« 浅間外輪山周回★冬 | トップページ | 神流町が殿堂入り »

2011年12月21日 (水)

「えびし」 作ってミタ

夕食後、ちょいちょいと「えびし」を作ってみた。

材料の調達は上州山楽走★御用達のフレッセイで・・・某「トップバリュー」とある「いりごま」についてはご了承くださいネ moneybag

Ebishi2011_0062

神流町はじめ西上州の保存食「えびし」。

レシピは埼玉の小鹿野町方面のサイトを参考にしてみる。材料は各地、家々によってさまざまらしいが、欲張ってあれこれブレンドしてみる性分で・・・。

小麦粉 / くるみ+柿ピーのピーナッツ / 紅しょうが /青海苔 / 柚子の皮 / ごま / 醤油 / 砂糖 / 酒 / 水 を適当に混ぜて愛情込めて捏ねる。

※草食系男子(誰が?)の手料理は大雑把なので全体像は省略

clock clock clock

蒸すこと40分、見事に「えびし風」の食べ物ができた。細長い練り物が四本。料理写真を載せるなんて何だか気恥ずかしいわ・・・smile

Ebishi2011_039

肝心の味は・・・? 楽しみにニヤニヤ様子を見てた相方とともに試食・・・。

実際のところ、味については少し課題残す出来栄えだった・・・(別に食べられないわけではないが決して自慢できる味ではない) 

先日神流の黒沢万博商店で仕入れた正真正銘のえびしは瞬く間に食べ尽くしてしまったので比較もできず・・・。ホンモノの味も忘れてしまった。

Azumikanna_036

結論としては、味は二の次、過程が大切なのだ。次こそはもっと研究するぞ!

       

<レシピとか関連サイト>

「えびし」について 埼玉県のホームページ参照

http://www.pref.saitama.lg.jp/site/ryori/ryori02.html 

                  

<一応振り返り>

・くるみを砕きすぎて歯ごたえなかったり、全体的に味が薄くてインパクトなしだったり、柚子効いていなかったり、逆に紅しょうが入れすぎたり・・・これらは次回に期待だ。

・神流町でいただく「えびし」はサラミのようにきれいな丸棒でもう少し色が濃いのに、自分が蒸したのはまるでナマコのようなグロテスクな物体でトホホ・・・。味もぼやけていて単なる粉の練り物だった。

・実は、試作回数を重ねて、「いずれは山用の携行食にしようと考えてる」とは、またしても 『孤高の人』 加藤文太郎気取りです、ハイ。book

---

このページ記載の調理方法については一切責任持てません、味も・・・。まずは神流町にてホンモノのご試食をオススメします。

   

|
|

« 浅間外輪山周回★冬 | トップページ | 神流町が殿堂入り »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅間外輪山周回★冬 | トップページ | 神流町が殿堂入り »