« ◇エントリーの嵐・・・ | トップページ | 過去の記録を整理 »

2011年7月 1日 (金)

碓井軽井沢 「高岩」

神流のエントリーを9時に済ませた後、天気もよくて一日予定がないので、碓井軽井沢インター近くにドーンとそびえる「高岩」に向かう。

高岩は、上信越道で軽井沢あたりを通過する時、山好きの人なら、長野から群馬へ続くやや緊張するトンネルの合い間に見えるこの巨岩壁に目が行く人が多いのではないだろうか・・・。

または、都会から連休に軽井沢に遊びにきてみたら、インターから軽井沢中心までの一本道が激しい渋滞で、そんな時に車道から見える「すげー岩山だなぁー」とぼう然と見つめるあの山・・・これで伝わるのか?(※下の写真は帰りの助手席から)

Takaiwa_2163

ガイドブックなどで以前から情報収集に努めてきたが、残る「ぐんま百名山巡り」の中でも少しグレードの高いコースのようで不安が募る。岩だけ見ると異国のような激しさが際立ち、本当にあのてっぺんに登れるのか・・・。

Takaiwa_009Takaiwa_206

東西にある登山口のうち、恩賀部落にある「東登山口」から入山。同行の山系おじさんは天然のグミの木(のグミの味)が気になるらしい・・・。

Takaiwa_022Takaiwa_015Takaiwa_013   

登山道の手前には「米軍基地単体闘争勝利碑」がある。この話、小学生の時に読んだ「群馬県の歴史365日」で見たことがある。山岳武装訓練にふさわしい立地とのことから戦後すぐに米軍基地計画があったらしい。米軍基地といえば・・・YOKOTA.?

Takaiwa_027Takaiwa_031Takaiwa_033Takaiwa_038 

登山口から岩山特有の「谷間の急登」を登り上げる。公式の道標はないが、黄色のペンキやピンク・赤テープが無数にあるから迷うことなない。この時期は藪になるので、むしろ春先や紅葉のほうが道は明瞭かもしれない。

Takaiwa_043Takaiwa_045 Takaiwa_048Takaiwa_052

稜線までの登りはあっという間、車を止めた地点からも30分とかかっていないのだろう。この時点で雄岩と雌岩の主な巨岩の鞍部に出ていることになる。思ったよりあっけない・・・。

鞍部から東の「雄岳」に向かう。と、5分ほどでこの山一番の難所と言われる鎖場に出る。いまいち写真では伝わらないが、岩が垂直(かマイナス?)で、足を置くのが難しい、また、岩と岩の間を無理して登るため、身動きが取れない・・・。これまで経験した鎖とは異色のもので、なかなか緊張した。

Takaiwa_068Takaiwa_120Takaiwa_108

ガイドブックには

『ここは妙義山系に数多い鎖場の中でも上級に属する。6箇所固定された約22メートルの鎖がチムニー状の岩壁に付けられている。最初のハング気味6メートルと最後の6メートルの直登が悪い。途中に2箇所の小テラスがあり、休息によい・・・』

とあるとおり、チムニーでハングでテラス・・・らしい。途中で握力がなくなる感じは初めてで、それだけ鎖を頼ってしまう登り方なのか・・・何とか鎖場をやり過ごす。こんな鎖がずっと続けば困りものだが、4段くらいの鎖を過ぎれば後は尾根道、あっという間に山頂に到着。

Takaiwa_092_2   

雌岳方面(手前)と奥に浅間山 すぐ真下に料金所

Takaiwa_074Takaiwa_079

ビビるオレンジと先端に立つおじさん

Takaiwa_082Takaiwa_086

ここからパラグライダーとか飛んだら楽しいだろう

Takaiwa_071_2

山頂は5分ほど、その後、再び鎖場をパスして鞍部に戻る。鎖場の下りもヒヤリとはするが、落ち着いて下ればそれほど難しいものではなかった・・・。鎖に頼りすぎてもいけない、三点確保しつつうまく要領よく下るようにする。

Takaiwa_099Takaiwa_103

鞍部から西へ雌岳を目指す。多少アップダウンがあるが、基本的に「距離のない山」なので、あっという間にいただきに立つ。どれが雌岳かはっきり分からないまま、展望を楽しんで下山。捨て縄やハーケンもあり、ザイル使用の登攀対象ゾーンも多いらしい。

Takaiwa_126Takaiwa_145

基本的にこの山には公式の道標はなく、マタギか山菜か管理かで枝道も多く、少し迷いやすい。下山ルートを確認しつつ、西登山口へ向けて下る。

カモシカ・シカ・イノシシ・クマが出そうな雰囲気がプンプンするが結局遭わずだった。

Takaiwa_150Takaiwa_169Takaiwa_163 

あっという間に林道に出て、その後、軽井沢から来る立派な道に出て終わり。駐車してある東登山口まで2キロくらいを歩く(のはずが、おじさんは登山靴で走りっぱなしだった。)

Takaiwa_193

最後、集落から高岩を仰ぎ見る・・・少し感慨深い。激しい鎖場は緊張したが、それ以外は難所は少なく、下山早々、季節を変えてまた登りに来てみたい素晴らしい山だった。

しばらくの間、上信越道を通過するたびに思い出すだろう・・・。

Takaiwa_212

<所要時間> ※駆け足気味で参考にならず

東登山口11:35→御嶽大権現11:45→鞍部12:00→鎖場12:05→雄岳山頂12:15~25→鞍部12:35→雌岳周辺12:45→下山分岐→西登山口13:10→東登山口13:30

      

<振り返り>

・雄岳直下の岩場の鎖は難所ではある。中高年ハイカーは雄岳を避けて鞍部から雌岳を中心として楽しむこともあるらしいが、できれば真の頂上である雄岳はオススメしたい。

・とはいえ、あの鎖はなかなかタフ。一説には名の知れた山々の鎖場コースより、西上州の比較的低山の鎖はある意味危険という話もある。高岩(雄岳)を目指す以上、自己責任というか、ダメなら諦めるつもりで迷惑をかけない程度に楽しみたい。

・周回コースで楽しむことができ、登山そのものは約2時間。碓井軽井沢インターから5分程度と実は交通も至便。高速の時間見てもすごく効率よく楽しめる山。

・西上州独特の岩山として、県内外のファンに愛されているらしい。くネットでもたくさん情報が集まり、近くの「山急山」「稲村山」などと一日で登る人も多い。山急も稲村も今日まですっかりノーマークだったが、高岩の鎖や山頂からの景色を体験して、このあたりの山にはまりそうな感じ。

・高いところは得意ではない、また、下が見えない鎖場は苦手の部類。ただ、「嫌よ嫌よも好きのうち」・・・。きちんと技術を身に付けてある程度を安全に登れるようになるのも興味はある。冬場のピッケルワークも同感。

・高岩の素晴らしさももちろんのこと、「西上州のドロミテ」と称される岩山「立岩」(たついわ)がある・・・ぐんま百名山の一座で、自分も未踏。こちらも楽しみなところだが、高岩と違って交通アクセスが極めて「辺鄙」なのが難点・・・。低燃費の車が届いたら、早速出かけてみよう!あっ。

嬬恋のスカイランナーさんも3月末に登られ、なかなか好印象の様子。山岳ランナーがこの手の山を登る姿を見てみたい。里山の下り激走は当然として、岩山をホイホイ登る姿はまさに天狗のようなのだろう・・・。

     

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« ◇エントリーの嵐・・・ | トップページ | 過去の記録を整理 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

立岩は、上級と記載されてますが、大したことはありません。
(高岩はこれからです)
丁須ノ頭の鎖からの頂への登り、妙義縦走が、
西上州の最難関と考えている私にとって、
高岩は興味があります。

投稿: ame | 2013年5月13日 (月) 22時14分

>ameさん
コメントありがとうございます。
立岩を上級とは記載していません。この記事で上級と書いているのは高岩のことで、それも『ぐんま百名山まるごとガイド』(上毛新聞社刊)の文中引用のままで、自分の主観ではありません。(残念ながらチキンな自分にはグレード分けなどできるはずもなく、難関ルートには全く関心がありません…)

打田瑛一さんの『藪岩魂』あたりをご覧下さい。

投稿: 山系ENJOY | 2013年5月14日 (火) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◇エントリーの嵐・・・ | トップページ | 過去の記録を整理 »