホホな感じが残る・・・。

①赤城山と右手に足尾の山々と桐生の山々

Keshiki_023

②赤城山アップ(左から鍋割・荒山・地藏岳・長七郎・・・)

Keshiki_020 

③群馬県庁と近々トレイルに行こうと考えている小野子山・十二が岳。遠景は谷川連峰の雪景色に朝日があたりきれい。

Keshiki_007

④榛名山(右のポコが水沢山)・小野子山・子持山 遠方谷川連峰

Keshiki_003

⑤雪解けの進む浅間山 信州安曇野では北アルプスの残雪(雪しろ)が季節のバロメーターと聞くが、上州では浅間山の残雪がそれかな・・・。

Keshiki_012

⑥南の方面はやや霞む 中央の角ばっているのは荒船山の台地 遠景にかすかに八ヶ岳がのぞける

Keshiki_015

ご覧のとおりの青々とした麦畑には、ヒバリの鳴き声とともに、早くもカモの群れが飛来している。(アイガモ農法などという立派なものではなく、どこからか集まってきて夏くらいまで滞在される・・・実にのどかな)

すごく素晴らしい景色で、こういう日は朝から実に幸せな気持ちになるのだが、う~ん、いまいち素晴らしさが伝わらない・・・。写真の撮り方なのかなぁ。

| | コメント (2)
|

2010年4月10日 (土)

観音山花見ラン!

白衣観音(びゃくいかんのん)で有名な高崎の観音山へ。群馬は今週末にちょうど桜が満開、ポカポカ陽気との予報もあり、花見スポットに行ってみる。

家族が花見に行くというので便乗して出掛け、ひとり観音山から高崎自然歩道を通って上信電鉄の山名駅経由で藤岡へジョギングで抜ける計画。うまくいけば20キロになるコース。

Kannonyama_025Kannonyama_031Kannonyama_036

この時期の観音山は大混雑が予想されるので、朝早く9時前に到着。駐車場も混雑なく、参道を気持ちよく進み、観音様の足元で寺院参拝、大規模墓地建設の反対署名、記念写真を撮り、家族と別れる。

Kannonyama_037Kannonyama_040Kannonyama_029 

ここから先は高崎自然歩道の遊歩道・住宅街・県道・公園を経由して再び丘陵地に入るコース。ほどよくアップダウンがあり駆けるのも楽しい。要所要所で桜がきれい。このコースは昨年も何度もきているし、鏑木さんもブログのコメント欄で紹介していたコースの一部。

老人ホーム前の桜×2

Kannonyama_045Kannonyama_048

観音山ファミリーパーク

Kannonyama_052Kannonyama_055

ファミリーパークから中山峠下は山道(寺尾城跡コース)でアップダウンを楽しむ。ここが踏ん張りどころ。

Kannonyama_061Kannonyama_063

中山峠からは城山団地に入らず南陽台経由、自衛隊分屯地(火薬庫)を経て山名丘陵へ。山桜はまだ早い?ハイキングコースにはぶらりハイカーが数名だけ会う。

Kannonyama_070Kannonyama_079Kannonyama_083Kannonyama_087Kannonyama_088

 

1時間半ほどで山ノ上の碑駐車場。いつもなら車を停めるところだが、今日はここから先、藤岡市街地までロードが続く。

途中の集落から丘陵を振り返る

Kannonyama_102Kannonyama_104

山名団地の桜もきれい

Kannonyama_111Kannonyama_117Kannonyama_112Kannonyama_119

山名八幡宮と山名駅。鳥居をくぐらず、裏山から境内に入り込み失礼・・・。このあたりの桜が陽の光に当たりすごくきれい。

Kannonyama_127Kannonyama_131Kannonyama_134Kannonyama_139

銀河鉄道列車が偶然やってきて桜をバックに写真撮る。メーテル~ 鉄郎~~ !

Kannonyama_141Kannonyama_144_2Kannonyama_147

上信電鉄 http://www.joshin-dentetsu.co.jp/

Kannonyama_149

しばらく田舎道を走ると川の落ち合い箇所に至る。水深は極めて浅いはずなので鏑川を渡れるかと無理して堰堤を進んでみるが水量があり水門手前で危険察知。

※当方、最初から冗談のつもりなので、この手の川遊びは大変危険なことで遊んではいけないよ

結局は橋へ迂回する。向こうに見える丘陵を走ってきた。でかい水門も確認。

Kannonyama_162Kannonyama_166Kannonyama_171Kannonyama_178

次の川鮎川を渡る。ここは右岸左岸に道があり、水量が少ないときには工事車両も渉る(?)ような雰囲気。

靴が濡れるのは覚悟して渉り始めるとなんとか行けそうかなと順調に渉ると、前方から自転車のおばちゃん登場。渉るのか?自分に様子を聞いてきたが、今日は水量があり、諦めるとのこと。「いっつもは川向こうの家まで自転車でわたれるんだけどねぇ~ダメかい?」となんだかアジアの田舎のような・・・。第一おばちゃん、橋はすぐそこだぜ。

Kannonyama_189Kannonyama_183

鮎川からさらに走り続けて20分。ゴールのすき家に到着。桜満開ランニング、お疲れ様。

Kannonyama_199Kannonyama_205Kannonyama_200Kannonyama_203

<所要時間> 距離はau Run&Walk実測 20キロ ほとんど休まず ◎

観音山スタート10:10→ファミリーパーク10:40→(寺尾城跡コース)→中山峠県道11:00→南陽台水道タンク11:20→(自衛隊分屯地経由自然歩道)→山の上の碑11:40→山名八幡宮・山名駅12:00→鏑川堤防12:15→鮎川渡渉12:30→すき屋ゴール12:45

| | コメント (2)
|

2010年4月 8日 (木)

モンブランDVD発売

昨秋NHKBS-hiで放送された「激走モンブラン」が先日DVD化されて秘蔵VTRも少しプラスということでネットで購入。

Mont_blanc_2 

アマゾンで注文してもしばらく予約状態で発売元(エイ出版)で再度注文した。近郊のスポーツ店・アウトドア店では見当たらず、どうやら結構希少価値があるのではないか・・・と。

テレビ本編の録画を何度もみたとはいえ、改めてみるとかなり感動。鏑木さん横山さん山健さん松永さん、イタリアのおじいさん・・・すごいすごい。BGMもいい感じ。

2625円、これは買い!だと思います。あれ、もしかしてマニアか?

鏑木氏 「どんなにきつくても行ぐよ ゴールまで!」

標準語「行くよ」→上州弁「行ぐよ」

というあたりに上州人らしさがにじみ出ている気がする・・・かっこいい!

■エイ出版

ttp://www.sideriver.com/special/2010/04/montblanc.html

| | コメント (0)
|

2010年4月 4日 (日)

ぶらり太田金山へ

午後からドライブがてら太田に向かい、「太田金山子育て呑龍(上毛かるた)」で名高い太田金山に登る。一応ぐんま百名山のひとつ。前回2月に藪塚の茶臼山に来たついでに登ろうとしたが日没でダメだったのでリベンジ。

Kanayama_034

「30分位でちょいちょいだから・・・」と山歩きを渋る相方を強引に誘い、大光院という寺院から金山城跡を目指す。

まず登り口が分かりにくい。(下山後に確認したら境内から右手に弁天橋?の下を通って登山口に至るらしい。ガイド本にもそう書いてある。)ネットで調べると、駐車場は大光院ではなく、その先の市営駐車場(無料)に停めた方が入り口に入りやすいみたい。

Kanayama_083Kanayama_084Kanayama_001Kanayama_005 

標高は236メートルと低山・里山だが、以外にもハイキングコースが充実していてそこそこ楽しい。アップダウンというほどではないが、駆け足で登ったり稜線を気持ちよく走ったりできそうな山で、金山へ登山やランニングのトレーニングに向かう人も少なくないと聞くのも実感。走る人は1周30分弱ではないか?

Kanayama_014Kanayama_006Kanayama_016

山頂付近には「モータープール」という名の駐車場が完備されていて、結局車は山頂直下まで入れることが判明。「な~んだ」という気分にもなるが、ぐんま百名山めぐり兼トレーニングを自負している身としては、いくらなんでも車で来て登頂というわけにはいかない。

Kanayama_031Kanayama_035Kanayama_026Kanayama_039

山頂の金山城跡は石垣や古池や旧跡がたくさんあり、こちらもなかなか魅力的。歴史ある名城の跡ということもあり、城熱中人や写真マニアも喜びそう。この日はご家族連れやボーイスカウトの元気な子どもたちなど大勢の人が春のハイキングを楽しんでいた。

Kanayama_051Kanayama_041Kanayama_044

山頂からの景色① 「南」 本来なら筑波山あたりは見えるのだろうが今日は霞んでいて太田市街地くらいしか見えない。

Kanayama_047

山頂からの景色② 「北西」 小高い山は藪塚温泉から桐生広沢辺りの茶臼山の山並み。ここは2月に行った時なかなか走りがいのあるいいところだった。奥に赤城や足尾の山々が見えるはずだが霞んで見えない。手前は太田の「こどもの国」の楽しい遊具多し。陽気なメロディも流れてくる♪

Kanayama_056

金山も寺院も周辺も、太田の桜は結構咲いていた。結局30分で戻れるはずもなく、1時間40分くらいの山歩きになったが、城跡や展望や桜もなかなか楽しかったのでまあ機嫌も損ねずにホッと・・・。

Kanayama_076_2

Kanayama_070_2

<所要時間> 現地時刻

大光院駐車場14:40→ハイキングコース入口14:45→稜線14:55→西山・モータープール15:10→金山城跡・山頂15:20→展望台→金龍寺分岐15:50→金龍寺16:00→大光院16:10

| | コメント (0)
|

2010年4月 3日 (土)

7月予定を決めた!

7月のレース日程を決めてエントリーを済ませました。北丹沢・富士登山・おんたけウルトラなど数ある名レースのなかから選んだ二つは・・・。

◆7/4(日) OSJ志賀高原トレイルレース50K 約50K

◆7/18(日)スズキ・サロモン X-Adventureシリーズ The 4100D マウンテントレイルin 野沢温泉 65K (7/17の土曜という情報もあったが7/18に決定)

に決定となりました!選定理由は自分なりに思うところがあるんですが、この2つを見る限り、結構ミーハーなところがあるんじゃないか?

OSJ志賀高原は大会運営も盛り上がり、参加賞Tシャツのデザインもよさそう(昨年実績)。

サロモン野沢温泉は今年第1回ということもあり気合が入るだろうし、テレビ収録(長野朝日放送→たぶんBS朝日)が予定されている。

7月下旬から1ヶ月間は猛暑でレース自体が少ないし、本格的な登山シーズンとなるので高山に出かけることにする。南アルプス・北アルプス・那須~磐梯・八ヶ岳・・・まだまだ行かなければならないところが多すぎる。

-----

ところで、諸般の事情として、

①エントリー費用は馬鹿にならない。しかも、ETC休日割が6月頃から見直されるらしい。4月、新年度当初から早くも財政破綻状態に陥る危険性・・・。鳩山政権のごとく「予算は何とかなります!任せてください!」と弁解するが・・・。

②志賀高原は当日受付なく、前日受付が必須となっている。野沢温泉もたぶん同様。自分は休日は交代制で出勤している(基本的には密かにレース日程優先・・・)んですが、果たして7月に三連休とれるのかという一抹の不安が残る。もし志賀高原や野沢温泉ご一緒の方がいたらいろいろ情報交換をお願いします!

③一番の心配は天気か?梅雨明け前のこの時期、微妙ですね~。

-----

おまけとして、

トレイルランニング情報サイト「トレイルランナー.JP」

http://www.trailrunner.jp/

毎日更新されていてかなり参考になります。しかし、こんなの毎日チェックすると感覚が麻痺するだけか?

| | コメント (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »