« 風説の流布・・・か? | トップページ | 諏訪山(上野村) »

2010年12月18日 (土)

十二ケ岳・小野子山

ずーと前から行こう登ろうと決めていた十二ケ岳・小野子にようやく登れた。

ぐんま百名山「十二ケ岳(1200M)」「小野子山(1208M)」へ。この二つは群馬在住の人の多くが普段から目にする山。平野部の前橋・高崎から見て榛名と赤城に挟まれた二つの大きな山のうち、子持山でない左の山が「十二ケ岳・小野子山」。

写真左の高層建物はかの有名なK木さんの「トレーニング聖地」

Onoko_246

   

JR吾妻線の小野上駅から急坂を進んで十二ケ岳登山口に到着。車道は右も左も通行止。東屋やトイレもあり、登山ノートも常備。冬場で登山者も少ない感じがする。日陰でひっそりとしてちょっと緊張する。

Onoko_001Onoko_012Onoko_206Onoko_010

9時半に入山。十二ケ岳まで急登が続くかと思いきや意外と登りやすい道。この山は全体的に道標がしっかりしていて整備が行き届いていた。

Onoko_015Onoko_017

途中、岩の上からガサゴソという物音とともに小石・結構大きな石がゴロゴロと落ちてくる。(藤岡弘探検隊のわざとらしい落石シーンのように・・・)何かの動物かとやり過ごして数分後・・・

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! ←こういう顔文字は軽蔑しているので避けたいところですが・・・まさにこんな感じなので・・・(前回の浅間山での遭遇に次ぐ)

Onoko_044Onoko_052Onoko_057Onoko_048

もういいでしょ、バイバイさよならん~

Onoko_063

カモシカ遭遇に興奮してちょっと道を外れてしまい、登山道を再度探して軌道修正、程なくして稜線に出る。十二ケ岳への登りは男坂と女坂があり、迷わず往路は男坂へ。少し凍結した岩場を経て山頂へ。

Onoko_069Onoko_067Onoko_070Onoko_073Onoko_107

 

山頂からは360度の展望。今日は少し霞んでいて絶景とまでは行かなかったが、空気が澄んだ日は素晴らしいだろうなと推測。また来てみたいところ。

南に大きく榛名山が霞んでいる

Onoko_110Onoko_101

この冬登る予定の三峰山(みなかみ町)がドーンと。

Onoko_113

 

女坂から下山、北面は結構雪が残っている

Onoko_117Onoko_120

そして・・・  キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! ←こういう表現は使いたくないのですが・・・

Onoko_122
Onoko_131

これだけ離れているんだけど、カモシカの表情が本当にかわいい。最初に遭遇した尾根の正反対側なんだけど、同じカモシカなのだろうか・・・似てるといえば似ている。

Onoko_136   

鞍部を経て東側の二つの山「中ノ岳」と「小野子山」に向かう。中ノ岳まではほんの数分、そこから先、小野子山までが予想外に長かった。下~って登っ~てが結構厳しい。

Onoko_142Onoko_145Onoko_151Onoko_152

小野子山への直登が積雪と凍結があり、ちょっと注意。霜柱がサクサク。

Onoko_157

小野子山頂に着くとハイカーが数組いてホッとする。今日始めての「人」。聞けば、高山村方面から小野子山に登ってくるらしい。

Onoko_172

手前に子持山、奥に赤城山(鍋割・荒山・鈴が岳・・・)

Onoko_177Onoko_180Onoko_182

復路はもう一度中ノ岳への登りを頑張って、十二ケ岳との間の鞍部に戻り、あとは登ってきた道を下山する。

Onoko_193Onoko_194Onoko_200Onoko_202

ペットボトルのゴミが目立ち、3本+飴カスを収穫・・・・

Onoko_209

<所要時間> 現地時刻    ※小走り多く参考にならず

十二ケ岳登山口9:35→カモシカ10:05→鞍部10:15→十二ケ岳山頂10:30~10:40→カモシカ②10:45→中ノ岳11:00→高山村分岐11:10→小野子山11:25→中ノ岳11:55→鞍部下降点12:00→駐車場12:15

なかなか登り甲斐のあるところで、とても3時間弱とは思えないお腹一杯の山行だった

      

<おまけ>

帰り道、渋川の国道17号から吾妻川(利根川?)と小野子山を望む

Onoko_223

同じく、子持山 渋川は日本橋から132km

Onoko_235

 

子持山・小野子山からの展望は最高、特に秋~冬の雪景色はきれいだろう。問題は登山口までの車で入れるかどうか・・・。凍結注意。

ぐんま百名山、一度に二つ登れたので得した気分。練習としては、十二ケ岳~小野子~雨乞山と縦走して下山後に「ロードの登りを駐車場まで駆け上る」コースも面白そう。

小野子山と子持山は隣接しているだけあって雰囲気が似ている。どちらも熊出没の情報も多いので時期によっては要注意。

靴下を間違えて普通の(香典返しでもらうような)靴下を履いてしまったら、意外と支障があることを発見。靴の中で動いたり滑ったり薄くて気になったり木の葉が入り込んだり・・・。その点、いつも愛用しているブリッジデイルは登山ソックスのような厚みがあってなかなかの優れもの。昨年のおんたけスカイレース会場で安く買って以来、気に入って追加購入している。

Kutushita

http://www.westend.jp/bridgedale.html

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 風説の流布・・・か? | トップページ | 諏訪山(上野村) »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

ぽんネコ・けもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風説の流布・・・か? | トップページ | 諏訪山(上野村) »