« 秩父札所巡りラン④ | トップページ | 晩秋・初冬の赤城山 »

2011年12月 2日 (金)

やっぱりTIGORA ★

12月になったら急に寒くなり、山登りもジョギングも防寒着が欠かせなくなってきた。

「ある物は買わない」「とにかく安いもので十分(デザイン二の次・・・)」ということで、冬を迎えてもTIGORA(ティゴラ)の出番だ。

TIGORAをご存知? え、知らない?

Logo_tigora

スポーツ用品店の「アルペングループ」が繊維メーカーと共同開発した(らしい)独自ブランド製品で、スポーツ用の機能性インナーから、アームカバーやレッグカバー・手袋・バッグなどいろいろな種類の製品を自社ブランド「TIGORA」として独自で発売している。

取り扱い店舗としては直営店の「アルペン」のほか、「スポーツDEPO( デポ)」店頭で幅広く売られている。

【参考】 CW-○風サポートタイツ編    レースでも履けるハーフパンツ編

商品イメージは「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」や「SKINS(スキンズ)」と同等製品を扱い、機能性スポーツインナーメーカーといった感触か・・・。

---         

で、今年の夏から愛用しているのがこちらの秋冬用ウインドブレーカージャケット。これは夏山の防寒着としてザックに1枚、さすがに薄くて真冬は寒いが重ね着で十分使える。

そしてナニを隠そうこのカラーは遭難や非常用のエマージェンシーカラーとしてかなり重宝する。これが一番の特長かもしれない、マジで。

でも相方に言わせると「ハンター(猟師)みたいじゃないか!」と微妙な反応・・・bomb

Tigora2011_2

◆アルペンの製品情報 ※お値段に注目

夏に調べた時は全くヒットしなかったが、秋以降、販売に力を入れ始めたのかネットでも買えるようになったみたい

http://store.shopping.yahoo.co.jp/alpen-group/3863035011.html

---

これ、デザイン的にもなかなかイケてる(と思う)し、裏地はないが、夏~秋の防寒用としては十分期待に応える逸品。日常のジョギング向けには反射材も使われていて車にも発見されやすい。これで2,980円は安い。

イメージ的にはこんな感じネ scissors  ※表彰台はフィクションです 

Chichibu201112_078Shinetu_455 

<おまけ>

こうしてTIGORAの紹介ばかりすると、ますます自分の首を絞める感が否めない。

たまに有名ブランド商品に手を出そうとすると、周囲から「山系さんにはティゴラがあるじゃないの!」と監査員のような鋭い指摘を受けて苦笑してブランド品を買うに買えない・・・実話。

「格安が魅力」「デザイン・品質的にもかなり研究された良品」とは自他共に認める高い評価だ。ただし、忘れてはならないのが・・・

生死を分けるほどの条件下では、やはりカネをかけるに越したことはない

ようで、この話はあちこちで聞く。3000M越える高山や暴風雨時にティゴラでは心もとないというかもうブランドどうこうのレベルではない。

ゴアテックスレインウエアであったり、ダウンジャンパーであったり、相応の装備でないと全てが手遅れになってしまいそうで洒落にならないので責任は負えないです。 

まぁオレンジ色でとりあえず「発見」はされやすいけど・・・ほどほどに安全な山歩きを楽しみましょう、そうしましょう!

     

|
|

« 秩父札所巡りラン④ | トップページ | 晩秋・初冬の赤城山 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。自分も気づくとアルペン系ブランドで身を固めているお気楽トレッカーですw
真冬に自転車もやるためジオライン、ブレスサーモ、PIヒートテックセンサーといった高機能アンダーも持ってるんですが、基本奥多摩、表丹沢だけなので山ではサウス、イグニオ、ティゴラで用が足りてしまってますね。

真冬の丹沢で会ったおぢさんも
「命に関わらないところならユニクロでいんだよ!」
と呵呵大笑しておられました。
特にアンダーウェアに関してはコットン混紡のユニクロよりも化繊100%のティゴラやイグニオの方がちょっと安心できます。

レインウェアに関してはさすがにゴア(レイントレッカー)を使ってますが。

投稿: Piccoli | 2012年5月30日 (水) 15時25分

>Piccoliさん
コメントありがとうございます!ティゴラに反応とは・・・なかなかのマニアと見ました。

仰せのとおり、ティゴラ・イグニオも捨てたものではありません。特にデザイン的にも悪くないものが増えているので、アンダー某アーマーやスキン某ズとかのインナーと同じようなもんですね。

ただ、丹沢のおぢさんのお話はまさにそのとおりで、高山や雨風や雪山とか生死を分けるところはカネを惜しんではいけないようです・・・ユニクロのダウンと山岳用のダウンは雲泥の差らしい。(自分はどちらも持っていないのですが・・・)

相変わらずゴアの雨カッパを雪山防寒用に使っている程度の自分はいい加減装備見直そうと思っていマス。

※ブログ拝見して、自分は丹沢山系の方面がノーマークなので山行参考にさせていただきますね paper ありがとうございました

投稿: 山系ENJOY | 2012年5月31日 (木) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父札所巡りラン④ | トップページ | 晩秋・初冬の赤城山 »