« 御飯岳 (おめしだけ) | トップページ | ▼半ば義務的山歩き »

2011年9月12日 (月)

林道巡り+下見行脚

15年くらい前に車の免許をとってから、峠道を巡るのが好きであちこち巡った。

山登りに夢中になったこともあり、群馬~長野の峠(新潟長野の秋山郷線・渋峠・万座峠・先日の毛無峠・島居峠・地蔵峠・鬼押し出し線・碓氷峠・入山峠・和美峠・妙義荒船林道・内山峠・田口峠・十石峠・ぶどう峠・ついでに埼玉長野の三国峠・・・)はそれぞれ複数回通過し、完全に網羅していると自信を持っていたのだが・・・。

---

月曜休みで南牧村へ森林浴へ。「平らな山道だから30分くらい歩いてみない?」と軽く誘ったものの、軽いと思ったのは以前、立岩トレランの下りコースだったためのようで、実際には60分の緩やかな上り(※地図上のCTは片道80分!)で相方は早くも機嫌損ねる・・・

しかも、沢が無数にあるから余裕くれていつもの調子で水を持たなかったのも気に入らないらしい(ごもっともか・・・うわべだけ反省)。

Nanmoku_ueno_074Nanmoku_ueno_069Nanmoku_ueno_064Nanmoku_ueno_066 

でも、威恕牟機(イヌムギ)不動の滝はさすがに圧巻で少しは森林浴らしくなり素晴らしくて喜んだ。やはり森林はいい。しかも、滝はどこか厳かで最高の気分だ。

Nanmoku_ueno_022Nanmoku_ueno_044

正直、写真だと全然高度感が伝わらず残念・・・ヒトと比べてみる。このヒトは「犬向き」より「猫向き」だと言っていた。

Nanmoku_ueno_033 

帰りに同じ駐車場から線ケ滝までも至近。こちらは観光客にも人気の名瀑。

Nanmoku_ueno_002Nanmoku_ueno_004

「線」を際立たせるためには、らせん階段を下りた間近ではなく、上の見晴台がベストスポットらしい。地元のアマチュアカメラマンの作品を見て感じた。

Nanmoku_ueno_013

その後は碧岩・大岩登山口を下見して、さらに道を奥に進んで「なんもく村自然公園」に出た。全くノーマークだったこのキャンプ場からは西上州の山々が見渡せて素晴らしい景色。ここの高度も1000Mくらいあり、立岩や碧岩がほぼ同じ高度で見えるから絶景。管理事務所の方々からいろいろ話も聞けて、遅い昼食。

立岩=左。碧岩(みどりいわ)=右。碧岩はぐんま百名山ではないが、隠れた岩山としてかなり人気が高い。大岩をまぜるとグレードも高い?

Nanmoku_ueno_0802Nanmoku_ueno_078Nanmoku_ueno_086Nanmoku_ueno_083 

その後、偶然にも「林道大上線」の存在を知る。どうやら、長野県佐久穂町に抜けるらしい。今日の今日まで、田口峠の南は「開かずの国道」で有名だった十石峠だとばかり思っていたのでこの林道に興味を持ち侵入・・・といってもきちんと舗装されているので全く問題なし。どこに出るのか分からないまま進むと、十石峠の長野側の古谷ダムという地点に出た。帰路につくにもちょうどいい位置。

Nanmoku_ueno_090Nanmoku_ueno_087Nanmoku_ueno_089

運よく、十石峠もまた通行止めはなく、比較的路面状態のよい長野側を順調に進み峠の塔から山々を見物、群馬側は矢弓沢林道(このあたりは数年前に春の山菜「見物」に来たことがあるゾ・・・)で上野村入る。

Nanmoku_ueno_104Nanmoku_ueno_091Nanmoku_ueno_115

まだ時間に余裕があり、相方が助手席で寝ている隙に山深い天丸山登山口を下見する。天丸山は平成7年の山火事の影響が残り、なかなか厳しい山いわれている(らしい)ので、準備して登りたい山。

Nanmoku_ueno_119Nanmoku_ueno_134 Nanmoku_ueno_128Nanmoku_ueno_125

夕日に映えるマッターホルンみたいな山が天丸山なのか??(調べてみるとこれは違うらしい・・・)

Nanmoku_ueno_165

神流町の役場前からは、(国道が土砂崩れで通行止めに関わらず)個人的な嗜好により高原荘経由みかぼスーパー林道を鬼石野外センターまで走破して終わり。車とはいえ走った走った。

Nanmoku_ueno_182Nanmoku_ueno_184Nanmoku_ueno_186Nanmoku_ueno_190 

スーパー林道も車は一台も通らず(18時前後)、国道に下ってから下久保ダムを西に向かう車が多数だった様子から察するに、通行止めは(当初13日復旧見込み)が今日あたり解除したのかな?それか抜け道・・・まさかあの南面かぁ?

   

<おまけ>

①南牧村制作の無料パンフレット『なんもく滝めぐりガイド』と『なんもく西上州トレッキングガイド』は分かりやすく素晴らしい仕上がり。村内各所のほか、県庁の情報コーナーで入手できる。滝はめぐり巡ってみたい感じだ。

参考 : 情報の宝庫★群馬県庁

②みかぼ山付近。シカ2頭遭遇のほか、夕方6時前後の林道は横切る動物が数匹ワクワクだった。もう少し暗くてもよかったが、こんな道はマニアしか通らないらしい。

③走行距離250kmくらいで、アップダウンに加えてクネクネの峠道を走ったにもかかわらず、平均燃費は16.5kmくらいをマーク。きりがないので燃費は気にしないが、それでも、SKYACTIVEデミオの優秀さには目を見張るものがあり、褒めてやりたい。

④おまけに群馬~新潟、群馬~埼玉北西部の峠道も網羅しているつもりでいる。新潟については、谷川岳蓬峠の「歩きオンリーの国道291号線」もチェック済み。

⑤神流町に行く予定もなく、偶然、「かんなTシャツ」を着て高原荘に乗り込んでしまったものだから・・・土産の閉館間際で「手作りかりんとう」は買えなかったが、従業員さんから「トレラン?」の厚遇を早速受ける・・・(自分は参加できないのですが)今月24-25日に試走会は高原荘も相当気合が入っている様子。これ以上気合を入れて赤字にならないのだろうか・・・?

◆神流試走会(Byマウンテンランナーマロンさん)

http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com/blog-entry-73.html

  

|
|

« 御飯岳 (おめしだけ) | トップページ | ▼半ば義務的山歩き »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御飯岳 (おめしだけ) | トップページ | ▼半ば義務的山歩き »