« ★今後のレース予定 | トップページ | 情報の宝庫 ★ 県庁 »

2011年9月 2日 (金)

おんたけリザルト編

先日のOSJおんたけスカイレース2011のリザルトが今晩公開された。

早速、印刷して蛍光マーカーを持ちながら熱心に分析してみた・・・これだけで1週間は反省や次回への豊富を思い描くことができるナ。

「おいおい、リザルトの前にあなたレース自体振り返ってないだろう!早く!」という声は軽くスルーして・・・手っ取り早く結果から振り返ってみる。(本編は数日中に書いてみる)

Osj_2

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/11_sky/result.htm

関門が分かりやすいOSJ(特に「おんたけ」)の場合、関門タイムや通過順位、関門間タイム(順位)など掲載されることがあり(今回の速報版ではそこまでは未掲載)、細かく見ると今後に繋がる。

Ontake2011_129Ontake2011_267

<作業方法>

①第1関門(田の原往路)・第2関門(剣が峰往路)・第3関門(剣が峰復路)・第4関門(田ノ原復路)の各通過タイムを見て、「自分の前後5~10分」の通過者をマーク

②①でマークした人の関門推移と最終的なゴールタイム(順位)に着目する

③撮影したデジカメ写真から、特に印象に残った人(ゼッケンNo)のタイムを調べる・・・OSJの場合、背面にもゼッケンがあるのでありがたい。

Ontake2011_048Ontake2011_109

<分析の意義>

「あ~、あの時あの人について走っていれば・・・1時間も速くゴールできた(かもしれない)のに・・・惜しいことをした~」

「あの人には勢いよく抜かれたけど、後々結果を見ると自分が断然逆転しているぞ」

「滝の渋滞をすり抜けてズルして先行したあの人は結局たいしたことないじゃないか」

同じゴールタイムでも「上り得意なひと」「下りが速い人」が歴然とする場合あり

とか・・・ほとんど自己満足の世界。

Ontake2011_167Ontake2011_259    

ただ、レース結果の分析を重ねると、格好良く目立ってくるのは先行型逃げ切り(またはペースダウン派)の人よりも後発追い上げ型の人々で、自分の中で目標にしている走りがそこにあり、(一方的な知り合い・ファン的も含めて)数名が思い浮かぶ。

たとえば、桶川師匠は今回も文字通り最後尾スタートで結果的には仲間内では好タイムの8時間ちょいでゴールするのだから、余裕。また、経験豊富な女性ランナーの堅実な走りも見習いたいといつも思っている。

Ontake2011_064Ontake2011_031

相対的には、日頃から「完走者の50%以内」のタイムを目指していながら、結局、60%くらいになってしまった。これはマニアックなレースでは毎度のこと・・・。しかも、驚いたことに、ゴールタイムだけ見れば、トップの大さんが2周してもかなわないことになる。

リザルト分析から机上の空論を存分に描きつつ、実際の走りももう少し飛躍できるよう頑張りましょう、そうしましょう!

【参考】 おんたけリザルト編2009 ※初参加の年

|
|

« ★今後のレース予定 | トップページ | 情報の宝庫 ★ 県庁 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

リザルト見てると面白くて良い勉強になりますよね。

おんたけでは、「下りがヘタクソ」という明確な弱点が見えました。岩場・がれ場の下りは怖くて怖くて・・・。スキー場の下りもしんどかった!後半の下りでかなり順位を落としてしまいました。どちらかといえば後半型だと自分では思ってたのに・・・。

投稿: つむじ二等兵 | 2011年9月 3日 (土) 08時37分

>つむじさん
(人のタイムも分析する物好きタイプなんで)つむじさんのリザルト分析しましたら・・・なになに、スキー場の下りも全然好タイムじゃないですか。このペースの人たちは皆さん速いから駆け引きも大変でしょうね。
自分もよく見ると、お鉢めぐりでどういうわけか今年は2:35もかかっているのを発見してびっ栗!しました。剣が峰で暢気に写真とってたり途中で足が攣ったりしたのが敗因か・・・

※たぶんリザルトは後々区間タイムと区間順位入りのPDFになるので、そうしたらもう少し見やすくなりそう

投稿: 山系ENJOY | 2011年9月 4日 (日) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★今後のレース予定 | トップページ | 情報の宝庫 ★ 県庁 »