« 百名山リストの修正 | トップページ | 十二ケ岳・小野子山 »

2010年12月16日 (木)

風説の流布・・・か?

先日の歩荷(ボッカ)を楽しんだ某レース・・・トレーニング・課題発見・低山観光とそれなりに楽しめたので「結果よし」という感じ。しかし、重り8kg-30分-4km-3,000円か・・・冷静に考えると費用対効果は?消費エネルギーは?km単価は?と電卓をはじいてしまう。

 

実は大会自体の情報が少なく、検索トップにヒットするのは大会ホームページではなく、関係者らしき人のブログ。コース紹介や前回大会の様子などある程度になるのだけど、なにせ書いてあることの「ネガティブ」の度が過ぎる・・・。これにビビッった参加者が終了後に「全然問題なかったですね~」とホッとした表情で言う。

  

ネガティブ氏自身が一参加者の一方的な見解であったり、イベント自体に反対する立場の人の声明(?)であればまだ許せるのだけど、読む限りではこの人は大会関係者・・・、さらに痛いことに「お宝登山」「長瀞 トレイル」などのワードで検索上位にヒットするサイトなので申込者(検討も含む)が目にする機会は多いはず。パッと見た感じでは大会の公式ブログにも見える。

  

第4回と浅く、前回までにいろいろ課題があったことはほかの方の意見でも伺えるところだけど、大会関係者がここまでネガティブとは如何なものか?と普通思う。ネガティブ氏の大会にかける熱い想いや改善したい具体的な提案があるのか知らないが、特定の企業の名称や関係者の発言や運営協議会内部の情報をさらけ出して・・・、聞き分けのない自分は「そんなに嫌なら運営から離れればいいのに・・・」と感じてしまう。

大人社会だから大会運営サイドでは活発な調整が行われるのは当然、内部は内部、ネットはネット、個人は個人・・・冷静にやらないとみんなが混乱する。情報錯綜のネット社会、見る側は「メディアリテラシー」不可欠で踊らされない判断も必要か。

---

そもそも、好き好んで「トレラン」なんかやるような人には実に「ポジティブ」(前向き・・・ネガティブの対義語)な人が多く、心身の成長を求めたり、世知辛い一般社会からのリフレッシュを求めて山に来ることも少なくない。

トレイルランナーやトライアスリートの「ポジティブさ」は半端ではなく、(まぁそれが時として世の中の人には理解されずドン引きを招く要因なのだけどね・・・)、レース参加を通じて主催者側にはウェルカムされたい、出来れば開催地域の人達を恩返し・元気付けたいと思うこともある。神流MR&Wなんかはその典型だと思う。選手のエゴといわれればそれまでかもしれないが、決して悪いことではないだろう。

   

◆ポジティブ派代表 POWER SPORTSの滝川次郎氏を見よ!

但し、この人はポジティブすぎて、毎レース泣かされる者が急増しているのでシャレにならないのは有名なので要注意。

「タッキーのあれこれコラム」 http://www.powersports.co.jp/column/index.htm

  

ちなみに、自分は仕事上はともかく、プライベートではネガティブ思考の人とは付き合いたくないと思っている。理由は自分自身もどちらかというとそっち系なので、ネガティブが倍増するといい事は何もないから・・・。趣味で心身の「心」が疲れるのは御免だ。  

ポジティブ思考の方のみ歓迎!(その代わり自分もポジティブに努めます)。来年もいろんな人に会って運気を高めていきましょう、そうしましょう。

「人生前向きの会」 も同時募集中です・・・

|
|

« 百名山リストの修正 | トップページ | 十二ケ岳・小野子山 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
例のレース、お疲れさまでした♪
お互い楽しめましたね~♪

実は自分も、情報を仕入れようと検索したら「例の関係者らしき人のブログ」を見ました。てっきり公式?関係者らしいような書き方ですよね。見た印象も、山系ENJOYさんと同じく・・・かなりネガティブで、参加を躊躇していました。結果、距離は短いけど参加してよかったと思っています。来年も1年の締め行事として参加しようと思っています!


自分も・・・奥久慈に参加ポチッとしましたよ。
期待!と不安?で、楽しみです。

投稿: たかやん | 2010年12月18日 (土) 21時05分

>たかやんさん
生意気な記事にコメントありがとうございます。辛口・毒舌路線な性分なもので…。

奥久慈、参加仲間が増えて盛り上がりそうですね!ちょっと遠いのとレース自体が相当厳しいのが不安要因ですが、制限時間内完走目標で頑張りたいと思います。3月頃ナイトラン練習も検討中です。

投稿: 山系ENJOY | 2010年12月19日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百名山リストの修正 | トップページ | 十二ケ岳・小野子山 »