« 三峰マラソン「休止」 | トップページ | おんたけ エントリー »

2011年3月22日 (火)

◎走る番組の情報

少し明るい話題 3/27(日)放送予定のタラウマラ族の特番は予定通り放送予定みたいなので、ブログ記事も再びageで・・・〔元ネタは3/9up〕

-------

東京方面の同じ組の女の子から「ねぇ、山系さんタラウマラ族知っている?TOKYO-FMで紹介していたんだけど・・・」とのメールを頂いた。

えぇもちろん、私は山岳民族ではないですが山系小市民なので一応彼らのことは存じ上げております・・・お洒落なTOKYO-FMは入りませんが、有名な『BORN TO RUN』持ってますし、彼らと競ったというスコット・ジュレク氏のことはUTMBの放送でお姿拝見してなかなかのイケメンの印象です。

ちなみに、鏑木さんはスコットを抜き去り際に「GoodRuck!」と言いました。あれは紳士的でかっこよかった・・・。

ただ、『BORN ・・・』は厚すぎて買っただけで全く読んでないの・・・

Born

で、NHK-BSで3月下旬に彼らタラウマラ族の特番があるらしい。

-----------------------------------------

「ヒトはなぜ走るのか ~メキシコの走る民・ララムリ~」 

BSハイビジョン   3月27日(日) 午後8:00~9:30

http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/

メキシコのシエラ・マドレ山脈に住む山岳民族“ララムリ”。世界中のトップランナーたちが憧れる“走る民”だ。彼らの強さがはじめて認知されたのは1993年、ロッキー山脈で開催されたレッドヴィル・トレイル100だ。フルマラソンの4倍の距離、半分は暗闇の中、800mの登山が2回もある地獄のレースで並み居る強豪を抑え1位・2位を独占。さらに翌年の同大会ではコースレコードを25分も上回る記録で優勝したうえ、10位以内に7人のララムリが入った。番組では、ララムリの生活に密着し、その歴史と暮らし、走りの奥義、そして精神から彼らの強さの秘密を探り、“走る”ことの根源的な意味を見つめる。

------------------------------------------

ちなみに、ララムリというのはタラウマラ族の呼び名らしいのでイコール(だと思う)。何やら面白そうな番組。ただでさえ、BSハイビジョンの視聴率を度外視した高画質な山岳系の素晴らしい特番が普段からお気に入り。

ハードディスク録画して永久保存して見てみましょう、そうしましょう。少しは自分も速くなるかな?

◆それと、チームイーストウインドの壮絶なアドベンチャーレース「パタゴニアエクスペディションレース」の放送日もすでに決定している。この前はワンダーワンダーの番宣でも放送されていたし・・・。

   

ハイビジョン特集 BSプレミアム 4月16日(土) 22:00~23:30

総合テレビ ワンダー×ワンダー 5月21日(土) 19:30~20:45

http://east-wind.seesaa.net/

上のタラウマラ族もいいが、本命は田中正人さんの番組だな。2月にはスタートからゴールまでずっとブログで追っていたので、あまりの過酷さに放送ネタは尽きない様子が察せられる。クイズ形式のワンダー×ワンダーも問題には困らなそうだ。

・パタゴニアを応援  ・パタゴニア 速報

Day9_vsaldivar_02_lr

                 

ついで、3/22追記 別番組

-----------------------------------------

極限を駆ける 世界一過酷なレース ~密着!アタカマ砂漠マラソン~

BSプレミアム   4月9日(土) 午後10:00~11:30

ことし3月はじめ、世界で最も過酷なレースのひとつと言われる「アタカマ砂漠マラソン」が開催される。南米チリにあるアタカマ砂漠は、平均標高は2000メートルを超え、取り囲む山々が湿気をさえぎり、世界的に乾燥した砂漠として知られている。この過酷な自然の中を、一日毎におよそ40kmを走る。選手に与えられるのは、10kmごとに1.5リットルの水だけ。食料やテント類はすべて自分で背負って走らねばならない。砂の山を越え、渓谷の川を渡り、塩湖を抜け、時には深夜、月明かりのもとで走る。7日かけて走る距離は250km。日中の気温は40度を超え、体力の消耗だけではなく、コースの最高標高は3000m近く、高山病の恐れすらある。この命がけのレースに世界30カ国から110人の冒険者たちが挑む。
“世界最強”の栄誉を得るためにひたすら走り続けるランナーたちの姿に密着する。

-----------------------------------------

|
|

« 三峰マラソン「休止」 | トップページ | おんたけ エントリー »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

BORN TO RUNはおもしろかったですよ。
自分はもう3回くらい読んじゃいました。
読み始めるとハマります。
参考になる部分もけっこうありました。
そして、読んでると無性にトレイルを走りたくなります。

投稿: つむじ | 2011年3月 9日 (水) 23時15分

いろんな人からBORNが良かったとの話を聞きます。そこでだいぶ前に買ったのだけどなかなか手に取れなくてね・・・寝てしまうのです。
いずれしっかり読んでみます。みんながいいというのだからなかなかなのでしょうね、タラウマラさん。

投稿: 山系ENJOY | 2011年3月 9日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三峰マラソン「休止」 | トップページ | おんたけ エントリー »