« クライマー山野井夫妻 | トップページ | Honolulu Marathon »

2010年12月11日 (土)

冬桜 桜山(旧鬼石町)

ぐんま百名山、桜山(旧鬼石町)へ親父を誘ってラン。

上毛かるた=「さ」 三波石とともに名高い冬桜

Sakurayama2010_022

八塩温泉から弁天山・リンゴ園を通って山頂に至るコースは、片道5キロ1時間ちょっとの定番コース。それなりに登るトレイルや、尾根伝いの展望の後の林の中のアップダウンなど変化に富んでいてなかなかいいコース。

Sakurayama2010_006Sakurayama2010_012Sakurayama2010_013Sakurayama2010_017

「山の神」も人々を見守る・・・

Sakurayama2010_016

桜山は7000本の冬桜で名高い山で、近県からの観光客も多い。今日も地元の人に加えて観光バス数台で来るツアー客でごった返していた。

Sakurayama2010_071Sakurayama2010_047Sakurayama2010_043

肝心の冬桜はすでに見頃を過ぎた感じ。11月下旬から12月上旬が見頃らしい。

赤城山や上越国境の山・日光連山など遠方の景色は霞んでいていまいちだったけど、御荷鉾山など神流や秩父などの近場はいい眺めだった。

Sakurayama2010_041

今日の収穫は復路の「鬼石コース」で、市街地に下るコースは車も入るような作業道のダートで緩やかな傾斜は「走れる登り練習」や「大腿筋を刺激する下りの激走練習」に最適な印象だった。

Sakurayama2010_075Sakurayama2010_077

それ以外にも八塩コースの往復は下り坂トレイル練習となり、三波川への南斜面コースはみかん畑やリンゴ園があり全く違った雰囲気で楽しいところ。いずれも冬場でも積雪がそれほど多いところではないので、通年で登れる山だと思う。

帰りに寄った国道沿い神水館前のラーメン屋さんも手打ち麺のようで素朴な醤油ラーメンが美味しかったのでまた寄ることにしよう。

<所要時間> 約15キロ = 休憩込みで2時間半 なかなか充実感!

 

<おまけ>

●記録を見たら、今年の1月16日にジョギングに来ていた

鬼石のフレッセイ前にある看板にはいつも感心させられる。お店の人がよく出来た人なのか、「諏訪区」と書かれた地元の人がなかなかの人格者なのか・・・昔はよくこういう看板を見かけたもんですが、今では結構貴重かもしれない。

Sakurayama2010_082Sakurayama2010_083

下の提言は文章が長いので立ち止まらないと趣旨が読み取れない。なるほど、挨拶は大切。山でも挨拶は基本ね。

Sakurayama2010_087_2

「誘惑」がどうも自分に響く・・・。レース出ると「歩いてしまえ」「休んじゃおう」という誘いにことごとく「負けて」しまう。結果、リザルト見ると同ペースだった人とのタイム差に「泣く」。

「負けず嫌い」とは程遠い自分はもう少し「勇気」を持ちつつ闘争心が必要かと。

Sakurayama2010_092

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« クライマー山野井夫妻 | トップページ | Honolulu Marathon »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマー山野井夫妻 | トップページ | Honolulu Marathon »