« 絶景のおんたけ山! | トップページ | ツキノワグマ注意報 »

2010年9月 4日 (土)

荒山でイノシシ

今日は山々の景色が良く見渡せた。ここ数ヶ月で一番というくらいで西上州~荒船~谷川連峰~榛名・子持・赤城~足尾の山々…夏にしては展望いい。

Arayama201009_010_2

そんな日はじっとしていられず、用事を済ませて夕方3時から赤城へ。こんな時間から山に入るのはどうかと思いつつ、強力ライト2つと非常セット携帯して、森林公園からとりあえず荒山高原。

Arayama201009_060_2Arayama201009_024 

時間が限られるので鍋割には寄らず、今日は荒山を周回。途中、芝の広場でMTBの人に会う。都心から前橋駅まで輪行して来て赤城の山道を少し回って帰るらしい。トレランも賛否両論、個人的にはMTBもなかなか理解を得られないのでは……かな~?

Arayama201009_042

振り返ってみると、今年の冬は雪の荒山には登っていないのでたぶん、去年5月の赤城山トレイルランニングレース以来 になると思う。ちなみに、本格的な登山靴を買って初めて山登りに来たのも、確か真夏の霧の荒山だった。

Arayama201009_028Arayama201009_032

荒山下のひさし岩あたりでかわいい「うりぼう」2頭に遭遇する。が、家に帰って奥さんに話したら、体長70センチくらいのやつは「うりぼう」とは呼ばないでしょ…?えっそうなの?言われてみれば紛れもなくイノシシか・・・。

目が合ってしばらく静止していたので写真を撮ったんだけどぶれた。後ろからゴソゴソやってきたやつは母さんじゃ困るなと思ったら兄さん(?)で弟を引っ張って慌てて走っていった。ちなみに3年前に青年の家近くのトレイルで遭遇したイノシシ夫婦は物凄くでかくて怖いくらいだった。

Arayama201009_046Arayama201009_051Arayama201009_054

荒山を下れば、後は芝の広場に戻って森林公園に下るだけ・・・。ちょうど2時間で駐車場に戻る。

森林公園駐車場14:50→芝の広場15:20→荒山高原15:30→荒山山頂16:00→南尾根東屋16:20→芝の広場16:30→森林公園駐車場16:50 

◆最近、入山時刻が遅いのは問題。ホームコースとはいえ、そのうち痛い目にあうんではないかと懸念。

◆鏑木さんも何度も通ったというこの辺りのコースはいつ来てもなかなか感慨深い

◆入山前、駐車場先の林道入口でドアを開けたままの不審な車両ありビビル・・・不法投棄?仮眠?カップル?

<おまけ>

駐車場に戻ってから10月の赤城トレランレースの新コース確認を兼ねて様子を探ってみた・・・(森林公園駐車場~大穴のブナ往復15分くらい)

赤城青年の家からオリエンテーリングコース~赤芝~森林公園までは第1回から3回までとほとんど変わらないので省略・・・。森林公園から先、赤城温泉までが新コースとなるはずだが、大会地図ではよく確認できない。<A>ロードなのか、<B>登山道なのか?勝手な推測で訪ね歩く。

<A>森林公園駐車場から、崩落通行止め中の大穴線という林道を進むのか

Arayama201009_094Arayama201009_098Arayama201009_070Arayama201009_071Arayama201009_074Arayama201009_085

ピンクテープがあるが工事用か何か不明。ちなみバリケード間で崩落らしき場所はないが、かなり前から通行止めの様子。

Arayama201009_069Arayama201009_073 

<B>全く別の発想で、荒山登山口から登山道を入って芝の広場まで行って赤城温泉への分岐から登山道を下るのか・・・こちらはマップにもしっかりとコースが明示されている。しかし、大会要項ではそう読み取れない?

大会HP ttp://www.akagi-trail.com/

芝の広場 ~ここで大の字で寝るとすごく気持ちいい~

Arayama201009_062_2

赤城温泉への下山コース

Arayama201009_059

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 絶景のおんたけ山! | トップページ | ツキノワグマ注意報 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

ぽんネコ・けもの」カテゴリの記事

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、自然溢れる良いところですね。猪も怖いです。それでは何時か何処かで!!

投稿: ロボタン | 2010年9月 5日 (日) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶景のおんたけ山! | トップページ | ツキノワグマ注意報 »