« 山田昇杯は「休止」 | トップページ | 野反湖・白砂山・尻焼 »

2010年7月 8日 (木)

久々の自転車トレ

平日休みで久しぶりに朝から快晴。たまには休息も必要と思いつつ、午後3時半から自転車に乗り、高崎伊勢崎CRへ向かう。

練習日記としてつけている「ジョグノート」で振り返ると、自転車乗るのは2月の伊勢崎40キロ以来、その前は11月に数回。1年前の4~7月は月2~3回程度乗っている。

ウォーキングで賑わう「群馬の森」を抜け、「柳瀬橋」で藤岡に入り、知り合いが走っていないかと鏑川・鮎川CR辺りに入り込み、そのまま自転車を進める。

せっかく藤岡まで来たので「庚申山」をめぐり、牛田工業団地から神流川CR起点を巡って新町へ。直進すると高崎伊勢崎CRに戻ってしまうので、「神流川橋」から埼玉県上里町に渡り、利根川右岸を走り、「坂東大橋」へ。

◆八高線の踏切(といっても遮断機なく要注意!)とバックには西上州の山々。奥の2つは神流トレイルのコースでもある東西の御荷鉾山です。

Jitensha20100708_001_2

坂東大橋からはいつもの利根川CRで五料橋・福島橋と戻り、ゴールの群馬ヘリポートに到着しストレッチ。ちょうど日没時刻の7時に家に着いて、近所の農道を歩いてクールダウン。


距離を測ってみたら62キロもあり驚き!自転車乗りの人にとっては朝飯前の距離だが、自分にとっては過去最長走行。休息日の予定だったのにやりすぎか・・・・。

夕方からは比較的涼しく、風も心地よい感じだったので心拍130前後でとてもよいトレーニングとなる。足の疲労も全身のだるさもほとんどなく、ランばかりでなく自転車も混ぜたクロストレーニングの効果を実感した。

重いギア立ち漕ぎで1キロ2キロくらい走ると大腿四頭筋に程よい刺激ありなかなかいい具合。ただ、自転車の速さに余りなれていないので、よそ見して何度も草むらに突っ込みそうになった。怪我の前科あり要注意。

<おまけ>

※愛車は15年くらい前、学生時代に安くもらったロードレーサー。整備に自信なくダウンヒルもヒルクライムも危なっかしい

※利根川CRから「島村の渡し」で船に乗ることも考えたが、夕方で船の時間も終わっていそうなので今日は見送り。

※夏休みの宿題として、今年の夏こそ太平洋まで目指したい。群馬の自転車のりには平気な顔して浦安や銚子に行って来る人も少なくないと聞く。

※携帯で写真を撮ってみた。愛用のカメラは先日の谷川岳主脈縦走で雨と汗をかぶり電源作動せず。保障期間中につき、メーカー修理依頼するも「水没の疑い」の判定を受け修理不能・・・・まだ7ヶ月しか使っていないのにがっかりだなぁ。

|
|

« 山田昇杯は「休止」 | トップページ | 野反湖・白砂山・尻焼 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山田昇杯は「休止」 | トップページ | 野反湖・白砂山・尻焼 »