« おんたけ エントリー | トップページ | 『トレラン王国』 掲載 »

2011年3月24日 (木)

雑誌『タカタッタ』 No7

久しぶりに出たトレラン雑誌『タカタッタ』No7が楽天BOOKSから届いた。『アドスポ』『ランナーズ増刊号』『トレイルランナーズ』とかこの手の雑誌は似たり寄ったりと分かっていながら、思わず手にとって購入してしまう自分、意外と嫌いではない。

Takatattatata_2

ttp://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=15043

※神流MR&Wのページで上州山楽走の三姉妹親父氏が小さく写っている

         

UTMF(※発刊時にはすでに順延決定)の攻略ガイドとともに、今号では「日本アルプス」のトレランコースが一挙に紹介されてる。

南アルプス(鳳凰三山、北岳、甲斐駒ケ岳)、中央アルプス(千畳敷)、北アルプス(白馬岳・槍ヶ岳・穂高岳)と、まさに3000メートル級の「雲上の世界」大特集だ。

      

むむむ?誌面では快晴の空の下、半そで短パン・タイツなんかで実に爽快に楽しそうに駆け抜けちゃっているけど・・・微妙にモデルランナーに目を向けると、鈴木さん宮内さん鏑木さん、カメラマンも藤巻さん柏倉さんって・・・どれも超一流の顔ぶれじゃないか。

◇一例を挙げると・・・マニアに名高い「甲斐駒ケ岳※黒戸尾根」

 凡人=一般登山者15時間30分 日帰りなどまずいない

 タカタッタ推薦者コースタイム=往復7時間 もちろん日帰り

 →いったい誰に何を推薦してるんじゃ?の世界

◇「新穂高温泉~槍ヶ岳」「上高地~穂高岳周回」も日帰り これでいいのか?

      

一応後半では「山の危険回避術」としてかなりページ割いて紹介されてはいるのだけれど、これ、誌面読んで憧れて里山走るような軽装で飛び込む人が増えたりしないのだろうか? と(生意気に)懸念・・・。

ただでさえ高地のトレラン愛好家は格好のターゲットになりがち・・・トレランで遭難したら叩かれること間違いなし。まぁ杞憂ならそれでいいんですが、チョットだけ心配ネ。

   

<おまけ>

やっぱり杞憂じゃなかった。下記にて、トレラン者は高尾山登山デビューと同等の扱いだ、トホホ。

◆埼玉県警山岳救助隊ニュース 平成23年新年号

http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/osirase/sangaku/2011newyear.pdf

    

|
|

« おんたけ エントリー | トップページ | 『トレラン王国』 掲載 »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

山岳救助隊のニュースすごいですね。
私みたいな小心者はそれ読んだだけでぞっとします。
人間少し臆病なほうがよいのですね。

しかし、トレランが危険視されているのは残念。
自分も気をつけようと思いました。

投稿: ACバンタム | 2011年3月26日 (土) 06時10分

>ACバンタムさん
いつも敏感に反応&コメントありがとうございます。
「臆病に勝る装備なし」かと思います!ただ、自分の場合臆病とネガティブが紙一重なのは問題で多少の思い切りを心掛けてます。

今日26日は久しぶりに赤城黒檜山へ登ったんですが、吹雪でヒヤリでした。まったく、偉そうにタカタッタ批評している場合ではなかったと猛反省・・・ブログにかけないほどちょっと凹んでいます。

投稿: 山系ENJOY | 2011年3月27日 (日) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おんたけ エントリー | トップページ | 『トレラン王国』 掲載 »