« まさかの三国川ダム | トップページ | 新靴はロックリッジ★ »

2011年8月22日 (月)

濃霧の赤城山遊び

朝から小雨模様の一日、昼前に奇跡的に雨が上がったので、新しいトレランシューズの試し履き目的で、無理して赤城山に登った。が、結果的には山は濃霧だった。

最初に目指したのは「おおさる山乃家」で、茶ノ木畑峠経由ツツジが峰尾根下山の周回ルートが理想だが、現地に着くとガス模様で、今日は厳しいことが察せられる。このルートは回ったことがないので、無理はしない。

Akagi110821_001Akagi110821_003 Akagi110821_007

真夏で藪が深くて歩きにくく、おまけに雨上がりで濡れているので長ズボンは必須。今日はスパッツも装着して万全の装備で入ったつもりだが、新品の軽量シューズは実は水には弱く、藪漕ぎだけで靴下が濡れてきた、なんだかなぁ。

Akagi110821_009_2Akagi110821_012

登るにつれて霧が濃くなり、単独でなければ問題ないのだけど、初めてのコースで熊の不安も残るので、真ん中あたり(標高1,000Mくらい)で引き返した。シカの鳴き声が多数。カモシカの雰囲気があるが目に前には現れず残念。

Akagi110821_015Akagi110821_019

やっぱりこのルートは春のアカヤシオ見物か、紅葉の時期でないといろいろと難儀だと感じて1時間程度で終了。

---   

ここまでで、新シューズの試しは十分に済ませたが、少し物足りないので、帰りの道中で赤城不動大滝に立ち寄る。前不動駐車場から往復して1時間程度だ。今冬2月上旬に凍結の滝を見に来ているのでコース的には濃霧でもなんでも安心。

Akagi110821_026Akagi110821_029Akagi110821_031 

懐かしの記念撮影ボードに思わず首を突っ込みたくなる・・・。ちなみに「名月赤城山」も「赤城の子守唄」も仕事上のお付き合いでソラで歌えますが・・・何か?

Akagi110821_032Akagi110821_034

天気悪くてハイカーもいないので駆け抜けて10分弱で不動尊を通過、沢沿いの岩場に入ると、増水の渡渉数回、危なっかしいが落ちても死ぬことはない。

Akagi110821_040Akagi110821_038

冬に来た時は雪や凍結で無難に沢沿いを登るだけだったが、夏は左岸(滝向き右手)にしっかりしたハイキングコースがあり、写真愛好家や年配者も多数訪れるハイキングゾーン。不動尊から10分程度で大滝がドーンと見えてきた。想像以上に今日はすごい。

Akagi110821_045Akagi110821_072Akagi110821_074

滝壷に人が高度感の比較ができて迫力が出るのだが、写真だとなかなか臨場感沸かないか・・・落差50Mほど、現在でも修験者が滝行をすることがある(らしい)。マイナスイオン天国に喜ぶ。

Akagi110821_076 

誰にも会わず、大滝を独占。わずかな時間で滝まで回り道した甲斐があった。これはなかなか迫力があり、水しぶきを上げて幸せな気分・・・。

            

<おまけ>

実は、不動大滝の本当の醍醐味は真冬らしい・・・。滝の全面凍結は数年に一度。凍った時は新聞にニュースが載ることが多い(らしい)。

 ◆冬場=半分凍結の様子→赤城不動大滝凍結だ

先々週、まさかの倒木で通行止めだった林道は、おかげさまで(たぶん即日?)復旧済み・・・倒木箇所前後にも似たような真新しい伐採の跡があり、何本も道を塞いだようだ。

 ◆倒木の時の様子 → 赤城山ならず

なかなかの巨木で、座りやすいイスみたいにゴロゴロしていたのが和んだ。

Akagi110821_116Akagi110821_123Akagi110821_127Akagi110821_124

----------------------    

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

 

|
|

« まさかの三国川ダム | トップページ | 新靴はロックリッジ★ »

トレイルランニング」カテゴリの記事

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさかの三国川ダム | トップページ | 新靴はロックリッジ★ »