« 濃霧の赤城山遊び | トップページ | SKYACTIVE 1ヶ月 »

2011年8月22日 (月)

新靴はロックリッジ★

おんたけ前最後の休日、朝からあいにくの小雨模様。昼に雨が上がったので午後から無理して赤城山へ登った。今日はどうしても行かなければならない事情があった・・・(まぁ別に赤城でなくてもいいのだけどね)。

濃霧の赤城山遊び

---

先日新しく購入したトレランシューズを購入した。ネットでたまたま見つけた格安5,250円。モントレイルは3足目なのでサイズも安定、楽天ポイント使って1000円ちょっとだ!安い。

◆購入モデルはモントレイル「ロックリッジ」。

Mon_011_2

当然、型落ち品(2010年2月発売)・・・流行りものに疎い山系ケチ一族にはそんなこと問題にならず。つま先部分が例の如く頼りない。酷使しているうちにペロンっと剥がれてしまいそうだが、その時はその時でいいや。

Mon_007Mon_029

数年前のトレラン雑誌やサイトを見ると、「高いクッション性とグリップ力、さらにはランニングシューズのような軽量感」がウリのようで、石川さんやら奥宮さんやらも(当時)オススメしていた一押しシューズ。なるほど、持ってみると軽いといえば軽い。ソールのゴツゴツ感は確かにモントレイルらしいや。

ちなみに、これまでのトレランシューズ使用歴はこちらにある。モントレイル2足+サロモン2足だ。別にメーカーにこだわりはないが、両社はすぐ安売りするから・・・。

◆なんでも修理の店 

---

で、月曜日に雨上がりの赤城山で遊んできた。

数時間程度だけど、雨上がりの悪路、岩場で試し履きができた。藪トレイルとスリッピーな岩場にも行ってみた結果、実際の使用感は次のとおり。赤城山の様子は別記事にしたい。

≪良いところ≫ なんだかたいした感想ではないなぁcoldsweats01

・(単に新しいからなのか)岩場のグリップ感は確かにある。「キャタピラー」と例えられるグリップの的確さはモントレイル特有の安心感があると思う。

・トレランシューズの第一人者的なメーカーの安心感・お墨付きあり

・デザイン的に悪くはない

・発売後2年経過したのでとにかく安い!安い!破格!

Akagi110821_013Akagi110821_009

≪良くないところ≫ とはいえ、別に気にするほどではない、安いからsmile

・防水機能は当然ない、全然ない、話にならないほど水が浸透する!赤城山では雨上がり後の藪漕ぎ5分でしっとり、さらに濡れたズボンを伝って浸み込む。サイドがメッシュ状になっているので軽量化の反面、水には弱いみたい。この点は使い分けが必要か。

・かかとが浅い。つま先で駆け上がったりするときにかかとが気になる。これも、ランニングシューズ系ならば仕方ないのか、自分としては違和感あり慣れるまで時間かかる。

・どういうわけか紐が短い。最上部まで締め付けると結びにくい感じ。

Akagi110821_043Akagi110821_111  

来週日曜日のおんたけは霊峰御嶽山をこの靴でガンガン駆け抜けるゾ!ただし、終盤のロード(下り7kmくらい)は、ソールが磨り減るのが心配だから代わりの靴を背負っていくか、思い切って裸足だな・・・・・・冗談、冗談。

  

<おまけ>

増水気味の赤城不動大滝。修行の場で、今でも滝行に入る修験者がいるらしいが、さすがにこんな日に打たれたら・・・だな。(落差50M・・・直下まで楽チンに行けるが写真では迫力伝わらない?)

Akagi110821_067

|
|

« 濃霧の赤城山遊び | トップページ | SKYACTIVE 1ヶ月 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濃霧の赤城山遊び | トップページ | SKYACTIVE 1ヶ月 »