« 野沢温泉に向けて | トップページ | ◆ついでに横手山! »

2011年7月17日 (日)

★灼熱の野沢温泉

昨年に続き、マウンテントレイルin野沢温泉に参加。

去年、14時間過ぎてのゴール・・・なかなかの達成感を味わった一方、その中ではいくつかの課題が見えていたので今年は秘策を練ってタイム大幅更新を目指すゾ。

Nozawa2011_348

前夜22時過ぎに野沢温泉のお宿「まるじ」に到着。そそくさと荷物をまとめたり、ガサガサしながらゼッケンつけたりレース準備に余念がない・・・。温泉入り24時過ぎに就寝。

翌日4時起床予定が興奮して目が覚めてしまい、3時半から朝練へ・・・。湯沢神社まで延命地蔵を拝みに行って帰ってくるとマロンさんが朝練にいくところで見送る。

Nozawa2011_012Nozawa2011_001

5時半に第三駐車場からシャトルバスで会場入りして7時のスタートを待つ。昨年も野沢をともにした東北の知り合い「チーム229」さんにも再会できた。

Nozawa2011_022Nozawa2011_030Nozawa2011_033   

「ぴれ吉」を可愛がっていると、もうスタート時間も近い・・・大してストレッチも準備運動もできないまま、つむじ君と後方からスタートする。

Nozawa2011_058Nozawa2011_062

スタート後、5キロほどは野沢温泉の街の中を凱旋する。朝市の中を走り、応援もうれしい。前方を行くランナーのなかに「かんな」のTシャツを来たN_Drを発見、つむじ君と3人で併走。併走は毛無山直下まで7キロくらい続いた・・・。

Nozawa2011_072Nozawa2011_082Nozawa2011_088Nozawa2011_092 

再びオリンピックパークに戻り、第一セクションは林道数キロを経てようやく赤滝登山口から毛無山を目指す。

Nozawa2011_098Nozawa2011_112

◇おさらい=コース全図

http://www.trail-nozawa.com/courseinfo.html

Coursemap

滝とハシゴを越えた地点から早々とストックを突き始め、毛無山までの登山道をフラフラ登る。この辺は豪雨後で滑りやすくて蒸していた去年よりはるかに登りやすい印象だった。

Nozawa2011_115Nozawa2011_116

第一関門「やまびこ駅」エイドでN_Drに追いついた後、風ごうろの岩場の下りで激しく捻挫し、これは気合で乗り越えてひたすら下る。スキー場の下りも遠くの山々の景色がきれいで気持ちよく走れる。

Nozawa2011_126Nozawa2011_134Nozawa2011_149Nozawa2011_163 

スキー場途中で先行していたつむじ君を発見・・・「また一緒に併走」とも思ったが、そういう甘い気持ちが自分の弱点でもあるので、ここは真剣勝負で追い抜き逃げる。しかし、すぐに抜かれたが・・・。

Nozawa2011_154Nozawa2011_155   

オリンピックパークに戻り第一セクション終了。腕時計で見ると3:42・・・去年より1時間くらい速いことを実感する。昨年の一番の反省点は「エイドで休みすぎた=30分以上」ことなので、極力休まない作戦。

Nozawa2011_175Nozawa2011_180

ちょうどトップの望月選手が第二セクションから戻ったところ。

休憩8分程度でエイドを離れる。Tシャツを脱いで1500円程度と安い「TIGORA(ティゴラ)」のノースリーブに着替え、距離の割りにタフで「隠れた難所」とされる第二セクションへ備える。

この時点になると、日差しも強くなり、この前買ったばかりのラフマの日よけキャップも調子がいいぞ。一方、ぴれ吉と子どもたちも盛り上がる。<PHOTO マロン家>

Nozawa2011_188Nozawa2011_186

集落に近い第三駐車場を通過する地点で、新しいパートナー車「SKY ACTIVE」に目をやり微笑む。この苦しいレース展開の中で癒しのひと時・・・(計算どおりとはいえ)何ともまぁ小ざかしい限り・・・。

Nozawa2011_197Nozawa2011_204 

しかししかし、この頃から「想定外(内?)の暑さ」に参り始める・・・暑い、とにかく暑くて相当参る。水分も相当とっているが追いつかず、ジェルとかも口に合わなくなる。

(大きな声では言えないが)北竜湖でコースを外れて便所へ向かうと見せかけて思惑通り自販機を「見学」する。命の水のようにうまくて救われた・・・・。

Nozawa2011_209Nozawa2011_205

元気を取り戻してダート林道を踏ん張り、石段もストックに支えられ、小菅神社までの急登を凌ぐ、いや、凌げない。

途中でふらふらになり、コース上の水場(=沢)は他のランナーの迷惑になるのでコースを外れて水場を独占。飲んだり、顔洗ったり体洗ったりやりたい放題。

Nozawa2011_213Nozawa2011_219 Nozawa2011_225Nozawa2011_227

小菅神社~35km地点くらいまでの一帯は立派なブナ林ばかり・・・ということは熊も多いらしい。おまけにこの辺りから選手がバラけて単独走になる場面が多く緊張感も増す。

Nozawa2011_232Nozawa2011_236 

下りきると田園地帯に出て、用水で水浴びしたりして暑さを紛らわす、いや、全然紛れないね・・・。第二セクションで女性にたくさん抜かれた。急坂を除き多少の上り坂も一定のペースで走る粘り強さが自分とは違う感じ。

Nozawa2011_242Nozawa2011_246

第二セクション終了時は6:34で去年よりも1時間半くらい速い。今度の休憩も小休憩にしてあまり時間を費やさない作戦。

が、トップ選手(駅伝の部、そして山田琢也選手)

Nozawa2011_248Nozawa2011_257Cimg1459Nozawa2011_259

エイドはやや休みすぎて18分滞在・・・その後、灼熱地獄の第三セクションへ向かう。

スキー場ゲレンデを中心としたコースで直射日光にもろに浴び、距離も長いので疲労が極限まで蓄積された。そのため写真も極端に少ない。

Nozawa2011_261Nozawa2011_269Nozawa2011_279

途中何度もリタイヤを考えたが、苦しむためだけにここに参加・・・睡眠時間3時間程度と寝不足もあり、35キロから45キロ地点にかけてのダート道やロード登りはストックつきながら蛇行運転並みに半分寝て走ったので記憶がない。

Nozawa2011_283Nozawa2011_285_2Nozawa2011_287Nozawa2011_291

まわりの誰もが言葉を発せずにひたすら走る(ほとんど歩く)姿はなかなか奇異でもある。みんなク○暑いなか、よくやると思う。

Nozawa2011_288

水の消費が多く、スタカ湖キャンプ場で今日二回目の自販機「見学」し、やまびこ駅までの意外と長いトレイルはうっすらと霧の中。

やまびこ駅のエイドも3分ほどにして長居しないようにする。あまりおにぎりを食べる気にならず、果物中心に食べまくる。

Nozawa2011_293Nozawa2011_296Nozawa2011_301Nozawa2011_307

時刻は17:10・・・ここまで来ると残り15キロ弱で、日没時間や暗闇まではまだ時間がある。2時間あればゴールになるのではないかと期待と欲も出てきたり・・・。

樹林帯の中のトレイル・・・スキー場ゲレンデのMTBコース、ロードなど、バラエティに富んだコースをゴールに向けて走る。今年はナイトランではないのがうれしいような残念のような・・・。

Nozawa2011_310Nozawa2011_313 Nozawa2011_318Nozawa2011_321

あと数キロ・・・。「サンセットポイント」からは今日一日遊んだ山々が見事に見渡せて、ほかのランナーと一緒に眺めた。カメラも疲れてピンボケだ。

残り5キロになると、昨年とコースが変わり、スキー博物館の前のロードを通過。この辺で3度目の自販機見学。ギンギンに冷えたのが美味しい。

Nozawa2011_333Nozawa2011_340

いよいよ、ゴールのオリンピックパーク到着。本当に明るいうちに帰って来られた!マロンさんとつむじ君(1時間前にはゴール)で迎えてくれているのが実にうれしい。

しばらくして、N_Drも無事にゴールで三人衆よくやったと喜ぶ。既にゴールで一杯やっている人+顔が死んでいるランナー2名・・・・。<PHOTO マロン家>

P7170018_3P7176241   

結果的には目標どおり明るいうちにゴールできたのは大きな成果。ジュニアも一日本当にありがとうね!<PHOTO マロン家>

Cimg1475

        

<振り返り>

①燃料補給ミスによる後半のバテ減速を考えれば、まだまだあと1時間くらいは短縮できる感触。来年も出ることになるだろう・・・。

②今年はエイドのおにぎりも喉を通らず、スポンサーさん(オーマイ)のご厚意の新たな補給食「パスタ」などもってのほか・・・ひたすらオレンジを食べまくった。

③同じくスポンサーさん提供のアイス「クーリッシュ」も食べやすく、冷え冷えなのでとても助かった!

④水は7リットルは飲んだのではないだろうか・・・ハイドレーション2L×2、自販機探してさまよい0.5×3、沢の水・田んぼ用水の水をすくって飲む(30すくい?100ml×30?)

⑤ 結論から言えば、約2時間の短縮に成功。しかし、あの「灼熱の太陽」がもう少しおとなしくしていてくれたら、あと1時間くらいは頑張れるんではないか・・・来年に期待。

⑥実は、長野朝日放送(=BS朝日で後日放送)のカメラが入るのでそれが一番の目的だったりする。

⑦リタイヤしなくて本当によかった、頑張ったなぁ自分!とまた一段と成長(≒ドM度係数上昇)の一日だった。

⑧リザルトも早々に公開されているので、タイム分析(=前年自己対比 / 関門通過タイム分析 / 完走者に占める自己位置・・・とか)を改めてやってみたい。

⑨レース中に自動販売機で補給するのは実際には「グレーゾーン(またはアウト)」だということを確認しておきたい。ハセ○ネは御岳山参道でコーラ買うとアウト宣告!とか・・・

⑩大会事務局ツイッターはつぶやかなすぎ・・・もう少し有効な使い方があっても良さそうなものだけど・・・

※結局、この日も野沢に連泊して「打ち上げ」→翌日、「朝練兼朝市散策」の後は、志賀高原「横手山(2305M)」登山を楽しんだ

|
|

« 野沢温泉に向けて | トップページ | ◆ついでに横手山! »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

辛かったレースが思い出されます。。。
そういえばミスコースもしちゃったしなあ。
そしてとにかく暑さが半端じゃなかったですね。

でもまた来年も出たいと思い始めてるのが怖い。

テレビ楽しみだな。

投稿: つむじ二等兵 | 2011年7月21日 (木) 12時52分

野沢お疲れ様でした!
たっぷり楽しかったですね~リタイヤしなくて本当によかった!また一皮向けて少し大人になりましたね。マロンさんやN_Drともご一緒できてみんな素晴らしかった~!

野沢の余韻を楽しみつつ、今晩から富士山応援に行ってまいります。SKY ACTIVE車に本物のSKYを見せてやります!!
明日出走予定のつむじパパにも宜しく。

投稿: M系ENJOY | 2011年7月21日 (木) 18時21分

野沢温泉お疲れ様でした!
残念ながら、山系さんとのハンデ勝負には負けてしまいましたが、
来年必ずリベンジさせて頂きます☆
それにしても、車カッコいいですね。
納車してすぐ遠征というだけあります(笑)、
朝練中にも何回かすれ違いましたが、思わず見とれてしまいました。
期間中は、Jr達がお騒がせしました。
山系さん達の部屋に撤収のお手伝いまで行ってたとは。。。
その点については、褒めておきました(笑)
またよろしくお願いします。

投稿: マロン | 2011年7月22日 (金) 07時32分

>マロンさん
コメントありがとうございます。愛車共々無事に富士山から戻りました。
30kmのハンデ戦は今年は1位の山田さんよりも数分早く第二セクションを終えることができました。
相手選手が本調子でない中で喜ぶほど自分もダメ人間ではありません!来年は再度全力で勝負ですね?楽しい旅行?でした。またよろしくお願いします。

投稿: 車系ENJOY | 2011年7月22日 (金) 22時43分

大幅記録更新おめでとうございます!
でもナイトトレイルに入る前にレース終わっちゃったんですね…。
なんだか物足りない、私もそう思います。

また野沢参加したいですが、今年は初ロングトライアスロンに参加してました。
来年も選考次第かな~。

オススメしていただいた上州トレイルに行きたいんですが、金欠のため考え中でーす。
またお会いしたいです♪

投稿: mazi | 2011年7月22日 (金) 23時55分

>maziさん
昨年の野沢以来、ますますお元気そうでなによりです。頑張ってますね!というか若いのにまぁ・・・と感心する限りです。「楽しむ勇気を!」(by鏑木毅さん)のママのファイトです!
今年も野沢20代女子は出走3名?だったしmaziさんの昨年タイムと今の実力なら・・・ですよ。
上州にもいずれ遊びに来てくださいね。

投稿: 山系ENJOY | 2011年7月23日 (土) 05時12分

お疲れ様でした!
一人参加だったので、仲間に加えていただき楽しい野沢温泉となりました。ありがとうございます。
レースは暑さにやられてしまい、過去最高のつらさでしたが、諦めずに完走できて本当に良かったです。
今年はコースを楽しむ余裕が無かったので、来年はもっとコースを堪能しながら走れるようになって、また参加したいと思います。

投稿: のぐはる | 2011年7月24日 (日) 01時03分

>のぐはるさん
コメント有難うございます!!待ってました!
暑さにやられたとはいえ、明るいうちに完走でさすがですよ。長いレースは旅のようで楽しく、振り返れば、リタイヤせずに頑張ってよかったですね。
この日ばかりはのぐはるさんの「熱中症」「脱水」に対する医学的理性もすっかり暴走して・・・おかげで走りぬくことができましたね、万歳!今後も命を縮めない程度にお付き合い宜しくお願いします。

投稿: 山系ENJOY | 2011年7月24日 (日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野沢温泉に向けて | トップページ | ◆ついでに横手山! »