« 秩父札所巡りと蓮 | トップページ | 野沢温泉トレイル ① »

2010年7月15日 (木)

ストックを購入だ

日曜日の「SUZUKI X-Adventure Series SALOMON The4100D マウンテントレイルin 野沢温泉」を前に、ワクワク感とともに、いくつか不安が残る。

http://www.trail-nozawa.com/

第1回大会は自ずと盛り上がるだろうし、去年までおんたけウルトラに行っていた長野朝日放送・BS朝日・・・のテレビが今年は野沢温泉に入るみたいなので、なんとしてもリタイヤだけは避けたい・・・。

レースの特徴は累計標高差4100Mというアップダウンで、主にダウンで相当やられることを想定しているらしい(攻略会での田中正人氏談・・・)

コースはスタート地点「オリンピックパーク」を基点とする3セクションに分かれて、スタート地点に2度戻ることができる設計なので、荷物管理や補給には適しているようだが、コースは激登りの後に、激下りがあり、そのまた後に登りが待ち受けているというので、ギアチェンジを「マニュアルモード」で全身に的確な信号を送らないといけないらしい。

コース図(HPより/クリックで拡大)

Nozawa_2

そして、やはり足が壊れることが懸念される。一般的に下りの場合、ふともも=大腿四頭筋と、自分の場合には股関節から膝にかけて、腸頚靭帯を中心として極度のの膝痛に陥ることがある。ここ2年くらいは筋力もついて落ち着いてきたが、最初の1年は腸頚靭帯に悩まされ、すぐに下れなくなった。トレランは下れなくなったらおしまい・・・のようなもの。

そこで、迷いに迷った挙句にストックを購入した。あえて「登山用」を選択。単純に節約目的。伊勢崎の山とスキーの店「石井ドリームBOX」にて店頭にて発見、即購入。

登山用としては珍しく50センチと短く、重さも250g程度、見た目も悪くない。強度やフィット感・グリップは良くわからないが、もともとトレランポールなんかは強度は登山ストックと比較すれば問題外だしあれはあくまで補助的。そう思えばこれで十分。

会員セール割引で1本5000円ちょい。十分十分。

---------------------------------

マジックマウンテン「クワトロショート」

Magic_mountain

MAGIC MOUNTAIN(マジックマウンテン) クワトロショート(4段式) アップルレッド APL MP301」は、4段伸縮丈のトレッキング用ストックです。最縮長は50センチ。ザックに入る長さになります。4段すべてのポールがジュラルミン#7075製です。手が小さい日本人のためにグリップを欧米標準よりも細く作りました。手袋をしても楽に握れて指が疲れません。素材はEVAマイクロウレタンフォーム。ソフトな握り感で軽量です。

----------------------------------

ちなみに、ストックの思い出は登山に夢中になった頃にダブルストックでの下りが快調だった。トレラン始めてからはトレーニングもかねて登山中もストックはつかなくなったし、愛用のストックは2006年8月の新潟の巻機山(まきはたやま)遭難のとき、泣く泣く藪漕ぎ中に下部がなくなってしまい、それ以来ダブルストックも役立たず・・・・。

<おまけ>

解消された不安

○野沢温泉村に一泊することが参加条件→意地になって車中泊2泊を決め込んだが、メールや電話による宿泊地確認催促に半ば根負けして、友人と3人で前泊を決定した。これにより解放された

○谷川縦走中に雨・汗で濡れてメーカーにて「水没扱い」となった、デジカメは代替品同じ機種を購入。今度こそ「水没」に気をつけよう。

ますます不安が募ったこと

○経費がかさむ中、某日某所で農道を走行中に突然制服の人があわられ、すったもんだの末に、所定の額を国庫に納入・・・かなり凹む、ゴールド免許もさよなら。まぁ、ここ数年調子に乗って車に乗っている自分だったし、大事故の前にお灸を据えられたと思えばいい機会だと思う。気をつけよう。

|
|

« 秩父札所巡りと蓮 | トップページ | 野沢温泉トレイル ① »

トレイルランニング」カテゴリの記事

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父札所巡りと蓮 | トップページ | 野沢温泉トレイル ① »