« 登山駅伝 懐かし映像 | トップページ | 燧ケ岳・皿伏山 »

2010年8月 1日 (日)

久しぶりの鍋割山

日曜午後、家にいてはもったいないので赤城へ行く。今日はゴルフ場上の林道に車を停めて、赤城森林公園を経由して荒山高原、そして鍋割山、最後に岩場の下りでしめようと思う。

①森林公園へ向かう林道

Nabewari_008Nabewari_009

②オートレース場 日曜日で愛好家集まり爆音がうるさいウルサイ五月蝿い・・・。その少し上の道沿いには天然水の水場。有名。

Nabewari_014_2Nabewari_018

③赤城森林公園から荒山高原へ入る

Nabewari_021Nabewari_022Nabewari_023Nabewari_030

③荒山高原手前の芝の広場 少し曇り模様だけど雨は大丈夫そう・・・蒸し暑くもないのでトレラン練習にはちょうどいい気候。

Nabewari_038

④あっという間に荒山高原到着。日曜日だけどここまで誰にも会わず独り占め。

Nabewari_045

案内板は「ここからあっちいってこっちいって・・・」と主要コースはストックで指したと思われる跡がある

Nabewari_047

⑤鍋割山へはほぼ平坦なトレイルで、気持ちよく走れる。途中、父子とハイカーのすれ違うが、こちらから挨拶したり話題をふろうとしても反応なし・・・。

Nabewari_059Nabewari_057_2Nabewari_060_2

⑥あっという間に鍋割山山頂。誰もいない。

Nabewari_073Nabewari_064Nabewari_076

⑦不動のほうへ降りようかとも考えたがヤブが高くてすぐに断念、素直に岩場を下り、鍋割高原へ。このあたりは1~3回赤城トレランのコース前半。

Nabewari_085Nabewari_086Nabewari_090Nabewari_094

⑧あとは林道に下るだけ、クールダウンをかねてゆっくりとくだりを楽しむ

Nabewari_098Nabewari_102

この辺りは去年のトレランクリニックの開催場所で、トップアスリートからのレクチャーがとても印象的だった。

⑨林道着。賞味2時間弱だけどかなり充実、おつかれさん。

Nabewari_110Nabewari_112Nabewari_112_2Nabewari_115

<所要時間>

林道脇駐車12:50→赤城森林公園13:15→荒山高原13:45→鍋割山山頂14:05→林道脇駐車14:50

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 登山駅伝 懐かし映像 | トップページ | 燧ケ岳・皿伏山 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登山駅伝 懐かし映像 | トップページ | 燧ケ岳・皿伏山 »