« 稲包山(いなつつみ) | トップページ | モンブラン再放送日 »

2011年10月16日 (日)

信州紅葉ドライブ

朝起きたら雨も上がって天気がいいので、「紅葉見に行かない?」と誘って出掛けることにする。maple

行き先は信州戸隠・・・長野インターから長野市街地を抜けて最初に立ち寄ったのは飯綱高原の「ホテルアルカディア」周辺・・・?。標高1200Mくらいで紅葉がちょうど見頃だった。maple

山系 「へぇ~昼間だとこういうところなんだぁ・・・」 相方 「ナニ、昼間って?」

Togakushi_001Togakushi_007

そう、ここは信越五岳トレイルレース(自分は本戦参加ではなくてあくまでもペーサーで満喫)のゴール地点。当日は真夜中ゴールのため真っ暗で何も見えなかったので、紅葉狩りを兼ねて来てみた。maple

「やっぱり下見じゃないの・・・違う、"振り返り"もするんかいぃ!」 といつもながらの指摘・・・。

「ハイランドホール飯綱」ってどんなに立派な建物かと思ったら、スキー場というよりもゲレンデ平地のレストラン建物というシンプルな感じでびっくりした。正面にドーンと飯綱山がきれい。

Togakushi_024

ゴールゲートは明るいとこんな感じ(にシンプル・・・)、しかも最後の下りも全然広いゲレンデではなかったのだ!

Togakushi_010Togakushi_013

深夜に荷物を受け取ったりシャトルバスに乗った真っ暗な駐車場はカート(小型車)練習場になっているのよ。

Togakushi_018

その後、信越トレイルコースを逆に巡り・・・戸隠神社中社参拝と戸隠そば昼食。

紅葉の最盛期ということもあり、観光バス・ドライブ・ツーリングなど人手がすごい。戸隠神社宝光社あたりのそば屋はお昼時でどこも長蛇の列、中社まできてようやく入店できる店があった。

Togakushi_031 

時間がないので奥社までの参道は歩かず、かわりに道路の反対の「戸隠流忍法資料館」「忍者からくり屋敷」「戸隠民俗資料館」に立ち寄る。3館共通券500円/大人1人は結果的には非常に安い印象だった。

Togakushi_050Togakushi_033Togakushi_037

からくり屋敷とか手裏剣道場がなかなか面白かったゾ。

相方は忍術が凝縮された(迷路風)からくり屋敷で抜け道を探すのに秀でていたし、手裏剣道場で7発中6発命中となんとも恐ろしい腕前だった(苦笑)。自分は7中の1発・・・。

遠くに戸隠連峰の岩場が霞んでみえる。

Togakushi_039Togakushi_042Togakushi_048Togakushi_046 

忍者研究に勤しむ間に時間もなくなり北信の紅葉巡りもここまで。maple

結局、「笹ヶ峰」までは遠くて巡れず・・・日本百名山「高妻山」「黒姫山」の登山口確認も今日は「下見」できず・・・残念。

その後は高速を避けて中野市から志賀高原経由で帰路へ。蓮池あたりはガス模様だったが、一の池・琵琶池あたりは紅葉が見頃できれいだった。maple

Togakushi_059Togakushi_063

ちょうど横手山で日没を迎え、「信州サンセットポイント」であるらしい峠からは雲海に沈む夕日がきれいだった。こっちは予定外で素晴らしい景色に見入る。大勢のアマチュアカメラマンが詰め掛けていて、そっちのほうが新鮮だった。

左に見える三角の山のどれかは先月登った印象深い御飯岳だと思う・・・

Togakushi_075Togakushi_097Togakushi_087

お子様も大喜びの「スカイレーター」(天空屋外エスカレーター)は営業終了。

草津までは明るく景色を何とか見ることができ、その後国道145号で渋川へ。やるのかやらないのか話題の八ツ場ダムの取り付け道路が立派になり、草津がグンと近くなった印象だった。

<おまけ>

戸隠は忍者のふるさと?個人的にはあまり萌えないが、忍者屋敷は面白かった。戸隠神社中社近くには「チビっ子忍者村」があるらしく、盛況(かどうかは定かではない)。

http://www.ninjamura.com/

   

|
|

« 稲包山(いなつつみ) | トップページ | モンブラン再放送日 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

"振り返り"も楽しいものですよね。

戸隠へ行った過去2回は夜中だったので(笑)先週初めて明るい時間に行ってみて自分もそう思いました。

改めてレースコースをトレースしたのにはお礼参りという気持ちもあり、レース中に気になっていたけど拾えなかったジェルパッケージの切れ端などのゴミを拾って来ようかな…なんて思っていましたが、少なくとも私がトレースした奥社~中社には全くと言ってよいほど落ちていませんでしたね。

レース開催期だから、あるいはレースで使用するトレイルだから、ではなくて、おそらくはどなたかが恒常的にあの辺りの手入れをしているものと思われます。大人気のエリアであることもうなづけますな。

先週はちょうどお昼頃に(写真掲載の)奥社近くの駐車場まで戻って来られたのですが、ものすごい混雑で新蕎麦は諦めて日帰り温泉に向かいました。
過去2回のレース中も食べられませんでしたね。そもそも私は蕎麦の美味しさが具体的によく分かっていません。まだまだお子ちゃまということでしょうか?

事前に連絡をいただければ先週の混雑状況などをお伝えできていたと思いますが、結果的には楽しい旅となったようですね。

紅葉・雲海きれいです。

投稿: hot | 2011年10月18日 (火) 01時39分

>hotさん
反応していただきどうもです。
ゴール地点はそれはもうびっくりなこじんまりとした建物でした。それが大興奮のゴールになるのは110km走破した最後の地点だからなのか!(単に深夜で真っ暗だからなのか?)。沢木耕太郎の『深夜特急』のような展開でした。

戸隠はやっぱり趣あるところです。深夜徘徊だけではもったいないです。自分が頂いた新そばは細めで歯ごたえイマイチで量も多かった。そういう蕎麦なのかはグルメではないのでわかりませんがおいしかったです。混雑はすごい、群バスの「紅葉ハイキング」が6台くらい駐車してたし、群馬ナンバーも多かったです。

戸隠山はこの前に稲包山で出会ったおじさんも「西岳は登り応えある」と話してましたが・・・あの辺は自分は未開の地です。

レース地"振り返り"で少しでも地域活性化に貢献できればいいのですが、宿泊するわけではなし、グルメでもないし基本ケチだし・・・こんな毎日ですよ。


投稿: 山系ENJOY | 2011年10月18日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲包山(いなつつみ) | トップページ | モンブラン再放送日 »