« 紅葉狩りドライブ | トップページ | クリール12月号 »

2010年10月24日 (日)

スバル10Kと桧沢岳

昨年に引き続き上州太田スバルマラソンに参加。今年からハーフができたけど、去年10キロで走りやすかったので満を持して今年も参加。
Subaruhizawa_054

あれれ?下の写真はなんだ?←詳しくは文末で・・・

Subaruhizawa_136

このレースはなんと朝7時過ぎには受け付け締め切り、ハーフのスタートが7時45分、10キロが8時過ぎで、「スタート前の開会式などは一切なし」という、ロードレースにしては珍しくあっさりした大会。

司会進行のスタッフさんや全体の流れも整然としていて全く時間を無駄にしないのが素晴らしい。

実はこの土日は太田市民なら誰もが喜ぶ「スポレク祭」なるイベントが一帯であり、マラソンはその一環、客寄せ?みたい。確かに遠方からたくさん人が集まっていた。

Subaruhizawa_045Subaruhizawa_050Subaruhizawa_058

さて、スタート直後から、メガネの揺れが気になってしまう。いつも必ずつけているメガネバンドは貴重品預けに出したリュックに忘れた。

ずーと焦点が定まらず、そして、案の定前半ハイペースで苦しくなり、途中からは般若のようなひどい表情だったと思う。

いつもトレランでは沿道の観客に愛想だけはいいのに、今日は全くそれどころではなく・・・。以上、昨年比マイナス1分30秒の敗因言い訳。

◇珍しくラップまずまずとれた

Start-1km 3:58
1-2km 3:56
2-3km 4:12
3-4km 4:46 ※about
4-5km 4:46 ※
5-6km 4:05 ※
6-7km 4:05 ※
7-8km 4:21
8-9km 4:20 ※
9-Goal 4:20 ※ 公式ゴールタイム=42:xx

ゴール後はハーフの応援に回る。交通規制の関係で制限時間が2時間なので結構きついような気もする。一緒に参加したザスパ君やミルクさん・O島さんたちも無事にゴール。

Subaruhizawa_064Subaruhizawa_070Subaruhizawa_079Subaruhizawa_088

恒例のお楽しみ抽選会も参加。豪華商品があたり、特賞のスバル「ステラ」車は高校三年生の男子が持っていった!

Subaruhizawa_097_2 

----

10/24(日) 続き

太田を11時前に後にし、その後向かった先は西上州・南牧村と上野村の境で、ぐんま百名山「桧沢岳」へ。午前中にロード10キロ走っただけで、持病の「山行きたい病」の症状が表れて2時間弱登山。

桧沢岳は村民に愛された里山だが岩場・絶壁も多くなかなか高度感ある。標高1150Mくらいの山頂部分は紅葉がきれい。去年からずっと気になっていた山なので、とりあえずひとつクリアした感じ。

Subaruhizawa_099_2Subaruhizawa_102

登山口もよく分からず(魚屋の発泡スチロールのような道標)

Subaruhizawa_108_2

典型的な里山で道迷いと熊出没に注意しながら進む。時間はそれほどかからない山だけど、積雪や凍結の時にはふさわしくないところ。すべって谷に落ちる。

Subaruhizawa_111Subaruhizawa_117Subaruhizawa_119Subaruhizawa_140

Subaruhizawa_126

山頂から浅間山方面

Subaruhizawa_141

山頂南東の鞍部から神流町方面の山。みかぼスーパー林道の下仁田の崩落部分(たぶん)が見える。中央奥はかんなトレランの杖植(つえたて)峠あたり。たぶん。

Subaruhizawa_147

2月の小沢岳(左)と右に稲含山。奥はかすかに赤城かな?

Subaruhizawa_152

ざっと2時間弱にしてはなかなか登り甲斐のある山だった。登山口までのアクセスが意外と大変かもしれない。

Subaruhizawa_157Subaruhizawa_160

<所要時間> 時刻

桧沢岳登山口路肩駐車13:00→山頂近くの鞍部13:40→西峰往復→桧沢岳山頂14:00→桧沢神社?奥の院14:10→駐車場14:45

<おまけ>

今夏正式発足、先日は神流トレランの決起集会を行った上州山楽走のTシャツを初披露。今日は午前ロード・午後山岳と、Tシャツのバックプリントの通り「ハイブリットランナー」でしょ?ロード風景の写真は撮り忘れたのでなし。

Subaruhizawa_138Subaruhizawa_133

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 紅葉狩りドライブ | トップページ | クリール12月号 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

マラソン全般」カテゴリの記事

コメント

HYBRID-RUNNERのロゴの名付け親はkyuchanです。
確認しておきます。っていうか、kyuchanのコメント待ちます。

投稿: GOTTI | 2010年10月27日 (水) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉狩りドライブ | トップページ | クリール12月号 »