« ★灼熱の野沢温泉 | トップページ | 応援!富士登山競争 »

2011年7月18日 (月)

◆ついでに横手山!

H23.7.17(Sun) 野沢温泉での2年目の夏、マウンテントレイル in 野沢温泉・・・前回の反省点・経験を活かして満足いく走りができた。ナイトランにはならずにギリギリ明るい時間にゴールできたし、タイム的にも1時間45分くらい短縮できた。

朝から晩まで一日充実していてブログ更新は例の如く先送りで・・・。

◆関心のある方は大会ホームページのリザルト速報からどうぞ!

Xadventure_title

http://sportsinfotech.com/nozawa2011/results_live.html

 

--------

さて、急遽、素泊まりで宿泊することにして、二日目の朝、朝練に向かうマロンさんと★上州山楽走★「つむじ君」と別れて8時に帰路につく、いや、やっぱりつかない。

時間もたっぷりあるので新しいパートナー「SKY ACTIVE」の試走を兼ねて一般道で木島平~山之内町~志賀高原を経由することにする。途中で蓮を見たり、温泉地を通る。

Nozawa2011_388Nozawa2011_370Nozawa2011_375Nozawa2011_409

志賀草津道路(熊の湯温泉あたり)から見える山「横手山」(2305m)。ぐんま百名山の一座で、最近では「日本一高い」「雲の上のパン屋」として、横手山山頂ヒュッテのパンが有名(らしい)。

Nozawa2011_416

横手山直下まで国道292が走っているので、横手山まではそれほど難なく登れるはず・・・。しかも、ここは便利なことにスカイレーターという不思議な乗り物があり、その先のリフトも乗り継げばなんとハイヒールでも登れる(マジで)。

Nozawa2011_519Nozawa2011_4242_2Nozawa2011_5212

せっかくなので山頂まで登ってみることにして、地図も持参してないし、「のぞき駐車場」から「登山口」らしいものは見当たらず・・・。※どこかにあるのか探してないから不明。

昨日の65kmトレイルの疲労後とはいえ、いかなる理由があろうとも「スカイレーター」+「リフト」などと甘えると一族から破門されかねないので、  スキー場のゲレンデを見つけて上に上に上る。

Nozawa2011_427Nozawa2011_429Nozawa2011_517Nozawa2011_515

10分も歩くと、スカイレーターの終点近くに到着する。スカイレーターとはいわゆる野外用エスカレーター。スカイレーター客はそのまま「山頂行きリフト」に導かれるが、駐車場から山頂まで、往復料金900円。

普段からゴンドラ・リフト・・・そして新手の「スカイレーター」・・・と、乗る気もないのに料金を見て自分の体力消費の「費用対効果?」に自己満足するのははいつもながらセコイ性格だ(これも親父譲りだから仕方ない)・・・。

Nozawa2011_430Nozawa2011_432

再びゲレンデを登り北に回ると、そこは大沼池からの登山コースと合流。そういえば、OSJ志賀高原トレイル50Kの後半の難所はこのあたりのゲレンデ急登だったことを思い出す。自分は去年リタイヤ(第一関門で計画中断)なのでここまでは来たことがない。

Nozawa2011_435Nozawa2011_442

この時点で標高2100Mくらいで振り返ると遠くの山々がきれいに見える。斑尾の方角なのだろうか?要確認。

Nozawa2011_443   

「コースからはずれると帰れません」→「了解」 この標識はスキー用。ここは登山道ではないので人などいない・・・獣がいないかな。

Nozawa2011_449

山頂へ向かう最後の激傾斜・・・これはスキー滑降でも相当の斜度だろう。確か、志賀のレースでかなりきついと言われるところではないか・・・こうなるとつま先で登るしかない。スキー場の登りはもう昨日でこりごりなんだが・・・好きねぇ~と自分に言い聞かせる。

Nozawa2011_452Nozawa2011_456Nozawa2011_461Nozawa2011_462

駐車場からちょうど30分で山頂到着。ここまで来ると観光客多数。連休の午前中、なかなかの賑わい。ランニング姿は浮いていた。

Nozawa2011_468Nozawa2011_470Nozawa2011_502

南東~北西の展望が素晴らしい。北アルプス方面は雲が出てしまったが槍が見えたとか・・・

左奥に浅間山~篭の登・湯ノ丸~右に四阿山とか 手前万座。

Nozawa2011_473

南近くに未踏のぐんま百名山「御飯岳」(だと思う)と志賀高原ルートが見渡せる

Nozawa2011_480Nozawa2011_490Nozawa2011_503Nozawa2011_482

山頂にはアンテナ群など建造物たくさん、なんだ、立派な道があって車も余裕で登ってこられるんじゃないか。

Nozawa2011_497Nozawa2011_498 

山頂で20分ゆっくりして、帰りも同じゲレンデを下る。激傾斜(ジャイアントコース風)の下りは足に疲労がたまっているため却下。かわりに初心者コースを迂回して下る。昨日は広大な野沢温泉のスキー場を縦横無尽・・・今日もスキー場を走るのはもう勘弁なんだけど・・・。

正面がジャイアントコース(仮称)

Nozawa2011_505Nozawa2011_509Nozawa2011_512

ドライブついでに思いがけず横手山に登ることができて大満足。

前から目を付けていた「楽チン(ぐんま)百名山」で、本当は湯釜から渋峠経由でロングトレイルしてみたいと思っていて、国道からちょろり登るのは気がひけたが、実際にはジャイアントな傾斜がなかなか心地よく面白いコースだった。

所要時間1時間(実質40分?)で充実のひと時だった。

     

<所要時間> ※ハイキングペースではないです

のぞき駐車場10:25→スカイレーター終点駅(リフト始発駅)10:30→大沼池分岐標識10:35→横手山山頂10:55~11:15→のぞき駐車場11:25

        

<おまけ>

・低燃費SKY ACTIVE車は遠路・山道にもかかわらず、(自分の主観としては)驚異的な燃費性能でエンジン馬力も山道でも問題なくびっくり。i-stopという信号待ちとかでエンスト風に停止するのも面白い。この車は通勤はもちろん、遠出・山行でも重宝するぞ、きっと。

・野沢温泉の朝市はなかなか賑わっていて楽しい。夏場の日曜日とか定期的に開催しているようで観光客にも好評らしいことが納得・・・。外湯13湯巡りも含めて今度こそゆっくり訪れたいところ。

・朝一番でマロンジュニアが部屋に来て「シーツ畳み」を率先してやってくれた。あまりの手際の良さにびっくり・・・「(まだ低学年なのに)学校でやってんの?」→「ううん、家でやってるんだよ」と。林間学校か部活の合宿のようなマロンさんの教育方針に脱帽。自衛隊仕込み?素晴らしい子どもたちに「あっぱれ!!」「★★★」だった・・・。

Nozawa2011_358Nozawa2011_353

      

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« ★灼熱の野沢温泉 | トップページ | 応援!富士登山競争 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

野沢温泉、暑い中お疲れ様でした。
野沢菜いただきました。
それより、なかなかクールな車GET!ですね。
アイドリングストップだけでも
相当エコですね。山師は違うな。。。

投稿: GOTTI | 2011年7月19日 (火) 07時02分

やっぱり行ったんですね・・・
好きですねえwww

投稿: つむじ二等兵 | 2011年7月19日 (火) 20時24分

>GOTTIさん
このご時世、低燃費車万歳ですね!野沢往復で400kmくらい走りましたが、山道でも燃費19kmくらいでした、すばらしい。ハイブリットPとは少し違いますが、価格的にも自分にはお得でした。

>つむじさん
2日間お疲れ様でした!宣言どおりの連ちゃん登山となりました・・・
レースの筋肉痛はそれほどなかったけど、またしてもスキー場にはがっくりでした。志賀高原トレイル50Kも標高高くて楽しいらしいです

投稿: 山系ENJOY | 2011年7月20日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★灼熱の野沢温泉 | トップページ | 応援!富士登山競争 »