« やっぱりTIGORA! | トップページ | 神流の報告 王国編 »

2011年5月31日 (火)

四郎岳・燕巣山

平日休みで片品の「四郎岳」2156M と 隣の燕巣山(つばくろすやま)2222Mへ。丸沼から北に見える二つの山は南の日光白根山に比べると明らかに渋そうな山だが、「四郎」はぐんま百名山の一座でもあるので、近年登る人も多い。

※写真は昨年秋の「下見」の時の写真=国道120号の丸沼上から左が四郎岳、右が燕巣山で真ん中の鞍部が概ね四郎峠にあたる <紅葉狩りドライブ

Subaruhizawa_019

7:40丸沼の駐車場場から出発。いきなり沢を渡り、その後も昨日までの大雨の影響で増水気味の「四郎沢」の渡渉を何度となく繰り返す。

Shirou_yusen_003_2Shirou_yusen_011_3

倒木や浮石に足をとられないように、沢伝いを注意して登りあげるので、なかなか苦労が続く。

Shirou_yusen_017_4Shirou_yusen_031_2Shirou_yusen_038Shirou_yusen_033

たらの芽を眺めたり、ショウジョウバカマ・イワナシの花々もきれいだ。

Shirou_yusen_020Shirou_yusen_054Shirou_yusen_056

このあたりは標高2000メートル、山深くハイカーも少ないので明らかに熊生息地域で熊鈴をジャラジャラ鳴らす。カモシカや鹿もいないものか・・・。

1時間弱で四郎岳と燕巣山の鞍部の稜線「四郎峠」到着。北の尾瀬の山々の雪景色がきれいで、北からの風が涼しい。

Shirou_yusen_069Shirou_yusen_066

まずはじめに左手の四郎岳へ。急登を300メートルほど登り上げる。残雪があり滑りやすく、坂も急。オーレン?の花。「オーレン小屋」のオーレンらしい・・・。

Shirou_yusen_077

と、苔むした樹林帯で白いものを発見・・・この頭は・・・?

Shirou_yusen_090Shirou_yusen_104

ギンリョウソウ・・・色素を持たない不思議な花で最も興味深い花。何色にも染まらない純白の精神は素敵だ。 Google画像検索=「ギンリョウソウ

Shirou_yusen_092

しばらく雪道を進んで山頂。北は樹林だが南側の展望がいい。

Shirou_yusen_109Shirou_yusen_127

丸沼と日光白根山がきれい。スキー場が目立つ。

Shirou_yusen_116Shirou_yusen_122

少しだけ休んでから、一旦鞍部の四郎峠まで下り(350M)、反対の燕巣山まで再び400M登る予定。南東には日光の男体山や金精峠の金精山や温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)もきれいにみえる。

Shirou_yusen_143

四郎峠から燕巣山の急登がまたきつい。四郎岳だけで下山でもかまわないが、「山登りは機会を逸すると、次に再び訪れる機会は意外と少ない。だから行けるときに近場にも立ち寄るべし!」という山系一族の教えに則り、有無を言わさず燕巣山に当然向かっている・・・。

Shirou_yusen_144Shirou_yusen_161Shirou_yusen_163Shirou_yusen_166

途中で北を見ると至仏山の残雪が見事。

Shirou_yusen_168  

ちょっと右にそれると・・・至仏山と燧ケ岳の間の雪山は景鶴山か?ぐんま百名山のうち、かなり手強い山のひとつ。

Shirou_yusen_173

燕巣山山頂直下は雪が吹き溜まっていて深い。ズボズボと駆け抜けて予定通りの時刻で山頂到着。

Shirou_yusen_180Shirou_yusen_197

山頂から木々の隙間から北に名峰燧ケ岳を拝む。

Shirou_yusen_219

南にはやっぱり日光白根山だ。岩がよく見える。今日も賑やかそう。

Shirou_yusen_257Shirou_yusen_243Shirou_yusen_247

しばし昼食の後、午後の予定もあるので下山を急ぐ。往路を忠実に折り返し、残雪や激下りや沢コースを楽しみながら、テンポよく駆け下りた。

Shirou_yusen_263Shirou_yusen_274Shirou_yusen_283Shirou_yusen_289

     

<所要時間>  ※時刻  個人差あり、あまり参考になりませぬ

丸沼駐車場7:50→右俣分岐点8:25→四郎峠9:05→四郎岳9:45~50→四郎峠10:15→燕巣山11:00~25→四郎峠11:40→駐車場12:40

◆実は・・・この日の午後の部として、金精トンネルから「温泉ヶ岳」(ゆせんがたけ)にも登頂。残雪多くガスに巻かれて多少緊張だった・・・つづく

   

<振り返り>

・ガイド本によるとそれほど強烈な印象はなかったが、沢コースということもあり今日は増水だったせいもあり、なかなかタフな山歩き。

・まず目標は四郎峠、その後左に向けて四郎岳に登るのが一般的か。峠から山頂までは標高差325Mくらいの急な登りとなる。

・ぜひ燕巣山とセットで登りたい。燕巣山の方が標高が80Mほど高くて南の日光白根山はもちろん、尾瀬の至仏~燧ケ岳が見えるので気持ちがいい。日光方面もきれい。

・熊鈴必携。明らかに生息地域。

・場合によってはもう少し雪が残っている時のほうが登りやすいのかもしれない<私見>。

・去年のこの日はすぐ北にある奥鬼怒の鬼怒沼山だった。近場で今度は別の方向から鬼怒沼山を眺めた。今年GWの至仏山や昨年夏の燧ケ岳と尾瀬三昧の一年、感慨深い。  

        

---

   

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« やっぱりTIGORA! | トップページ | 神流の報告 王国編 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

着実に上州百名山制覇に近ずいてますね。陰ながら応援してます。

先日、土砂振りの中、草津マラソン参戦して来ました。10kmでしたが(スキー場~温泉街~湯畑~サイクリングロード~スキー場)と細かい↑↓カーブが多く楽しめるコースでしたよ。

午後は家族で温泉街観光でしたが山系さんなら目の前の天狗山に必ず登ってるんだろうな~。。。

チームTシャツ効果有りですね。数人見知らぬ人から声かけられました。
GW神流試走会に東京からペアで参加した方が宜しく言ってました。

投稿: きゅうちゃん | 2011年6月 1日 (水) 09時24分

ショウジョウバカマ!

ありがと。 三国山でたくさん見掛けて気になってました。
あとあの糞も・・・。 鹿かな?

しかし山系ENJOYは勉強になります。

投稿: 新月 | 2011年6月 1日 (水) 11時02分

>きゅうちゃん
草津参加だったんですか!大雨で正直「エントリーしなくてよかった」と思ってました。お疲れ様です。
故障の具合はどうでしょうか?山OKまで復活したらどこかに行きましょう。赤城山清掃の件も都合つけてください。

>新月さん
地道に盛んに山を攻めてブログが盛り上がりますね。これから高山植物がきれいなんで一つ一つ覚えられますね(しかし、翌年までに忘却する)。   
ニフティ「ココログ」も結構使いやすいですよ。ほかをよく知らないのですが・・・。

投稿: 山系ENJOY | 2011年6月 1日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりTIGORA! | トップページ | 神流の報告 王国編 »