« ◆STYに向けて | トップページ | 地域活性化とは? »

2011年2月 7日 (月)

赤城不動大滝

滝が凍ったとの情報を得て赤城の粕川上流の不動大滝を目指す。駐車場までの細い林道の積雪・凍結がちょっと心配だが、2月に入ってからは暖かい日が続いているので問題なくいけるだろう・・・ということは、滝の凍結ももう溶けているのでは?

駐車場到着。雪まったくなし、展望も霞んでいてダメ。晴れていればスカイツリーも見えそうな標高・方角。

Fudou_001_2Fudou_002Fudou_004

実は、持病(というか悪い癖?)の深爪が悪化して右足の親指の爪が化膿して靴が履けない。絆創膏とテーピングを巻いて何とか足を引き摺りながら登山道を行く。2日くらいで治るいつものこととはいえ、とにかく足が痛くで走るどころではない。

岩場にも積雪なく凍結ですべる箇所もない。

Fudou_005Fudou_006Fudou_012Fudou_008

こういうのには必ず顔を突っ込む性分なんだけど、今日は撮ってくれる人がいないので・・・いくら自分大好きとはいえ、さすがにセルフで撮ったらやりすぎでしょう。ちなみに私は仕事上のお付き合いで「名月赤城山」「赤城の子守唄」も歌詞を見なくても全部歌えますが何か?。

Fudou_015_2Fudou_017

不動尊・多少の沢歩きを歩く。沢もほとんど凍っていないのでおそらく大滝も凍結は厳しいかと察せられる。

Fudou_019Fudou_108Fudou_025

沢の両岸にはツララがたくさん。

Fudou_117Fudou_037

  

あっという間(足をかばいながら歩いて35分程)に最奥部の不動大滝に到着。結局、滝の氷も半分以上ほとんど溶けてしまっていて、全面凍結を期待していたのでがっかり。ただ、谷に囲まれた一帯は雪が積もればなかなかの景色になるだろうと実感。冬場はカメラマンで賑わうらしい。

Fudou_069Fudou_100Fudou_085Fudou_040 

麓から眺める優美な赤城山とはちょっと違い、男っぽい赤城の一面を見た一日。
帰りは車を走らせて大猿川からの登山口を確認して下見。 

Fudou_105Fudou_129_2Fudou_127Fudou_138

<所要時間>

駐車場9:45→不動尊10:00→不動大滝10:15~30→かくれ岩10:35→駐車場11:00

  

<まとめ>

・赤城山を中心に近県のハードな山登りで毎度参考にさせていただくのはこちらの「気ままな男の山歩き」です。赤城で「忠治」という犬に会える日を楽しみにしている・・・

http://akagiyama.lets-sports.net/syoko5/ootaki110131/sub3-544.htm

・積雪期にまた行きたい。一番の難関は駐車場までの車道の雪・アイスバーンか。

・強固なアイゼン携行するも今日は出番なし。沢なので状況によっては必携になる。

・ハイカー多し。小学校低学年の課題授業みたいな子ども達も元気に歩いていった。

・ここは熱心なカメラマニアさんにはお馴染みのスポットらしい。時間をかけて取り捲る人、今日も数名。

・左右岸の上部では林道工事をしている。新しく林道ができるらしい。

・不動大滝あたりから長七郎へ、また、大猿川からオトギの森経由長七郎へというコースは未踏。春になったら行ってみたい静かなコースだが、獣が多そうな雰囲気。

・深爪には困りもの。あまりの足の痛さにロキソニン服用しながらの山行で、エスケープ練習のように、もがきながら下ってきた。深爪が原因とは自業自得。

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« ◆STYに向けて | トップページ | 地域活性化とは? »

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

あら、先を越された!
と思い今日、私も凍った滝を見ようと忠治温泉から入ったのですがちょっと歩いたら氷柱が融けて落下しまくっていたり、大きな氷が道を塞ぐように転がっていたりする場面に遭遇し怖いのでかなり手前で引き返してしまいした(^_^;)。
次回は「からっ風街道」からチャレンジしてみます。

そんなわけで計画変更し森林公園駐車場から鍋割山までちょいちょいと泥濘&雪上ランを楽しんできました。

山系ENJOYさんのおかげでゆるやかに雪上ランにハマっています!

投稿: ハセママ | 2011年2月 8日 (火) 20時24分

忠治からですね、車道が狭いけど上の駐車場まで行けば滝はすぐそこでした。あれはハイキング遊歩道です。
アイゼン持って行かなかった?鍋割も溶けた雪は泥でしょうね。スパッツ持った?
今週また雪が降るみたいで楽しみですが、滝の凍結は今期はもうダメでしょうね。また来年です。あれ全部凍ったらすごいだろうな。

投稿: 山系ENJOY | 2011年2月 9日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆STYに向けて | トップページ | 地域活性化とは? »