« TIGORA(ティゴラ) | トップページ | 清掃登山の動画 »

2011年3月 6日 (日)

山学掃 清掃登山だ

上州山楽走改め、「上州山学掃」(第2回)の清掃登山日。快晴の空の下、こんな日は山に入って格好のトレラン、いや、清掃日和。神流町の父不見山を目指す総勢25名の集団はご覧のとおり真剣に清掃活動を実施した・・・。

Tetemie_seisou_185Tetemie_seisou_059Tetemie_seisou_208

むむむ?今日は清掃登山ですが・・・何か?

------

閑話休題

午前9時にコイコイアイランド会館に続々と集合。東京や長野から参加の方もいて大変ご苦労様です。

受付とともに「山学掃」の「学」として、アウトドア論文集を全員に配布。家でゆっくり読むことにしましょう、そうしましょう。

Tetemie_seisou_002Tetemie_seisou_009Tetemie_seisou_019 

9時半過ぎから父不見山へ向けて出発。車道脇のゴミ、ガードレール下の不法投棄物など、初っ端からなかなか苦戦・・・全く先に進まない。各所で福寿草も歓迎してくれる。

Tetemie_seisou_028Tetemie_seisou_030Tetemie_seisou_032Tetemie_seisou_036

とにかくゴミが多い。特に川沿いの林には一升瓶やらポリ容器・昔の作業用具やら大きなゴミが多くてあっという間に45リットルゴミ袋も満杯。この時点では先回りの車にゴミをデポできることを明言していなかったので、誰もがこの大量のゴミを抱えたまま父不見山まで登るのか・・・一抹の不安を覚えた様子。

Tetemie_seisou_040

林間脇のゴミが多くて先に進めないので、ケーブルテレビ用カメラマンさんにお願いして予定の位置よりかなり手前で車に積んでもらう。ここまで約2キロ弱、レースなら15分もかからないだろうが、本日のタイムはなんと75分だ!

Tetemie_seisou_054Tetemie_seisou_052

登山道に入り、作業道路で少し昔風の空き缶を拾って以降は極端にゴミが減る。小走りで先を急ぐと、林道坂丸線の出合で町の方のご厚意による特設エイドあり。

地図読みの勉強会をしたり、突然の楽器(ケーナ?)演奏披露を鑑賞したり・・・。

Tetemie_seisou_069Tetemie_seisou_070Tetemie_seisou_077

林道から先には少しずつ雪が現れ始めてゴミ拾いは徐々に続行不能、見晴らしから赤久縄山や御荷鉾山を眺めたり雪道を楽しみながら各自自由に進む・・・。

Tetemie_seisou_090Tetemie_seisou_092Tetemie_seisou_100Tetemie_seisou_102

坂丸峠の祠から長久保山までの杉林の中の登りも順調。

かんなマウンテンラン&ウオーク入賞者お二人をゲストに迎えているので清掃だけで終わるはずもなく、トレランクリニックを展開しながらの登山。「はるばる山へ疲れに来たのだからただでは帰らないゾ」が我が集団のモットー。

上りのテクニックを伝授いただきながら、楽しく進む。山頂予定時刻13時まで時間も迫り関門時刻を気にしながらタイムトライアル。

Tetemie_seisou_118Tetemie_seisou_112Tetemie_seisou_138    

本日のピーク「長久保山(1067M)」山頂と南側の両神山展望

Tetemie_seisou_149Tetemie_seisou_133

一旦下る凍り気味の急坂を転ばないように注意して、登り上げて父不見山山頂へ。ハイカー一組と遭遇。当方、大人数でご迷惑おかけしますね。

Tetemie_seisou_153Tetemie_seisou_156Tetemie_seisou_166   

山頂滞在時間10分弱、エネルギー補給は先ほど町の人の特設のエイドで存分に地場産品を食してきたのでお腹一杯・・・記念撮影をしてすぐに下る。

稜線沿いは平成12年の山火事の影響で南の展望が開けたらしい(神流のレースプログラム巻末の解説の項を参照)武甲山や秩父の山々も見渡せる。

Tetemie_seisou_169Tetemie_seisou_188

暴走する一人を除き、下り気持ちよく駆け下りながら、所々に落ちている飴カスやピンクテープを拾い、林道出合から下の作業道では序盤と同じく激しくゴミ拾い。ここもすごい量の収穫があった。昭和の時代のゴミが多い。

Tetemie_seisou_190Tetemie_seisou_196Tetemie_seisou_214Tetemie_seisou_225Tetemie_seisou_227Tetemie_seisou_242

今日は山の中というよりも登山口までの林や川沿いの道・車道脇に昔の空き缶とかが多くてあっという間に袋が満杯状態だった。こんなにたくさん拾うと誰が予想しただろうか・・・。

山中、至るところに不法投棄禁止の看板が立っているが、そのすぐ下に大量のゴミ。不法投棄した者は片っ端から「スーパーロング(50K)」(不法投棄の部:ペア)で強制参加させるよう条例改正してほしい。

Tetemie_seisou_219

本日のお宝

Tetemie_seisou_243Tetemie_seisou_247 

<所要時間> ペース配分滅茶苦茶で登山にもトレランにも参考にならず

コイコイ発9:45→小平集落の後の登山口11:05~11:15!→林道坂丸線特設エイド11:45~12:05→坂丸峠12:35→長久保山頂13:00→父不見山頂13:20~13:25→杉の峠13:40→林道坂丸線13:55→生利ガソリンスタンド14:30→コイコイ到着14:50。

<振り返り>

①みかぼ高原荘での手打ち蕎麦+天ぷら+αほか・・・町の方々から熱烈な歓迎を受けて心身ともに充実。その辺りの歓迎ぶりはGOTTI氏の報告に丸投げ。粗食の自分にとってはあんなに素晴らしい食事は近年稀に見る旨い物だった。

②コース設定、当初ミドルコース中心とか赤久縄周辺といった案もあったが、結果的にレース参加者も穴場の父不見山10Kで正解だった感あり。来年のスーパーロング転向への下見にもなったでしょう。

③本格的な清掃登山初めての自分は袋の準備不足否めず・・・最初の川沿いでもう満杯になり予備なし。

④清掃登山は「人数」がものを言うことを実感。人海戦術はホント効果的。

⑤ゴミ袋は持ちやすい耐久性のある45リットル取っ手(?)穴ありタイプが便利そう。

⑥ゴミ拾いトングも控えめな50センチでなく、車の中に1メートル棒があったので雪の上で杖代わりにもなりそれでもよかった。

⑦拾ったゴミの総量といったら・・・ものすごい量を見ると達成感も倍増。が、不燃ごみ・可燃ごみ・空き缶・空き瓶・危険物・・・分別していない。「い~のい~の後はやるから」という役場の方に甘えてしまい申し訳ありません。その点、すみません。

⑧高原荘駐車場の展望デッキにある双眼鏡を覗いたら・・・ゲっ、巨大な角を生やしたオス鹿の群れが閉鎖されたゴルフ場のコースでのんびりくつろいでいる・・・覗いてみるもんだ。

⑨ここだけの話、神流マウンテンラン&ウオーク、今年も大好評につきロングも相当エントリーが集中する予感。定員や規模はこれ以上は変わらないだろう。

黄緑色の某地元のトレラン団体、一般参加者(特に初参加の方)へのエントリー枠譲り合いのためにも、ロングで余力ある方・好成績者は率先してスーパーロング転向はいかがだろうか?

ちなみに「走力ある方にぜひ挑んでほしい=関門時間は融通しない」というのがK様の信念だそうです。私?今年も応援組になるかな・・・ふふ。

|
|

« TIGORA(ティゴラ) | トップページ | 清掃登山の動画 »

★上州山楽走★」カテゴリの記事

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

昨日の清掃登山。大変お世話様になりました。
東京や長野からの参加者も含め25名もの大勢の方々のご厚意による清掃により、「こんなにもゴミがあるの?」と思わせる程の収穫(?)にビックリしました。

ランナーやハイカーが捨てたとは思えないロード脇の生活ゴミが多かったですねー。トレイルにはゴミがなかったという報告を受け、ランナーや登山者のマナーの良さが判りホッとしています。(半面、生活ゴミを捨てる人のマナーが問題ですが・・・)

昨年の大会後、上州山楽走さんとしては2回目となる清掃登山。この活動を知って、数人の団体や個人でもこの神流町に清掃登山に訪れてくれる方が出ています。山楽走さんの投げ入れてくれた心温かい波紋が広がっていく姿を見て、神流町民の一人として本当に嬉しく思っています。この温かい活動に心より感謝申し上げるとともに、上州山楽走さんの益々のご活躍、ご発展をご祈念申し上げます。本当にありがとうございました。

投稿: kokoyan | 2011年3月 7日 (月) 08時49分

「上州山学掃」お疲れ様でした!
今回も参加できず、残念です。 そのうちおいしいトコばかり~とか言われないようにしなければ。
でもみんなの笑顔を見てると参加できなかったことがすご~く無念でなりません。
うすうす感づいてはいましたが・・・ プチクリニックも開催されたんですね。

しかし大量のゴミにはびっくりです!!!

ご苦労様でした!

P.S 温泉情報ありがとうございました☆

投稿: 新月 | 2011年3月 7日 (月) 10時48分

山学掃お疲れ様です。
私も行きたかったです。
みなさんの日記やブログを見るとますます行きたかったです。

仙人ケ岳のガードレール下も大量のゴミが落ちているので、こんど山楽走東毛支部?でも山学掃したいと思います。

投稿: ミルク | 2011年3月 7日 (月) 12時25分

>kokoyanさん
一日お世話になりました。至れり尽くせりで逆に恐縮してしまいました。大会後に大規模な清掃登山ができたらいいなと話していた人もいましたので、その辺りもいろいろと情報交換させてくださいね。

>新月さん
赤城お疲れ様でした。新月堂の「トレラン饅頭」とかいう新製品が発売されていましたよ。まさか昨日一日限定じゃないでしょうね、微妙な感じでしたが・・・

>ミルクさん
実に楽しかったです。みかぼでも赤久縄でもなく初コースでよかったような気がします。ぜひ次回はご一緒にお願いします。
仙人が岳で引き続きうちの父さんの面倒をよろしく頼みます。

投稿: 山系ENJOY | 2011年3月 7日 (月) 19時38分

今日、ケーブルテレビの部屋を覗いたら、K井カメラマンが昨日のボランティア作業の映像編集を一生懸命に行っていました。

近々、HPで公開予定ですの、しばらくの間お待ちください。
上州山楽走が益々クローズアップされますね。私も嬉しく、とても楽しみにしています。

投稿: kokoyan | 2011年3月 7日 (月) 20時21分

お疲れさまでした。
企画運営と色々と苦労があったと思います。
おかげさまで、清掃登山も楽しみながら?!
山に恩返しできたかと思います。
神流の方々から、逆におもてなしを受けて感激しました。
自分のホームコースの竹沼でも、以前清掃してましたが
また再開したいと思います。

投稿: たかやん | 2011年3月 8日 (火) 01時33分

先日はお世話になりました。初参加でしたがとても有意義で楽しいひとときを過ごせました。
神流町の方々のおもてなしの心、これほどまでか!とビックリしています。自分も仙人ヶ岳や近所の山などを出来る範囲で清掃していきたいと思います。
この様な活動が多方面で広がっていく事を切に願います。

投稿: 猫仙人 | 2011年3月 9日 (水) 20時55分

>たかやんさん
竹沼清掃ですか・・・あの人とその人と仲間がたくさん集まりそうなので清掃活動の甲斐がありそうですね。

>猫仙人さん
コメントありがとうございます。活動とまでいかなくても普段から見つけたゴミを拾う習慣はほしいところですね。
誰とは言いませんが上の書き込みの方は大暴走でしたからね~。たか○んさんが走った時間にはゴミが落ちてなかったのか?

投稿: 山系ENJOY | 2011年3月 9日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIGORA(ティゴラ) | トップページ | 清掃登山の動画 »