« ◆ついでに横手山! | トップページ | SKY ACTIVE デミオだ »

2011年7月24日 (日)

応援!富士登山競争

富士登山競争応援という名の富士登山。富士山に登るのは実は二度目。

そのうち一度目は昨年の富士登山競争応援・・・ということは富士登山競争の日にしか富士登山していない。

富士登山競争公式ホームページ

レース参加でもないのに富士山と競争が切っても切れない関係になりつつある。きっと3度目も来年の応援の日になるのだろうか・・・

Fujisan2011_080

木曜日夜、仕事帰りに五合目まで行き22時半に第二駐車場で仮眠。

この時間だと駐車場もガラガラ(といっても7割程度か・・・)。しかし、標高2500M、気温10度弱ということをすっかり頭になく、寝袋や防寒着を忘れて寒くてあまり眠れない。星がきれいだった。

山頂近くでご来光を目指す人は0時か1時には登り始めるためガサゴソする。

3時過ぎに登り始める人は意外と少なく、静かな中で登山開始。雲海の合間に見える麓の夜景もきれいで空も晴れているので好天に恵まれたことに喜ぶ。

Fujisan2011_004Fujisan2011_007

登り始めてまもなく、六合目あたりでなかなか追いつけない先行者がいて、強力なライトから察するにトレラン愛好家(=今日は競争応援?)と思いながら追い抜きざまによく見たらおおともさんだった。0時に一合目から登り始めてようやく六合目に来たところらしい・・・。

結局、おおともさんにはその後の御来光見物~本八合目までと登山競争応援までお付き合いいただき、おかげで退屈になりがちな単独行がトレラン談義で花が咲き(すぎ)、活気あるものになってよかった。

◆七合目「日の出小屋」で文字通りのご来光

Fujisan2011_029Fujisan2011_015Fujisan2011_046

御来光渋滞の時間帯を避けることができたのは幸い。登山道にはハイカーもまばらで団体さんはいない(団体は御来光の時間には八合目から山頂あたりにいる)。

ちょうどいいペースで登り上げて5:45に八合目白雲荘。

Fujisan2011_069Fujisan2011_064Fujisan2011_060_2Fujisan2011_058

富士山ホテルで仮眠して選手を待つというおおともさんと別れ、自分は山頂往復を目指す。このあたりもまったく渋滞がなく、今日の入山時間の設定が正解だったことに自己満足。

【昨年】 御来光渋滞で嫌になる山頂直下

寝不足もあり、3500Mあたりから少しフラフラ感があるが頭痛とか高山病の症状はなく一安心。

Fujisan2011_073Fujisan2011_076Fujisan2011_087Fujisan2011_096Fujisan2011_091   

山頂到着は7時00分。このあたりも混雑が一段楽していてそれほど混んではいない。登山競争スタッフさんたちが着々と最終準備をしていた。

Fujisan2011_097Fujisan2011_109Fujisan2011_116Fujisan2011_111

お鉢の脇で休憩。このあたりも混んでいないので結構ゆっくりできた。平らな石の上で仮眠20分弱。(セルフ写真撮ったら、「寝釈迦」か「裸婦」のような微妙なポーズに笑う・・・)

Fujisan2011_104Fujisan2011_1072Fujisan2011_108_2   

   
さて、本番、メインの富士登山競争応援。八合目まで戻って応援スタンバイ。選手待ちの間にも、応援に来た知り合い数名に会う。先週の野沢温泉で併走した方もいた。やはり、今日の富士山は特別だ。

9:05前後にトップ選手が通過する。トップは宮原さん・・・小走りで駆け抜けて行くので圧巻。2位と大きく差をつけていた。

Fujisan2011v_004_2Fujisan2011v_008   

上位陣を次から次へと見送り声援を送る。スカイランナー大さんも通過し熱烈に応援する。このあたりの選手には順位や先行者との差などを細かく教えたほうが親切のようだが、なかなか機転が利かず・・・誠に申し訳ありません。

Fujisan2011v_031_3 Fujisan2011v_039_2

Y山さんも参加。スカイランナー大さんといい、「上州勢」の応援に熱が入りすぎて他のランナーに失礼な気もするが、地元上州びいきは仕方がないです・・・ハイ。

Fujisan2011v_046Fujisan2011v_055 

その後も続々と選手通過。途中、ビデオのバッテリーがなくなったりトラブルもあったが、徐々に増えるランナーにできる限りの声援を送る。

Fujisan2011_146Fujisan2011_148Fujisan2011_163 

上州人を中心に声援も忘れない・・・ ※特に面識はない方も含む。当方一方的(または知人経由)なお知り合い&ファン的な存在の方も多い(=はやく走ろう会・聖地の職人・148侍・つむじパパetc)

Fujisan2011_180Fujisan2011_185Fujisan2011v_0662Fujisan2011_214 

それにしても、皆さんそれはそれは強靭で・・・若い人が少ない(=35~60才?がものすごく多い)と感じられるのは、この競争の歴史が第64回と極めて長く、日本随一の超人レースだけに、若い頃挑戦した人たちがそのまま年を重ねて出場し続けているからなのか・・・おじさん多し。

9時に応援開始から1時間経って、10:20に身近な仲間の中でトップでHotさんが通過・・・。「本番は途中でダメかもしれない」との事前の話はまったくのデタラメで、この日は目を疑うほどの好位置で見ていてびっくりした。成績もすごいすごい。

Fujisan2011v_080Fujisan2011v_089

その後、蛙のオカピさん・・・

偶然、隣のランナーとの「被り物決戦」の様相だが、実はこちらの方は雑誌などでもお馴染みの「富士山」常連さんなので、上州の「蛙」の子は蛙だった、残念。そして、こける・・・。

Fujisan2011v_106Fujisan2011v_113Fujisan2011v_110   

出場12回目?のマカロニさん。時計をチラリと見るも、今年も無難な走りで余裕の制限時間内完走。完走記録は続くね。

Fujisan2011v_095Fujisan2011v_102

閻魔大王の地○絵図のようなゾロゾロ・フラフラと岩場を歩く長蛇の列の中にオレンジ組から新座のウルトラさんを発見し望遠で追う。

八合目関門時刻も刻一刻と迫る中、しばらく並走して励ますがいかに・・・?

Fujisan2011v_117Fujisan2011v_124Fujisan2011v_130

あれ?もう一人、オレンジ組の「上尾の酒豪」さんが来ない!五合目は通過したらしいが・・・

♪ しばらく素晴らしい眺めでお楽しみください coldsweats01

Fujisan2011_242_2Fujisan2011_246 

八合目関門下の富士山ホテルあたりでトップランナーから関門時刻(11:00)付近まで声援を送る。

天気もよく無風でおまけにガス少ないので麓の景色も最高。河口湖~山中湖などきれいで、遠くの山々も名前さえわかればもう少し感動したと思う。

Fujisan2011_234_2

仲間の健闘を目の当たりにしてますます刺激を受けた一日。五合目でまったりしたあと、急いで下山して、夜から職場の会議へ・・・これはこれで去年と同じ展開で想定内。

Fujisan2011_245Fujisan2011_251Fujisan2011_254Fujisan2011_259Fujisan2011_265_2Fujisan2011_271

<所要時間>

五合目第二駐車場→登山口3:25→安全センター3:45→七合目日の出館4:10~4:45→八合目白雲荘5:45→富士山ホテル5:55→八合目関門地点6:10→頂上7:00~7:40→八合目富士山ホテル8:40~11:10→六合目12:20

   

<振り返り>

①高速道路1,000円高速廃止は痛い。といっても、この日は金曜日なので対象外だが、高速などの経費は約3,500円(諸割引後)×往復+富士スバルライン2,000円だ。

②そんなに有料道路代金が気になるなら、思い切って「自転車」を利用したほうがいい。富士スバルラインは自転車だと200円!らしい。

◆ご参考プラン 富士スバルラインを自転車 by サイクリスト自己中心派(オレンジ組員)

※ただし、この人たちね・・・よく読むと上尾から富士吉田までも自転車で行ってる!なんとまぁ、呆れるばかり、ド○、変○、好きねぇ~

③富士山の応援といえば、富士登山駅伝(8月第一日曜日:御殿場口)を見に行きたい!!ぜひ来年こそ。

【参考】 登山駅伝 懐かしい映像  (山系ENJOY)

④登山時間的にはものすごく理想に近い設定ができたと思う

A  昼間大混雑の五合目駐車場にスムーズに入庫

B 八合目~山頂までの御来光渋滞2時~5時には重ならず、御来光も七合目でしっかり拝めた

C 山頂も落ち着きを取り戻している

D 下山は通常砂走コース利用だが、仮に上りコースを下ったとしても、昼前後であればそれほど大集団のツアー客は多くない。

⑤まずは5合目コースから参戦?→いやいや、今のところ文字通り「高見の見物」が一番で、応援が楽しい。仕事との調整もあり、残念ながら当面参戦の予定はない。

⑥真面目な話、応援の仕方が実に難しい・・・

トップ集団には順位や先行者とのタイム差、中盤は激励中心で意外と和やかムード、関門時間勝負の人は殺気立っている人もいて、関門が近いことを告げる・・・とか。ただ、それも近いか遠いかは微妙であって、麓から3000M以上上ってきた人にとってはかなり厳しいこともある。

「すぐ上が関門ですよ」とか言って、「『すぐ上』じゃなかったじゃないか!20分もかかった!うそつき!」とか後々暴動が起きたら困るので早めに誤解を解きたい。

今年も適当なことをいい、思い当たる節があります・・・お詫び

   

---------

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« ◆ついでに横手山! | トップページ | SKY ACTIVE デミオだ »

トレイルランニング」カテゴリの記事

日本百名山」カテゴリの記事

コメント

毎度お世話になります。

ご来光・雲海・快晴の青空。どれをとっても素晴らしい写真ですね。

事前の私の話はまったくのデタラメ… ではなくて、今回の結果は様々な好条件に恵まれたおかげですね。
それと、5合目より上のレース状況を知らない者にとっては、ネット上に踊る『渋滞』とか『ゾンビ』とかいう文字がどうしても強い印象として残ってしまいます。
山系さんの言う『地○絵図』とか『殺気立っている』という文字を読むと、
やっぱり経験のない人にとってはプレッシャーだと思います。

でもね、今回はその重圧のベクトルをうまく『↑上↑』向きのチカラに変えることができた結果だとも思えます。
プレッシャーがあったからこそ、最後まで気を抜くことなく自らをプッシュ出来たのだろうと思います。

永遠と続く登山道での応援、とても励みになりましたよ。

投稿: hot | 2011年7月25日 (月) 22時11分

>hotさん
富士山お疲れ様、中一日で北アルプス行ったようで・・・(人のことは言えませんが)相変わらずですね。
ビギナーズRuckというか、「初参加がベスト記録」ってことも多いですからね。欲を出さない謙虚な姿勢と気象条件も幸いしたのでしょう・・・来年は山頂コースの仲間も増えるようだし、本当の勝負はこれからですかね・・・
今年もう1回くらい富士山に行きたい・・・

投稿: 富士山系ENJOY | 2011年7月26日 (火) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆ついでに横手山! | トップページ | SKY ACTIVE デミオだ »