« ◆雨で浅間山断念 | トップページ | ★ラップタイム考察 »

2011年10月25日 (火)

神流 林道特訓だ!

今年三度目の正直で尾瀬の笠が岳に行く最後のチャンスだったかもしれない火曜日、どうも新潟方面の天気予報が思わしくなく、前夜に神流特訓に予定変更する。

神流に来るのは実に4日ぶり・・・happy02 父不見山特訓!の続き

今日のコースはレース第一関門の「西御荷鉾(みかぼ)登山口」から杖植峠(つえたてとうげ)近くの最高点「白髪山」までの約15kmの往復。

この区間は高低差はそれほどないが、走れるような走れないようなダート林道と適度に小高い山のトレイル4回?を繰り返すコースで、個人的にはここをどう踏ん張るかが後々左右されるような気がする。
      

杖植峠近くはこんな感じで紅葉きれい・・・※ここまできれいなのは部分的 maple

Shiraga_032 

帰りのことを考えて車を塩沢峠脇の路肩に駐車。こういうところに駐車するときまって厄介なことになりりがちで・・・父子ともにそれぞれ「不審車両」に間違えられて○察から問い合わせを受けた経験を持つので、今日も車内にトレランらしきき置物を置く。

塩沢峠から西みかぼ下までロード5km?はウオーミングアップ区間。

Shiraga_074Shiraga_064

11時過ぎに西みかぼへ向けてスタート。伐採された檜の香りや遅咲きのリンドウの花に癒されて、タイム計測などどうでもよくなってくる。

Shiraga_063Shiraga_061 Shiraga_059Shiraga_058

25分弱で山を下りて「みかぼスーパー林道」へ。今日は山の上り以外は全部走るように頑張ってみたかった。

合わせて、鯉のぼりの里「神流町」にちなんで新調したサロモンの鱗(うろこ)タイツとウエアの様子を見ることも忘れない。

Shiraga_054Kanna2011_051Shiraga_049Shiraga_019

レース前半の父不見山や桐ノ城山といった部分を省略したこともあり、微妙な傾斜も小走りで踏ん張れたのは大きな成果。

自分としてのポイントは、塩沢峠から森林公園管理棟までのダート林道(そこそこの傾斜になる)をいかに歩かずにいけるか・・・ムリ?

Shiraga_047Shiraga_044Shiraga_042Shiraga_040 

森林公園では5月にお世話になった管理人さんに挨拶して、その後もいろいろ気にかけていただき感謝。※MTBの侵入は許さないゾ!

Shiraga_038Shiraga_036Shiraga_030 

このあたりのダート林道は、第1回大会前の試走で何度も通ったところ。が、実際の大会ではトボトボ歩いたり攣って悶絶して大きくタイムロスした。2年ぶりの真剣ランで懐かしかった。

【参考】 神流ミドルコース試走 2009/10/20 ←書き方が毒なく素直だ 

両神山や奥秩父の山々きれい、ちょっと霞んでる。

Shiraga_028Shiraga_004Shiraga_026Shiraga_023  

14時前、白髪山に到着。西みかぼ駐車場からちょうど3時間かかっている。

父不見山から西みかぼ下が4時間として・・・足し合わせるとタイム的には何とも微妙だ。スーパーロングは第二関門「森林公園」と第三関門「持倉」が結構時間的にきついと聞いているが・・・(森林公園は昨年比30分延びたか?)

Shiraga_022

時間的に持倉下ることを諦め、次の目的地に向かう・・・同行親父は「今日はよして(やめて)戻るんべぇ」と珍しく弱気なことを言うのでニヤリだ。

次なる目的地・・・「白髪岩原三角測點」 へ。

藪が深いが、ピンクテープが多く道迷いの心配は少ないが尾根が北→東へと変わるので方向感覚が少し怪しい。

Shiraga_018Shiraga_017

5月に見た生々しい爪あと(左写真)は今もクッキリ!ガォーっannoy これだけじゃなくて何本も見られたのはよっぽどストレスたまってるんだろうか?(一説によると、南の山でトレランなんか始まっちゃったから、獣がこの辺に避難しているという話もある) 

Kasamaru_280_2Shiraga_015

スーパー林道分岐の白髪岩登山口から30分で到着。ひっそりと原三角測點。

Shiraga_012

復路は初めて「迂回コース」を通ったが、こっちは谷の巻き道で展望が全くないのが残念。踏み跡もぼちぼち(ピンクテープはしっかりある)、素直に往復「直登コース」を行くことをオススメしたい。

Shiraga_009Shiraga_008

旧中里村・下仁田方面の林道をしばらく「下見」の後、残りは塩沢峠まで9kmくらいを1時間駆け抜けて終わり。このダート林道は練習にかなり使えそう。

西に荒船山が見える。赤久縄からは安取峠に下る廃道があるらしい。

Shiraga_006Shiraga_003Shiraga_002Shiraga_045_2 

最後に役場方面に向けて車で下り、栗木平とコイコイで出来立ての「あれ」を見て拝む。

これだ、1・3 !

Shiraga_001Shiraga_077Shiraga_078

<所要時間> 参考までに「経過時間」暴露・・・ eye

塩沢峠-0:25→西御荷鉾登山口0:00→西御荷鉾山頂0:20→オドケ山入口0:45→古峠1:00→塩沢峠1:20→森林公園分岐1:25→森林公園→1:50→両神山見晴らしロード2:30→白髪山山頂2:50 ※コースはここまで

白髪山山頂2:50→スーパー林道「白髪岩登山口」 3:00→白髪岩原三角點3:30→登山口3:55→森林公園4:40→塩沢峠5:05

  

<振り返り>

①サロモン鱗タイツ好調。ついでにトライアスロンのようなピタリ長シャツもフィットしていい感じ。

②第四回(sign03)かんなマウンテンラン&ウオーク開催決定!

平成24年11月11日(日)!←来年の話すると鬼があきれて笑う・・・か

③上○食堂さん・・・2年前から気になるがどうも開店時間が毎度毎度トレラン特訓終了には合わず・・・今日こそ開いていたのを確認したら、寄る間際で閉まった・・・coldsweats02 結局、浦○屋さんで鍋焼きうどん。もちろん美味しいのだが、これぞ漁夫の利かな?fish

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« ◆雨で浅間山断念 | トップページ | ★ラップタイム考察 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆雨で浅間山断念 | トップページ | ★ラップタイム考察 »