« ピンク色の根本山 | トップページ | ★山楽荘★を訪ねる »

2011年5月 5日 (木)

阿能川岳(あのうがわ)

この時期にしか登れない知る人ぞ知る貴重な山「阿能川岳」(みなかみ町/1611M)を目指す。

ぐんま百名山のひとつであるが、登山地図にはコースが載らない隠れた名山で無雪期は藪が茂るので登山向きではないとのこと。残雪の連休中なら入山者・踏み跡も多いかと期待していくが・・・。

Anougawa_157

登山ガイト本やネットの情報ではコースタイム7~8時間見ている様子。稜線沿いをひたすら登るためエスケープルートはなく、計画に余裕を持ちたい。

Anougawa_214Anougawa_242

6:30仏岩トンネル駐車場を出発する。駐車場には先行者1台、6:00に入山していった。トンネル上の尾根道で吾妻耶山・仏岩への分岐を北に分ける。

吾妻耶山や仏岩の道標はしっかりあるが、基本的に阿能川岳に向かう道標は一切ない。

Anougawa_020Anougawa_031Anougawa_035Anougawa_036

樹林帯を進み、開けた平原「ヨシガ沢」を経て第20番鉄塔を過ぎる。ここまでは送電線監視路のため比較的道がしっかりしている。山奥に連なる鉄塔にはマニアも喜ぶ。

このあたりはもうじき開きそうなシャクナゲの芽がたくさん。

Anougawa_047Anougawa_062Anougawa_070Anougawa_055 

その先、進むのは藪の中へ。鉄塔先から右に分かれる整備された道はNO21鉄塔への監視路であって、登山道ではない。

このあたりも雪は全くなく、藪の中を漕いでいく。赤テープやペイントがしっかりつけられていて先を見ていけば迷うことはない。とにかく、稜線を北へ進むことになるので踏み外さないように気をつけながら順調に進む。

Anougawa_080Anougawa_071Anougawa_097

クマザサの藪と比べるとシャクナゲの木は根が谷に向いて生えているので漕ぐに漕げず難儀する。

途中から雪も出てきて、やはり藪より雪上のほうが歩きやすい。そういう意味では、雪が消えてかかっているので少し時期が遅いくらいかもしれない。

標高が高くなり森林限界を過ぎると雪はますます多くなり6本アイゼン装着。

Anougawa_120Anougawa_099Anougawa_105Anougawa_117

途中、このルートの難所とネットやガイド本でも書かれている岩山を4つくらい巻く。雪がない箇所は岩を登り、残っているところは雪上を行く。

Anougawa_116Anougawa_124

振り返ると、麓の谷川岳パーキングエリアや少し先の三峰山がくっきり見える。吾妻耶山は一日中ずっと見えて目印になる。

Anougawa_112 

藪漕ぎの登りをかなり頑張ってきたので、2:30で「三岩山」に到着する。小さな標識がある。確か、ここまで来れば阿能川岳までもう少し。雪の稜線を進むだけ(だったと思う)。

Anougawa_135Anougawa_146

目指す山頂はあの丘か?遠くの山は谷川岳山頂のトマの耳・オキの耳、肩の小屋。

Anougawa_140 

あとは迫力ある谷川連峰南稜線を見ながらひたすら稜線を進む。

Anougawa_168Anougawa_158Anougawa_143Anougawa_167

9時25分に山頂到着。3時間を切ったのは驚き・・・素晴らしい(のか?)山頂からは谷川連峰南稜が間近にそびえて圧巻。思ったより雪が融けてる。

■ 参考 谷川岳主脈縦走の記

◇オジカ沢の頭

Anougawa_203Anougawa_202

◇奥に万太郎かな?

Anougawa_208 

◇奥に仙の倉かな?

Anougawa_188

そして、山頂を少し東に下って展望箇所から谷川岳

Anougawa_249Anougawa_252   

無風の山頂。絶景を前にして休憩し、後続のベテランハイカーさんを交えて山歩きの情報交換が弾みのんびりと1時間過ごす。写真も取り捲る。

Anougawa_267Anougawa_274 Anougawa_212Anougawa_270 Anougawa_2352Anougawa_229

帰りは残雪と藪の中をアドベンチャー風に駆け回って下る。折り返しコースとはいえ、クマササの根っこに滑ったり、雪に埋もれたりしながら調子に乗って怪我をしないように・・・。

おじさんはストックも持たず、6本アイゼンも車に忘れ、それでもマイペースでこなすからすごいや、走る走る。

Anougawa_282Anougawa_297 Anougawa_315Anougawa_317Anougawa_325Anougawa_336

最後は分岐から吾妻耶山方面に3分ほど進み、「仏岩」でクライミング気分を味わう。なんでもない岩だが、鎖が一段・二段とあり、なかなか高度感がありスリルを味わう。阿能川岳登山のついででぜひ訪れたい岩・・・かも。

Anougawa_346Anougawa_350

中央上部で緑のおじさんが手を上げてポーズしている。自分はあそこまでは登れず。

Anougawa_371 

12:55無事に駐車場到着。ハイカーは自分達2名プラス単独のベテランハイカーさん1名のみだった。お疲れ様でした。

<所要時間>  ※かなり駆けている為、所要時間は参考にならず注意!!

登り2:55 山頂休憩1:35 下り1:50

仏岩ポケットパーク駐車場6:30→赤沢越6:45→第20番鉄塔7:15→天子山付近8:40→三岩山9:05→阿能川岳山頂9:25~11:00→鉄塔12:10→赤谷越12:30→仏岩12:35~12:45→赤谷越→駐車場12:55

     

<振り返り>

・阿能川岳はもう7年位前からずっと気になっていた山で、一昨年、意識して「ぐんま百名山」を数え始めたあとにも、指折りの難所としてマークしていた。とりあえず、クリアできて満足。

・登山時期としてはちょっと遅かったかもしれない。中盤まで藪漕ぎが多くて難儀。積雪があれば意外とスムースかも。

・山頂で情報交換した前橋在住のベテランハイカーさんは先週尾瀬の秘峰「景鶴山」に登ったり、利根川水源地大水上山・丹後山も踏んでいるとのことで貴重な情報をいただいた。

・赤テープ・マークがしつこいほどあるので、ある程度感覚あれば藪漕ぎながらも道迷いはない。ただ、下りは注意。

・基本は稜線を奥に進む。帰りも稜線を下る。枝尾根が少ないので意外と判りやすい。

・早立ち必須、天候見て慎重に。

・近場に見えた「三峰山」の台地状の山容に興味持つ。今年中には登りたい。

   

---

この山は完全に自己責任の山歩き・・・。登山地図に紹介なく、ガイド本やネットの情報を参考にするけれど、千差万別・・・コースと所要時間などは慎重に検討されたい。

行程も長くエスケープないので、天候不良や不測の事態ですぐに引き返されたい。

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« ピンク色の根本山 | トップページ | ★山楽荘★を訪ねる »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンク色の根本山 | トップページ | ★山楽荘★を訪ねる »