« 続・流せるティッシュ | トップページ | 西上州 日暮山+α »

2011年11月20日 (日)

神流★清掃登山だ

満を持して「上州山学掃④」に参加。今回も舞台は祭りのあとの静けさ漂う神流町とし、西御荷鉾山周辺(※禁猟区?)にて活動する。

清掃登山に参加された皆様お疲れ様!

Kannaseisou_026

日曜の朝、昨日からの雨も上がり快晴、熱血おじさんと合流してワクワクしながら富岡ICから神流町に抜けるマニアックな峠を通って10時ちょうどにみかぼ高原荘に到着してみると・・・

何だか不思議な雰囲気が漂う、ホント。何やら、昨晩は激しく beer happy02beer coldsweats02 beer shock だったそうで・・・写真右で座り込んで頭を抱え込んでいる方もどこか気分が優れない様子で・・・

Kannaseisou_004Kannaseisou_008_2

宿泊組との温度差を感じつつ、ただでさえハイテンションな熱血おじさん(※夜勤明け)含め新参2名同行で清掃登山を楽しむ。

紅葉もまだまだ見頃で、部分的に楽しめるところも多かった。

Kannaseisou_010Kannaseisou_018Kannaseisou_029Kannaseisou_034

「張り切って清掃登山!」といっても、今年春の父不見山のゴミ収穫と比較すると、こちらの地域は度重なる清掃の成果なのか、圧倒的にゴミは少なくてやや消化不良気味・・・

それでも、ココアさんから神流のマニアな登山コースを聞いたり、「山の由来」をしっかり学び、山学掃の「学」に努めることも忘れない。

Kannaseisou_039Kannaseisou_0462

宿泊組の体調も回復してきたところで、当然西御荷鉾山まで登るとそこから眺める北側の展望は最高だった。これまでで一番のビューかも。

展望よすぎて遠景の写真を撮ることも忘れた・・・

荒船山~妙義山~(浅間は雲で見えず)~鼻曲山~浅間隠山~榛名山~小野子・子持~上州武尊~赤城~~手前にはGOTTIさんの山名丘陵や観音様・鏑木さん特訓の地「群馬県庁」とか  

Kannaseisou_049Kannaseisou_050Kannaseisou_058Kannaseisou_063 

さて、それにしても、なぜ西御荷鉾山頂にはあれほど多くの「輪ゴム」が落ちているのだろうか?しゃがみこんでいる図はみんな輪ゴム隊だ!

お弁当に括られていた輪ゴムにしては数が多すぎる。団体さん皆が輪ゴムを飛ばした感じだ。推測するに、ハイカーが輪ゴムの箱をひっくり返して置いて行ってしまった?(そういう状況がイメージできないが・・・) またはゴム鉄砲で争ったのか?

「輪ゴムが湧き出てくる(そんなはずはない)」「こいつ動いている(二日酔いか?)」「オレには見えない(老眼か?)」 とにかく謎を解きたいなぁ・・・

Kannaseisou_064Kannaseisou_066

一般ハイカーも賑わう山頂で記念撮影。ポカポカ陽気の空の下、展望もいいし、ゴミを拾って身も心も「山も」きれいだし、皆さんいい笑顔が印象的。

大会記念の白Tシャツ・・・「神流 Collection, 2012 Winter」はどうかな?いけてない?モデルがダメ?

Kannaseisou_0701Kannaseisou_078Kannaseisou_067_2

最後は大会コースどおり林道まで各自下山して、高原荘まで往路を戻り今日の清掃はほぼ終了。

南側の展望も父不見山~両神山・・・きれいだ。

Kannaseisou_083Kannaseisou_086

今日の収穫

①努力の結晶「お宝」 

②参加費も払ってないのにおもてなしいただいた昼食(山賊鍋とおにぎりとか)・・・ご馳走様でした!

Kannaseisou_090Kannaseisou_092

<所要時間>

みかぼ高原荘発10:30→みかぼ下駐車場11:10→西みかぼ山頂11:50~12:10→林道12:30→みかぼ高原荘着12:45

   

<おまけ>

①帰りの自由行動で立ち寄った「山学掃の『学』in上野村」の様子。

道の駅上野の道路反対にある蕎麦屋の脇にある見学無料の「森林科学館」にて・・・実にリアルで面白かった。

Kannaseisou_099Kannaseisou_102Kannaseisou_0982

②上野村経由の目的は相方の「森林セラピー」の申し込みの予定だったが、これは狩猟解禁とともに今期はセラピー終了とのことで残念・・・。いろいろ調べてみるとセラピー基地・セラピーロード・セラピー弁当など「セラピー尽くし」らしい・・・う~んこれは興味深い。

というか、「山系一族の山歩きでは"セラピー"にはならないよ!」とは相方の弁・・・なんとなくわかる気がします、ハイ。down

上野村森林セラピー http://user.uenomura.ne.jp/ueno7072/sinrin_therapy/

③塩ノ沢峠はあえてトンネル通らずにマニアな旧道経由で、熱血おじさんの今後の山行のために天狗岩登山口下見、桧沢岳登山口下見、その後南牧で四ツ又・鹿岳(かなだけ)登山口下見をして帰る。いずれも、来春アカヤシオあたりが楽しいかな・・・。

Kannaseisou_103Kannaseisou_107

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

     

|
|

« 続・流せるティッシュ | トップページ | 西上州 日暮山+α »

★上州山楽走★」カテゴリの記事

コメント

清掃登山お疲れさまでした。山系御一行様での参加でしたね。
翌日の日暮山も熱血おじさんとご一緒されたのでしょうか?
日曜のお昼、山賊鍋に舌鼓を打ちながらの会話の中で『ミカボノサンゾクアメ』という言葉が熱血おじさんの口から飛び出したのには驚かされました。
昔、よくウチの祖父から聞かされていたものですから… というかウチのじいさんの造語かと思っていました。
漢字で書くと『御荷鉾の山賊鍋』ではなくて『御荷鉾の三束雨』です。
詳細は検索していただくことにして、近年は気候が変わってしまったせいでしょうか、自分は今までにその方角からのスコールに遭った記憶はないんですよねぇ…

投稿: hot | 2011年11月22日 (火) 01時23分

>hotさん
飲み会お疲れ様でした!清掃は・・・でしたね!

『ミカボノサンゾクアメ』・・・そんな話が熱血おじさんと交わされていたとは知りませんでしたし、飴?の話も都会育ちの私は知りませんでした。

早速検索してみましたらなかなか興味深い話でナント書籍になるほどのネタじゃないですか!不肖、運動会の団構成が「赤城団-榛名団-妙義団-御荷鉾団」と、群馬県にしては数少ない「御荷鉾団」構成員(普通は四つ目は「浅間団」が多い)でしたのに、みかぼ雨のことは無知でした。

ちなみに、翌日の山行はお察しのとおり熱血おじさんと連チャンで山歩きでした。天気よく楽しい山登りに、夜勤明け清掃登山以上にスーパーハイテンションなおじさんは幸せそうでした。トレラン練習並みのペースでもへっちゃらでした。頼もしい人です。

投稿: 清掃系ENJOY | 2011年11月22日 (火) 22時24分

山系さん

清掃登山お疲れ様でした!
ノベルティのご協力ありがとうございました。
当日は、
すれ違いでゆっくりお話出来ず、すみませんでした。
「輪ゴム」の話。
とても気になりますね(笑)
私も謎が知りたくなりました。
何か分かったら、また教えて下さい。
よろしくお願いします☆

投稿: マロン | 2011年11月25日 (金) 20時36分

>マロンさん
神流清掃登山楽しみました!前夜祝勝会も大盛り上がりだったようで・・・また、渋川駅伝連覇もさすがですね~!
次回、1月末の館山若潮マラソン42kでガチンコ勝負を楽しみにしています。(ただし、60分のハンデをくださいねcoldsweats01・・・)

投稿: 清掃系ENJOY | 2011年11月26日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・流せるティッシュ | トップページ | 西上州 日暮山+α »