« 一年の計は赤城山 | トップページ | 栗原クリニック動画 »

2011年1月 3日 (月)

正月は旧碓氷峠へ

1月3日(月)、箱根駅伝復路をラジオ聞いて応援しながら、碓氷峠旧道(=安政遠足侍マラソンの終盤コース)を今年初ラン。

昨年はC-9カーブ先の路肩に適当に駐車していったら不審車両として多大なるご心配をおかけしたので、今年はおとなしく峠の湯の脇に停めることにする。「失敗は成功の元」「転んでもただでは起きない」の精神・・・。

Usui2011_067Usui2011_004Usui2011_012

実は、1月3日の碓氷峠ランは東洋大が初優勝した一昨年以来、3年連続の恒例行事で、箱根で頑張る選手に生意気にも自分自身を重ねてラジオに耳を傾けるのが何ともたまらない。それに初冬の雪上トレランはワクワクする。(といっても、「第1号廃車」地点まではほとんど雪はない)

Usui2011_020Usui2011_019Usui2011_014Usui2011_025

「見廻り方免所=交番のはじまりであった」とは、群馬県の交番なのか?まさか日本の交番のはじまりなのか?・・・日本語の解釈に苦しむ看板。

Usui2011_027Usui2011_029

 
去年は曇り模様で途中から雪が降ってきて山中茶屋で引き返したが、今年は快晴、雪も比較的少なくて登りやすい。そして、陽気もいいためか、ハイカー数名(坂本から3名/熊野神社から1名)とMTB2台(熊野神社から)に出会った。

Usui2011_032Usui2011_130Usui2011_050Usui2011_047 

ひとりのハイカー(60歳代)の方は未明3時半に高崎市内の自宅を出て徒歩で街道を歩き、今日は軽井沢まで、いずれは京都まで中仙道を歩きたいとの話。先日は日本橋から高崎まで数日かけて歩いたとらしい・・・この手の話は大好き。山中茶屋で会ったおじさんとすっかりと話し込み、その後の「飯喰い坂」の急坂も「一つ家の老婆の恐怖」も気にならず・・・か。

Usui2011_131Usui2011_121Usui2011_117Usui2011_119

今年最初のトレランは「ど根性」でなるべく走ることとして、最後3キロの緩やかな登りもできるだけ駆けるように心掛ける。このあたり、日陰になると雪も積もるがまぁ問題なし。

Usui2011_037Usui2011_057

碓井~霧積の山には熊が多いらしい。この日は子どものイノシシと遭遇、別のハイカーはカモシカにあったとか。

Usui2011_060 

   

旧碓井峠にある熊野神社は初詣の参拝客で意外と賑わう。県境を隔てて群馬県側と長野県側それぞれの神社がある不思議なところでそれぞれに参拝、力餅を食べ見晴台から浅間を眺める。

Usui2011_065Usui2011_079_2Usui2011_074Usui2011_086

熊野神社の力餅を「ミックス」というお得なセット(500円)で提供しているお店は1箇所だけ(?)のような気がする・・・山系調べ

Usui2011_083

見晴台から浅間山を見るのは初めてでなかなか感動。

Usui2011_093 

ぽこっとしている小高い山は石尊山、奥に見える結構高さのある山は何山なのだろうか?前橋の自宅からも確認できるが山名が分からず・・・黒斑は浅間の影になるはず、剣が峰?高峰山か?あれこれ地図広げて調査中。

Usui2011_102

帰りはずっと緩やかな下りでテンポよく駆ける。

箱根駅伝も復路終盤を迎え、一位早稲田を追う東洋大の奮闘もなかなか聞き応えある。テレビ中継車解説の瀬古さんといい、スタジオ開設の金哲彦さんといい、ちょっと早稲田ひいきじゃないか?と思いつつ、東洋大・上武大などにエールを送り、最後は玉屋ドライブインでテレビを見せてもらいゴールを見届ける。

Usui2011_146

  

<所要時間> 3:10 (休憩含む)

峠の湯10:15→C-9カーブ10:20→1号廃車11:05→山中茶屋11:20→熊野神社11:50~12:20→玉屋ドライブイン13:25→峠の湯

<おまけ>

昭和50年代から捨ててあった廃車数台・・・なんと上のほうから撤去したみたい。下の1台と別荘予定バス廃車はそのままだけど、少なくとも3台は消えた!KEEP GREEN ANNAKA!

力餅の元祖は大手駅弁屋「お○のや」ではなく、玉屋。手作りでおばちゃんも人がいい。

安政遠足侍マラソン(当然「峠コース」)本戦の模様

2010年  2009年①  2009年②(上毛新聞編) 2009年③(猫ひろし編)

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 一年の計は赤城山 | トップページ | 栗原クリニック動画 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年の計は赤城山 | トップページ | 栗原クリニック動画 »