« 「鳥獣保護図 」研究 | トップページ | 「えびし」 作ってミタ »

2011年12月20日 (火)

浅間外輪山周回★冬

快晴を狙って浅間山方面へ。ここ数日、前橋から見る浅間は真っ白。snow

車坂峠から黒斑山・蛇骨岳を巡り、あわよくばJバンドから湯ノ平へ下降して草すべりを上り返す計画。

あれ?黒斑から絶景の浅間山は見えないのか!?

Kurofu2011_0922

この記事は個人的な山行記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

2011年12月20日のこの日はたまたま天気よかったので、とても登りやすかったのですが、標高2000Mを越える黒斑山一帯は天候により全然様子が違うので注意が必要です。

特に冬場の湯の平周回は慎重に自己責任で・・・ paper

---

9時に駐車場到着、用意したスノーシューは時期尚早と判断、アイゼン(6本爪)を装着して入山。今回はヤマレコ等で下調べしてきたが、峠の雪が少ないことにちょっと拍子抜け。

Kurofu2011_001Kurofu2011_011Kurofu2011_018

往路は当然「表コース」から。日当たりもよいためか、積雪は少なく5~10センチ程度でアイゼンが岩にこすれカリカリいう。

Kurofu2011_028Kurofu2011_034

標高を上げて森林限界(2200M付近)から避雷小屋あたりからは吹き溜まりと木々に雪が目立ち始める。

積雪期、ゴアテックストレランシューズ(靴下の上には「防水靴下」)+スパッツで結構無敵に近いと思ってる。shoe shoe

Kurofu2011_0392Kurofu2011_050Kurofu2011_046Kurofu2011_054

トーミノ頭手前の上りもまだ岩肌露出。カモシカの足跡が崖にもチラホラ。浅間山は半分ガス・・・だが、空が明るくなってきているので、外輪山ぐるりと湯の平周回もいけるのではないかと期待感増す。

草すべり下降を保留にして、トーミノ頭から先、黒斑山、そして蛇骨岳方面を先に向かう。このあたりから雪が(多少)深くなる。

Kurofu2011_058Kurofu2011_063Kurofu2011_077Kurofu2011_079

黒斑山で引き返してきた先行ハイカーと情報交換、その先、蛇骨岳手前で右手の浅間が顔を出してきた。振り返ると今来た雪道がきれい。

黒斑山~蛇骨岳間の林間コースは毎度毎度雪が深い。木から落ちた雪が首筋に落ちて冷たい。

Kurofu2011_089Kurofu2011_096Kurofu2011_100Kurofu2011_102   

北側の展望を期待して蛇骨岳に立つと・・・四阿山は見えないが、田代湖や嬬恋村が見渡せる。

風もそれほど強くないが、まずはJバンドまで先を急ぐ。目の前には浅間山が見えたり隠れたり・・・。

Kurofu2011_110Kurofu2011_118Kurofu2011_124

トップ先行親父と熱血おじさんはタフで相変わらず雪道行軍速くてついていけない。この稜線、北風が強くて岩の露出がありアイゼン転倒は注意だが、左右に滑落危険というほどではない。(右の崖は気をつける)

Kurofu2011_129Kurofu2011_140Kurofu2011_148Kurofu2011_143

Jバンド手前の岩から間近で浅間山・前掛山を眺め、ストックを収納して少し慎重にJバンドを下る。

最初の岩場ヤセ部分だけ緊張であとは難なく15分程度で下に着く。

Kurofu2011_156Kurofu2011_164Kurofu2011_176Kurofu2011_178

賽の河原の特徴的な火山岩たち

Kurofu2011_185_2

前掛山分岐を通過し、見上げれば白銀の蛇骨岳・仙人岳が美しい

Kurofu2011_191Kurofu2011_193

湯の平到着。カモシカの足跡は無数にあり、ハイカー皆無なのでカモシカも出現しそうだが見つからない、残念。

珍しく、お湯を沸かしてアルファ米を食べてみたり、「登山」を存分に満喫。最近トレランばかりだったから本当に久しぶり。

Kurofu2011_206Kurofu2011_212Kurofu2011_218

クライマックスの「草すべり」を上の稜線まで登る。アイゼンが効いているので急登もそれほど苦労なく登れる。

相変わらずカモシカ跡が多く、遠方のかなりの急峻な岩場にまで足跡が見えるのでワクワク。来るか?(結局、最後まで来ない=上州弁で「きない」 despair

日頃饒舌な熱血おじさんがこのあたりから疲れが見えたのか少し無口になったのでニヤリ・・・しかし三浦雄一郎に(容姿が)似た健脚ぶりはさすが。

Kurofu2011_221Kurofu2011_239Kurofu2011_243Kurofu2011_246

最後、もう一回、念のため黒斑山を踏む。午前中とは打って変わって今度こそ絶景の浅間山、ばんざい!

Kurofu2011_276

復路は中コースで軽く流す。林間のため岩場・枝の上に雪もそこそこあり、転倒顔面強打注意を合言葉に最後まで怪我なく楽しんだ。おつかれさま。

Kurofu2011_292Kurofu2011_295

<所要時間> ※あまり参考にならず ※冬期も自己責任で!

車坂峠9:15→トーミの頭10:25→黒斑山10:40→蛇骨岳11:05→仙人岳11:25→Jバンド11:45→湯の平分岐12:30~13:00(昼食30分休憩)→草すべり上の稜線13:50→再び黒斑山14:05→中コース→車坂峠15:00

<振り返り>

・急遽、山系親父に同行願ったのは大正解、湯の平周回を含め、積雪期縦走をちょっと甘く考えていた?のは、実は『孤高の人』激しく読みすぎのような気がする・・・

・スノーシューは時期尚早だった。この日はアイゼンは 軽アイゼンでも足りた気がするが、それは気象条件により異なるから今後は何ともいえない。

・遠方の展望がダメだった。富士山~アルプス~八ヶ岳も視界不良。

・Jバンドといえば、北面の嬬恋村「しゃくなげ園」?から登るバリエーションコース「バカ尾根」があるらしい・・・興味津々。雪が解けたらさぐってみようかしら。

・「バカ尾根」という名の短編が群馬県出身の作家南木佳士氏の『草すべり』にあるらしい。この本買ったような気がするが見当たらないや。

 【参考】 課外授業 南木佳士

・佐久インター下りて浅間山~湯の丸方面中腹が真っ白。今朝は中腹(浅間サンラインあたりから真っ白)でかなり冷え込んだ様子で、霜・霧氷、ものすごくきれい。反面、高峰まで上ると霧氷なく不思議。

スカイアクティブ初めての雪道も難なく頼もしく走ってくれた・・・後日記載でrvcar

・山情報探索のためには「ヤマレコ」有効と以前から耳にし、確かに装備準備の上では他人の記録から参考にすることが役立った。ので・・・以前に登録しているIDから。登山系に限り、ヤマレコへアップするように早速してみた。

<同コース山行>

◆浅間外輪山トレイル 初夏編2009.8  初冬編2010.12

◆今年2月 黒斑山スノーシュー

      

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

 

|
|

« 「鳥獣保護図 」研究 | トップページ | 「えびし」 作ってミタ »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「鳥獣保護図 」研究 | トップページ | 「えびし」 作ってミタ »