« 谷川岳主脈縦走 | トップページ | 志賀高原トレイル »

2010年7月 1日 (木)

神流エントリー開始

地元開催、神流町のトレランレースの募集が7月1日から始まった。

(宣伝するので画像ファイルを引用させてください)

Kannna   Kannna0

■かんなマウンテンラン&ウオーク公式ホームページ

http://kanna-mountain-run.com/index.html

■スタッフブログ

http://kanna-mountain.sblo.jp/

■去年参加の様子

http://climb100.cocolog-nifty.com/akagi/2009/11/post-ad7d.html

今年は父不見山も含めたスーパーロングクラス(50キロ)もあったり、第1回と同じくロング・ミドルとあるらしい。町民一体となって温かく見守ってくれるなかなか感動的なレースだった。

ちなみに新しく追加となった「父不見山」はこちらの逆コースとなる見込み。

その前に「父不見山」を「ててみえじやま」でよいのだろうか?まさか「ててめーじ」か?大会サイトも漢字しかないし、こんなの読めないだろう。御荷鉾山(みかぼやま)だって知らないと読めないぜ。

アウトドア団体主催ではなく、行政主導型のマラソンレースとしては参加費が気持ち高い(※単なる主観)と感じるが、地元経済活性化・ボランティア労務関係・町おこし全般など考えれば、去年参加した限りでは妥当だった。

しかも、驚きの地域通貨「1000かんな」でキャッシュバックがあり、実質参加費から値引となる計算。(その手があったか!)

実は、自分は今年については不参加として、仲間の皆さんの応援に徹する予定。何か不満があるわけではないのだが、プロデュース鏑木さんのお話のとおり、コース中継点への車道アクセスも容易で応援しやすい設定なので、ところどころで追ってみたいと思う。

一口にロングの40キロといっても、道志村43キロやおんたけスカイレース40キロや(噂に聞く)北丹沢44キロといった鬼のようなレースに比較すると、同一人物がほぼ同距離を走るのに、ゴール時間が2~3時間も差がつくことを考えれば、神流はまったく素直な走りやすい仏様のようなコースだと思う。

不満があるとすればその素直さか?結局、きついのが好きなだけか・・・。

出場される方、今年は狩猟の心配はないので頑張ってくださ~い!

※11/3(文化の日)恒例のぐんま県民マラソンのエントリーも始まっていたので、速攻でハーフにエントリー済み。3,000円か、ロードは経済的でほんとにお手軽だな。

|
|

« 谷川岳主脈縦走 | トップページ | 志賀高原トレイル »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

山系さんこんばんは。「神流」早速エントリーしました。
奥久慈の後、次のトレラン何にしようかと思ってましたが、6月、8月にウルトラを入れていたので7月のトレランは見合わせました。

そして今年の神流は去年より1週間早いので、大田原は大丈夫かなと思ってます。

山系さんは今回応援とのことですが、レース当日、ぜひお会いしたいです。

投稿: ACバンタム | 2010年7月 2日 (金) 21時31分

バンタムさん、(今から気が早いですが)当日は宜しくお願いします。第2回も盛大になるんでしょうね。
かんなは前泊がおすすめらしいのです。パーティーもよかったと聞いていますよ。自宅から当日でもいける距離ですが、そういう楽しみ方もあるみたいですね…

さて、今から志賀高原行ってきます。とりあえず完走目標です。

投稿: 山系ENJOY | 2010年7月 3日 (土) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷川岳主脈縦走 | トップページ | 志賀高原トレイル »