« 西上州の紅葉ほか | トップページ | 1月は房総館山へ »

2011年11月 6日 (日)

神流MR ★ ペア走

興奮冷めやらぬうちに即日ブログ更新だ、それ!

---

神流マウンテンラン&ウオーク「スーパーロングペア」の部に参戦。橙(=オレンジ組)と緑(上州山楽走)のコラボレーションで「仲良し組」結成なのだ。

今日は自分1人ではないのでそこそこ真剣に望まなければならず、無我夢中の50kmであっという間に8時間ちょっとでゴール。

レースが終わり、ゴールで充実感いっぱいで泣きそうになった、いや感無量で泣いた。勢いでもう1周くらい走りたいな・・・!?

Kanna_pair2011_0561_2Kanna_pair2011_079

さて、心配された雨もなんとか朝には上がり、星も見えるような感じだったのはものすごくラッキーだった。

「股」につけているこれは「金○隠し?」「目のやり場に困るよ」とあちこちからお褒めいただいたが、一応、シール貼付済みの「ゼッケン」も兼ねていますが、何か?gawk

早朝から「危険な火くぐり」をするかのような地元名馬?「ぐんまちゃん」だ・・・

Kanna_pair2011_009Kanna_pair2011_010

6時に父不見山に向けてスタート。山楽走・オレンジ組、その他知り合いが多く、先月の川場の上州武尊山スカイビューに続いてまたしても校内マラソン大会のようなアットホームな雰囲気。

スーパーシングル創設のせいか、ロード部分のペースがいきなり速くてびっ栗!そして今日は最初から最後までACバンタムさんペアに引っ張ってもらった。

Kanna_pair2011_018Kanna_pair2011_026

☆親父が撮影していたビデオから・・・スーパーロングスタート500m地点。(ナイトモード撮影で見にくいので、ぜひフルスクリーンでご覧を・・・)

坂丸峠あたりでは雨も完全に上がり、低い雲のうえに映える山々の景色もきれい。なるほど、景色を楽しむことの大切さを知る。

計測していた心拍計の最大値158でアラーム設定していたが、この辺から1~2くらいオーバー気味でピーコピーコ鳴る。相方は状況が把握できてペースの目安になると言ってくれるが、いくらなんでもうるさいので設定をきる。

レース全般で事前打ち合わせどおり150~160ちょいで抑えることができ、結果的には「低心拍作戦」は大成功だったろう。

Kanna_pair2011_030_2Kanna_pair2011_029 

ピークを越えて父不見山通過は1時間20分。当初目標の1時間30分より速く、自分としても順調に来ている実感がする。雨もすっかり上がり、南に見える武甲山や二子山・両神山の景色、北は赤久縄やみかぼがきれいだった。

Kanna_pair2011_034Kanna_pair2011_036

山頂からはひたすら下り、生利のエネオスでトイレを借りて体を整えて、役場前を2時間ちょうどで通過。これも試走時より20分も早く、想定よりも10分は速くていいペース。

メインストリートにはロング通過後も大勢の町民が応援に出ていてくれていてこれはうれしかった!

Kanna_pair2011_037Kanna_pair2011_040Kanna_pair2011_050

群銀からシエステ(老人ホーム)前をとおり若御子尾根へ。シエステ私設エイドの梅がすごく美味しくて力が湧く。この辺からはロードがあったり林道があったり傾斜の変化に富むためか、少し足が重くなる。

この際、前半で父不見山を周回してきていることは忘れて、「自分達はロングなのだ!」と暗示をかける作戦をたてるも・・・ほとんど効果なし。

Kanna_pair2011_067Kanna_pair2011_068Kanna_pair2011_072Kanna_pair2011_075

スーパー林道出会いで走ろう会のS田さんの応援を受ける。同時に、西みかぼから下ってくるところにロングクラスのおひさまS藤さんやしのっ茶の姿が見え、追いつくゾと励みになる。

第一関門西みかぼ下駐車場に3時間35分到着。予定の4時間より大幅短縮。

Kanna_pair2011_078Kanna_pair2011_082Kanna_pair2011_085Kanna_pair2011_087

エイドで「ラッキョウ」をどういうわけか15個くらいいただいてお腹がすっかり酸っぱくなったところでみかぼを目指す。振り返る景色も最高。気候もちょうどいい。

Kanna_pair2011_090Kanna_pair2011_098Kanna_pair2011_100 

山を下って「みかぼスーパー林道」に戻り、そこからオドケ山・古峠の山を軽く越えたりして、森林公園までの林道(一部ダート)が続く。

ここを頑張ることは今日の課題(永遠の課題?)なので、励ましあいながらそこそこ耐えて走る。心拍管理は非常に難しいが、ペアでいると原動力になるので、1人で走るよりは踏ん張りがちがう。

Kanna_pair2011_110Kanna_pair2011_113

後ろからウルトラ族のACバンタムさんペアに追い上げられて森林公園手前で抜かれる。ウルトラの健脚ペアらしい林道の粘り強さが素晴らしい。

(先を行く黄緑はロングクラスのはまちゃん)

Kanna_pair2011_120Kanna_pair2011_122

みかぼ森林公園には、待ってました!熱血おじさんがスタンバイ。予定時刻どおり11時に到着でおじさんも大喜びしてくれた。

おじさんはいつもながらのハイテンション発揮で・・・あまりの饒舌ぶりにちょっとお疲れの僕らは苦笑・・・ちょっと話についていけずごめんなさいね・・・。

Kanna_pair2011_127Kanna_pair2011_129Kanna_pair2011_131_2Kanna_pair2011_135     

第二関門から先はとりあえず白髪山まで1時間を目指す。このあたりからロングやスーパーの知り合いと遭遇することが多くなり、後方から写真撮ったり楽しむ。

Kanna_pair2011_138Kanna_pair2011_143Kanna_pair2011_144Kanna_pair2011_140

白髪山も予定時刻12時過ぎに通過。ボランティアに来ていたハセママに会う。

さぁ、あとは下り。まず30分先の持倉を目指す。フカフカのトレイルもちょっと足が重くて思うように走れない・・・大腿四頭筋が喜ぶ。

つむじ君母に挨拶したり、お馴染みの登山ザックの方を追いかけたり。

Kanna_pair2011_147Kanna_pair2011_150Kanna_pair2011_153Kanna_pair2011_157 

持倉手前で山楽走とオレンジ組の楽しそうな方々と会い談笑。そのまま持倉合流。

お蕎麦1杯のみ食べて花豆を数個いただき、ここに長居すると癖になるので・・・後ろ髪引かれる思いで早々にあとにする。このあたりから雨が強くなってきた。

Kanna_pair2011_158Kanna_pair2011_166Kanna_pair2011_171Kanna_pair2011_172

最後10kmで6時間53分・・・欲を出して8時間を切るのは逆算するとちょっと難しくなってきた。安取峠エイドを経て、バンタムさんペアに再度追いつき、その後は千軒山に向けて樹林帯をペースよく進む。

鏑木さんからのメッセージ「ゴールの姿をイメージして!」が、ネガティブな自分には「ゴールしなかった時の悔しい姿」をイメージしてしまい・・・やばいやばいと駆り立てられる感じ?

Kanna_pair2011_173Kanna_pair2011_175Kanna_pair2011_179Kanna_pair2011_181

千軒山を越えて激下をパスすればあとはゴールも近い。

黒田の集落に出て、最後の力を振り絞って国道を走り、信号を右折してゴールへ。

Kanna_pair2011_190Kanna_pair2011_192Kanna_pair2011_193Kanna_pair2011_202

8時間10分で無事にゴール。速報で部門順位確認したらなかなかの好成績で自分達に拍手したい気分だった。お疲れ様。

ゴールイメージ写真 ※下の写真はロング版即席「橙と緑仲良し組」か?

Kanna_pair2011_243Kanna_pair2011_241Kanna_pair2011_276

  

<所要時間> タイム

スタート(0:00)→父不見山(1:20)→役場前メインストリート(2:00)→西みかぼ山エイド到着(3:35)→林道→みかぼ森林公園(5:00)→白髪山(6:05)→接待王国持倉(6:35)→雨にもマケズ安取峠(7:10)→千軒山(7:50)→ゴール(8:10)

<振り返り>

①ペア50kmの今回は二人組ということで、走力やや劣る自分が足を引っ張らないように事前の試走から本番まで今までにないほど真剣に挑んだ。

その1 父不見山特訓  その2 神流 林道特訓だ!

②その結果、1人なら歩いてしまうところも踏ん張れたし、終始退屈することなく楽しめたのは成果。

③揃いの「鯉のぼりタイツ」とウエア・キャップは併走選手や応援の人にも好評。兄弟?双子でしょ?と何度も言われたので苦笑・・・この日のために新調したので、どうせなら来年もこれでペア結成かな。来年は24年11月11日開催ともう決まっているらしい。

④トレイルレースが各地で開催される昨今、何となくどのレースもマンネリ感が否めないので、こういった「ペア部門」(※離れてはいけないルール)や「チーム対抗」(※5人くらいでこちらも離れてはいけないとか)が次なる人気となるのではないだろうか?ペア走は魅力ですよ、実際。

⑤表彰式の様子

A スーパーロングペア優勝のマロンさんとちっちゃい監督。

Kanna_pair2011_2172Kanna_pair2011_215

B 知り合いの女性陣の活躍目覚しい!おめでとうございます。

Kanna_pair2011_227Kanna_pair2011_262_2

C 閉会後、実行委員会の方に頼んでアナウンスしてもらい、去年同様に鏑木さんを囲んで集合写真・・・あれ?人数少なくない?(写真はkokoyanさん)

Kanna_pic2011

【参考】

神流マウンテンラン&ウォーク 公式ホームページ ※近日リザルト公開

http://kanna-mountain-run.com/  

⑥神流で今年はお終い・・・しばらくレース予定がなく、「目標」がなくなってしまった・・・これは非常にマズイ

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

     

|
|

« 西上州の紅葉ほか | トップページ | 1月は房総館山へ »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

目標達成おめでとうございました(パチパチ)
お揃いのウェアがとってもお似合いで、素敵ですね!
海外ブランドは丈が余ってしまう(チビ)ので、手がでません。
「橙と緑仲良し組」の皆様には、暖かい応援をいただいて嬉しかったです。
帰りのお風呂で「橙のお嬢さん」と一緒になり、ダイヤモンド富士のお話を聞かせていただきました。
その後、しっかり「ハリックス」貼りました。

投稿: こぽち | 2011年11月 7日 (月) 05時37分

僕らも違う「緑と橙の仲良し組」で完走しました。
黒沢組の皆様と楽しいレースが過ごせてうれしかったです。
しかしレース後この記事を書くあなたには本当に脱帽。

投稿: GOTTI | 2011年11月 7日 (月) 12時25分

>こぽちさん
いやはや・・・スーパーロングお疲れ様でした。自分達は目標だった去年のこぽちさんペアのタイムを上回ることが出来ましたが、シングルの今年はさらに7時間台まで加速ですか!
ゴールまで一度もお見かけできず、ただただ応援のお連れの方から伝え聞く情報では5分前→10分前→15分前と徐々に離されたみたいで、最終的には20分差がついてしまいました。
気がつけば期待通りの表彰台(それも総合)とは恐れ入りました!(まぁスタート前から恐れ入ってますがね・・・)。
ますますご活躍を応援しています。

>GOTTIさん
無事完走お疲れ様でした!調整不足とはいえ、仲良く完走で神流満喫ですね!
ツイートされてたようですが、「山楽走」シールは剥がれやすかったようで僕は7枚拾いました。会場で4枚コースで3枚拾いました!
父不見山下の林道にすでに1枚落ちていたということは、先行のつむじ君?まさかマロンさん??

投稿: 神流系ENJOY | 2011年11月 7日 (月) 17時20分

山系さん、お疲れ様でした。速攻のブログ更新、さすがです。また、スーパーロングのコースも手に取るようにわかるレポートで、次はスーパーロングに出てみたいな、と思いました。私も、あこがれの神流に出走でき、あんなに楽しく走れたこと、とてもうれしく、誇りに思います。又お会いしましょう。

投稿: 萩原 | 2011年11月 7日 (月) 19時40分

萩原さん>
奇跡的にお会いできて光栄でした。
神流を存分に満喫されたようで何よりです。単に「トレランで地域活性化!」と言っても、実は年々「継続していくこと」のほうがもっと大変でしょうね~。
第3回開催前から次回4回大会の開催日が決定しているところが神流町らしいです。
ぜひ来年はチームでペア参戦してみてください!

投稿: 神流系ENJOY | 2011年11月 7日 (月) 23時01分

山系教授お楽しみさまでした。
我々の写真をたくさん載せていただき
感謝であります。
最後引き離されましたが、デッドヒートは
とっても楽しかったです。

で、ナンバーカードで隠したってことは
タイツの下はノーパンでしたかな(笑)。

投稿: ACバンタム | 2011年11月 7日 (月) 23時59分

>ACバンタムさん
お楽しみさまさまでした!
本当に赤い人達が先行したり捲り上げてくれて自分達には刺激になりました。「先達はあらまほしきことなり(徒然草)」です・・・。

それに、(何度も言わせてもらいますが)初めてバンタムさんと出会ったのが2009年の第1回大会前に黒沢組のロング試走同行で西みかぼ山まで行った時だったので、今回も偶然にもみかぼ山頂ですれ違った時はさすがに感動しましたね。

本題のノーパンの件ですが、つむじ君ご推薦の水着パンツが快適でした!相棒はノーパンでレース後の駐車場での着替えがかなりきわどくて笑いました。ただ、水着パンツは後方から見るとかなりラインが出ていることが写真でもわかりました、はて、困りましたねぇ。

ちなみに館山若潮マラソン検討中です。11/10締め切り。

投稿: 神流系ENJOY | 2011年11月 8日 (火) 00時40分

お疲れ様でした!
父不見が後半に効きましたね・・・(笑)
武尊よりこっちの方がきつかったなあ。

お揃いのウェアが目立ってましたね。かっちょいいです。

「島崎さんてかっこいいよね」とうちの母親が言ってましたwww

投稿: つむじ二等兵 | 2011年11月 8日 (火) 07時54分

気合もウェアもバッチリでしたね!
タイツの下の謎が解けてスッキリしました(笑)
しかしお2人とも細すぎ~~~!!!

神流も無事に終了いたしましたので、今度はゆっくり山系エンジョイしたいですな。

投稿: 新Get’s | 2011年11月 8日 (火) 15時20分

山系さんのマジな走り初めて見れました~。
お二人のそっくりな後姿と、息のあった足の運びに、「お~ショッカーだぁ」と感嘆の声あげてました。(おっと年代がわかる)
気合いに圧倒されました。(ちょっとは影響受ければいーんですけどね)

山系さん見習って、自分なりのタイム計算してたんですけど・・やっぱり私はお楽しみ優先でした♪ 

投稿: しのっ茶 | 2011年11月 9日 (水) 01時50分

>つむじさん
本当に父不見山が効きました!大腿四頭筋あたりが林道で攣ったり・・・ペアのSさんと同じポイントで同じ症状がでるので笑いました。林道小走りから緩い傾斜の上りトレイルには入るあたりで「注意注意」で心掛けました。
    
ロングクラス出場の親父の背中を追いかけていたのですが、文字通り「父見ズ」の結果でした・・・。親父はレースごとに健闘で偉いですなぁ。
  
お母様の言葉には何だか照れますが励まされます!すごくうれしいです!
「かっこいいのは親父譲りだぜぃ」と伝えておいてください・・・(あ、そこは笑うところではありませんよ~!!)happy02
ファイミリー共々宜しくお願いします。


>新Gets!
入賞おめでとうございます!今回ばかりはライバル山楽走野郎どもの息の根を完全に止めてしまいましたな・・・impact

ちなみに、オレンジ軍の新人「かすかべさん」はあと数秒で4時間台という凄まじい成績でした!
埼玉県人は都会かと思っていたら意外と山岳民族でしたね・・・ララムリ知っている?。
上州山楽走埼玉支部活動も再開お願いします。

山歩き復活・・・時期的に高山は厳しいけど、冬こそ里山、そしてスノーがありますゼ!スノー!!snow スキー・スノボではないのが渋いけど・・・ワカサギだったりして fish


>しのっ茶さん
お疲れさまでした!神流はロングが盛り上がりの中心で、スーパーロングなんて勝手に後ろ~のほうで自己満足に走ってるだけかと思ってましたら・・・沿道の応援も意外と残ってるし、エイドで多少品切れはあるけど遠慮なく食えるし・・・楽しかったです!

スーパー林道の丁字路でみかぼを下ってきたしのっ茶ほかを目撃してかなり元気をもらいペースアップしました。森林公園あたりで抜けるかと思っていたのに・・・持倉まで離されたのはオレンジの人たちも含めて御嶽山の山神様が後押ししてくれていたのでしょう。

タイムはね・・・通過タイムはほぼ予定タイム5分以内と計算どおりでした。ゴールタイムが30分速かったというのは最終的には当初の計算が間違っていた?みたいだ。

ボク、珍しく真剣な顔してたでしょ?かっこよかったなぁ自分・・・heart04

投稿: 神流系ENJOY | 2011年11月 9日 (水) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西上州の紅葉ほか | トップページ | 1月は房総館山へ »