« 裸足のミニマスだ! | トップページ | 熱中スタジアム 後編 »

2011年12月11日 (日)

上城山?三角点 ▲

待ちに待った「安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ毎週日曜10:00~11:55)」の神流町フランチャイズ企画、万場小学校からの生放送を聞いたゾ!scissors

聞いた?聞かない?それはもったいないなぁ・・・

【ご参考】 安住の地 神流町 公開放送の概要 

いや~本当にホントに、噂に違わず安住氏はすごいなぁ、そうよね sign02

独特の視点(少々毒も入れて?)で田舎町を温かく見つめ、しかも、要所要所でローカルネタも織り交ぜて・・・町民もさぞかしお喜びだろう。

そして、クラシック(ものまね)デュオ「杉ちゃん&鉄平」も全くノーマークだったが、見事な演奏はかなり心に響いた、ただの芸人じゃないね、この人たち・・・ ※偉大な音楽家です

あんな町こんな町かんな町 も 大盛況!

どんな町かんな町 は やっぱり 『接待王国』!

※大人の事情で詳細報告は差し控えます・・・confident ご期待には添えません(添いません) music

※以下は、現地の様子を知りたい方には面白みのないネタです=オツカレサマデシタ slate

                 

---

さて、朝から昼過ぎまでニヤニヤと遊んだあとは・・・3時過ぎから山へ。

冬場の山歩きの一環として、最近マイブーム入りした密かな楽しみ「一等三角点探訪」へ。これはもう完全に『孤高の人』に影響されている?(後日記載としよう。)

05911

ナカニシヤ出版より2011月に刊行 マニアには読み応えあり!

実は、群馬県内には9つ(武尊山・袈裟丸山・赤城山地蔵岳赤久縄山榛名富士子持山・高田山・上城山・白髪山)しかなく、このうち未踏は高田と上城のみ・・・。

で、今日は高崎市の上城山(かみじょうやま?)へ。どこだそれ?聞いたことがないが本当に高崎市なのだろうか?

よく調べてみると、非常に身近な「高崎自然歩道」の里山のひとつ。そういえば、この小高い丘に東京や遠方のマニアがたびたび訪れる話を聞いたこともあるがここのことか!

Azumikanna_044

地図も持たず何の頼りもなくいつものコースを行ってみれば・・・なんだ、よく道迷いする根小屋城址「本丸」でないの!灯台下暗しとはまさに・・・。

Azumikanna_048Azumikanna_065_2   

これだ!群馬県内で最も低い一等三角点で標高は197M ・・・と「丘」だが、今日はこれを探しに来たという目標があるので発見すると感動も倍増。落ち葉を掻き分けてみたりする・・・。

Azumikanna_055Azumikanna_059_2Azumikanna_053 

ここは「城址」というだけあって、その昔は城が築かれていた(らしい)。史跡としても価値があるそうで、そちらのマニアも喜びそう。

Azumikanna_068Azumikanna_095Azumikanna_074Azumikanna_097   

少し時間をかけて周囲を見渡してみると、確かに三角点を立てるだけあって、展望もよくて、特に北面から見事な赤城山を望めた!

ラジオマニアの皆さん、左の金色の高層建物が「ぐんまちゃん」が住んでいる群馬県庁だヨ virgo

これは冬場、雪の時期にぜひ見てみたいナイスな展望。

Azumikanna_090

今日はトレラン練習はろくにせずに折り返して終わり。3kmを1時間くらい。

途中、「神流Tシャツ」を着ていたことが縁で地元のランナーの方と知り合うことができ、またしても山での出会いに楽しい思いをした。ありがとう!神流 sun happy02 

<所要時間> 記録に残すほどのことはないので時間省略

山ノ上の碑駐車場→金井沢・根小屋城址分岐→本丸周辺滞在→山ノ上の碑

<おまけ>

高崎自然歩道はあの鏑木さんもお褒めのなかなかいい練習コース。裏山にこんなところがあったら毎朝頑張れるのに・・・

その1「冬」 2010-2  その2「春」2010-4

次週は・・・中之条・四万温泉の「高田山」を計画中。

こちらは一等三角点かつ『群馬県の山』未踏地でもあり、これは登らねばならない気持ち・・・ 来週行きましょう、そうしましょう!

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

     

|
|

« 裸足のミニマスだ! | トップページ | 熱中スタジアム 後編 »

一等三角点探訪」カテゴリの記事

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

ほほぉー!
また実にマニア路線まっしぐらですね。

気になったので彩の国バージョンも調べてみたら11個あるようですね…
ほとんど山じゃねぇーじゃん!って感じですが。


と、さておき。
午前中のニヤニヤ… そうとう楽しかったようですね~♪

投稿: 新月 | 2011年12月12日 (月) 10時51分

>新月さん
浅間山お疲れ様だったみたいですね、やりますね!

三角点は一見するとマニアのようですが、比較的低山が多いから山ヤでない普通の中高年でも意外とファンが多いみたいです。しかし、結局マニアですな。

午前中?ニヤニヤニヤニヤcatcatcatcat笑顔な神流町でしたよhappy01

投稿: 測量系ENJOY | 2011年12月12日 (月) 23時54分

あらら。。。マニアックな記事だことと思い、
ダラダラ読んでいると、私の生まれ故郷に
こんな素敵なものがあったのですね。
しかもちょー脇道の根小屋城!
早速行ってきます!!

投稿: GOTTI! | 2011年12月13日 (火) 01時00分

去年は八幡宮から豪邸脇を走り抜けていきましたね。

本丸の三角点は暇な時にのぞいてみてください。周囲の木の葉がかき分けられてイノシシが荒らしたようになってますが、獣ではなく自分の仕業ですから・・・。

高崎自然歩道は素晴らしい丘ですね!!!heart02

投稿: 測量系ENJOY | 2011年12月13日 (火) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裸足のミニマスだ! | トップページ | 熱中スタジアム 後編 »