« ☆山系番組 感想編 | トップページ | 濃霧の赤城山遊び »

2011年8月20日 (土)

まさかの三国川ダム

土曜日、せっかくのトレラン紀行のお誘いを渋々断り、家でゆっくり部屋の掃除・・・するはずもなく、「森林浴に行ってみない?」と誘って小雨模様の中、ドライブという名の山行下見。

昼前から関越道で六日町インターまで行き、三国川ダム経由十字峡とその先の登山口を目指すゾ。「三国川ダム」は「みくに」ではないよ、読める?

Sagurigawa_041

ダム湖の奥には丹後山から大水上山(利根川水源の碑)というマニアックなぐんま百名山が2座があり、その先の縦走路には日本二百名山の中ノ岳がある。

しかも、途中には兎岳・小兎岳もあるから、うさぎ年(年♂)である今年に登らない手はない・・・避難小屋一泊か未明強行で頑張ってグンと行けるのかどうか・・・と計画を練っている。

ところが・・・

先月末の集中豪雨で新潟の山はかなり被害を受けたことが、依然として濁流のままの河川から推測され・・・そしてなんと、3キロ先どころか、三国川ダムへの取り付き道路自体が崩落で通行止め、結局、山深い登山口など行けるはずもなかったという驚きの展開。

Sagurigawa_046_2Sagurigawa_048_3Sagurigawa_053   

麓の駐車場からロックフィルダムの堰堤まで歩いて登れる距離なので、練習がてら駆け足で往復30分。ダムの水位は低いが濁流がたまる。

ちなみに三国川ダムは平成4年に竣工という比較的新しいダムのようで、ロックフィル状の威圧感のない構造は自然の景観を(比較的)損なわず、ダム熱中人も喜ぶ。

Sagurigawa_056Sagurigawa_060Sagurigawa_071Sagurigawa_074Sagurigawa_077Sagurigawa_068

 
駐車場の便所に目をやると、災害断水で使えず、しかも、ご丁寧に登山者向けの「張り紙」がある。当面の間、入山自粛(禁止)喚起とのことで、ハイ、了解。

役所からも登山者には入山自粛を促すよう強く喚起していると地元の人からも聞き、登山道や山自体がどうなっているか全然分からないとのこと。

※この記録は平成23年(2011年)8月20日現在のもので、現地の復旧状況はその都度変わってくるかと思うが、丹後山も大水上山も中ノ岳も深い山と考えると、少なくとも来年夏まではなかなか難しいような気がする・・・十字峡とかも荒れてしまったのか?

Sagurigawa_054_2Sagurigawa_081

3つの山は9月に縦走を予定していただけに、今シーズンは絶望。それにしても、今日下見しておいて本当によかった。

同行の相方といえば、「やっぱり下見じゃないか!何が森林浴だ・・・!」と鋭いご指摘。なるほど、ごもっともですなぁ。

※ところで「三国川ダム」・・・読み方分かる人は相当なマニアですよ。群馬の秘境「(旧)六合村=くにむら」並みの難問。答えは管理事務所HPあたりから「さぐって」みてください・・・

ttp://www.hrr.mlit.go.jp/saguri/

    

<おまけ>

山行下見 その2 は・・・

上越国境のこの山は周回コースなどでなかなかいい練習コースになると思うのだが、野生動物(=クマ)がちょっと不安な気がする。現地見ると草が深いので春か秋がベストみたい。

Sagurigawa_086Sagurigawa_092 Sagurigawa_099Sagurigawa_097

◆赤谷プロジェクト ttp://www.nacsj.or.jp/akaya/index.html

   

<余談>  自分向けの教訓として記す

六日町から国道17号で三国峠越えに入ると急に眠くなり、ボーっと運転していると、前方からロードバイク集団が下ってきた。雨の中、スリッピーな路面を巧みに捉えて勢いよく下るところからかなりの腕前の様子。いくつかのトンネルもヘッデン点灯ですれ違っていく・・・小雨の中よくやるな、と。

と、三国トンネル直近のスノーシェルターで1名転倒者あり、車道にはみ出したまま・・・。仲間一人が懸命に対応しているが、道行く車にはそんな姿が判別できるのか・・・?こんなところで多重事故はマズイ。

引き返して「大丈夫ですか?」と問うと、仲間は「大丈夫じゃないです!」と言い、怪我人は意識はしっかりしているようだが、詳しい様子はわからない。

こちらもあちらも具体的にどうしたらよいのか分からずに、余計なお世話ながらも、とりあえず、(助手席の「司令塔」から指示があり)トンネル入り口で発炎筒を炊いて後続車に注意促す・・・。発炎筒なんて初めてで実際に使うとなると意外とパニックになる。

         

都心の自転車乗りと思われる集団はなかなか組織的なチーム(素人)と見えて、あとから続々と(リーダー的な)メンバーさんも到着、サポートカーが数台ついていることも知り、怪我人もトンネル入り口まで歩いてこられたのを見てから、引き継いで退散・・・。

この出来事から得た教訓は、雨の日のダウンヒル(?)や実際の自分の振る舞いがどうこうとかではなく、「瞬時にアクシデントに対応する判断力・リーダーの統率力」で、こういう冷静さは日頃から山を舞台に無茶遊びをする自分達も養わなければいけないな・・・と。

「思いやりとお節介は紙一重・・・」という公共広告機構のCMがあったが、何はともあれ、大きな事故にならずに済んだので、自分の中では勝手に納得している。

|
|

« ☆山系番組 感想編 | トップページ | 濃霧の赤城山遊び »

登山いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆山系番組 感想編 | トップページ | 濃霧の赤城山遊び »