« 神流★清掃登山だ | トップページ | 『群馬県の山』 目指す »

2011年11月21日 (月)

西上州 日暮山+α

晩秋の西上州、日暮山(にっくらやま)へ・・・ぐんま百名山巡り大詰め。

以前から気になる山で、山頂からの展望を期待して、夏場は避けて晩秋から初冬に登るべく計画を練っていた山。

ガイド本によると、三角錐のこの山は地元では古くから「矢川富士」と呼ばれているらしい・・・。

Nikkure_takaiwa_003

そして今日、朝から天気がよくてぽかぽか陽気と最高の展望も期待される。何とも恵まれたラッキーな休日。さらにうれしいことに、下仁田の国道254から和美峠の道を進むにつれて紅葉がまだ見頃であることも重なり期待感がかなり増す。

先日の下見で様子がわかっているので、目当ての駐車スペースに駐車して8時半に入山。

Nikkure_takaiwa_005Nikkure_takaiwa_010

この山は上信越道の「日暮山トンネル」の工事に使った林道(なのか定かではないがかなり整備されている・・・)が山深いところまで続いていて本当の登山口はかなり標高を上げた地点だった。

Nikkure_takaiwa_014Nikkure_takaiwa_022Nikkure_takaiwa_023Nikkure_takaiwa_025

昨日の清掃登山のクセが残り、歩いていると「ゴミ」に目が行ってしまう。この手の林道には作業ゴミが多く、昭和の空き缶や作業用具の空き容器多い。拾って来られなかった自分もまだまだ未熟だ・・・。

Nikkure_takaiwa_019Nikkure_takaiwa_008

ほとんど登山らしい登山をしないまま、「ここから急斜面」の看板から先は久しぶりに経験するようなかなりの急登が続く。「急登」ではなく「斜面」の表現に手強さを感じた。

Nikkure_takaiwa_033

といっても、道が不明瞭なわけでもなく、滑りやすいが大量の落ち葉でフカフカでもあり楽しく、20分程度で稜線に出るとをそこは山頂。

Nikkure_takaiwa_037Nikkure_takaiwa_039Nikkure_takaiwa_055Nikkure_takaiwa_054 

山頂からは眺める浅間山は珍しく雲を被らず絶景

Nikkure_takaiwa_044

遠景には鼻曲山・王城山・高間山・榛名山・赤城山・筑波山まで見えて大満足。南には神流の山々~神津牧場~物見山、八ヶ岳とか。

眼下には上信越道の橋梁が見渡せ、その奥に高岩(まさか午後に登ることになろうとは・・・)

Nikkure_takaiwa_048

復路は足早に鞍部まで下り、その後は予定を変えて「下山」(しもやまではない)と書かれた標識方面に下り、少し迷いながら林道の看板分岐点に出る。この間はちょっとわかりにくかった。

Nikkure_takaiwa_063Nikkure_takaiwa_034Nikkure_takaiwa_066Nikkure_takaiwa_071 

駐車場について時計見るとまだ10時半(入山は8時半ばから賞味2時間)。
ちょっと物足りないので、近くの御場山を下見する。こちらのお椀形の山もなかなかの山のようで次回に期待。

Nikkure_takaiwa_072

---

午後は最寄の名山「高岩」で岩場に挑戦して遊ぶ。鍛えられる鎖場は苦戦するが面白い。そして、迫力ある岩峰群は達成感アゲアゲだった。

Nikkure_takaiwa_152Nikkure_takaiwa_082Nikkure_takaiwa_088Nikkure_takaiwa_119Nikkure_takaiwa_135Nikkure_takaiwa_132 

高岩山頂からは碓井軽井沢ICと中央に見える日暮山・・・なるほどプチ富士山のようにきれいな山だ。

Nikkure_takaiwa_111

裏妙義方面 紅葉がモコモコときれい

Nikkure_takaiwa_100 

午前は日暮山、午後は高岩とふたつの名山を満喫して、最後は碓氷峠の力餅でしめて終わり。3時過ぎには自宅に戻れたのでなかなかの充実。

Nikkure_takaiwa_148_2Nikkure_takaiwa_155

<所要時間> ※時刻

日暮山登山口(浄水場先の道路わき駐車)8:30→林道最後から登山道分岐9:00→山頂9:25~40→駐車スペース10:25 

高岩登山口11:15→雄岳・雌岳分岐鞍部11:35→山頂11:55~12:05→鞍部→浅間のぞき12:30→下山分岐→車道13:05→高岩登山口13:15

   

<おまけ>

日暮山は麓で見ると普通の山に過ぎないが、高岩とか離れた地点から見るとなるほど三角錐が美しくて「富士」といわれるだけのことはある。

高岩は岩場多く、山頂付近のヤセ尾根は霜や凍結・積雪ですべりやすくなるので冬期や雨上がりは自粛。晩秋の今日がギリギリだった感じ。

力餅の元祖「玉屋ドライブイン」・・・12月5日(月)のBS-TBS『うたの細道』で碓氷峠旧道紀行が放送されるらしい。

ぐんま百名山巡りも93座まで来た。残りは景鶴山・大水上山・丹後山・錫ケ岳・平ヶ岳・笠が岳・天丸山の7座でいずれも手強い。今年度はもう終わりか、頑張って近いうち天丸山に行けるかどうか・・・霜・雪でダメかな。ちなみに笠が岳(尾瀬)は今年2度行って失敗・・・wobbly    

冬場の低山歩きとして新しい課題を策定中・・・

【参考】 『群馬県の山』の本

↑ぐんま百名山重複分を除き、まずこちらを全部登ろうと思う=意外と少ない

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

|
|

« 神流★清掃登山だ | トップページ | 『群馬県の山』 目指す »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神流★清掃登山だ | トップページ | 『群馬県の山』 目指す »