« 浮島公園から飛行場 | トップページ | モニター記事掲載だ! »

2012年1月31日 (火)

ラッセル気分 赤城山

1/31(火)、快晴の空の下、赤城山(最高峰の黒檜山)へ雪遊びGO!snow

前日の赤城は真っ白な雪雲で山行予定も心配されたが、一夜明けてみると無風快晴で非常にラッキー。その代わり、平野部でも朝は-5℃だった、寒い。

「-11℃」表示の新坂平を過ぎた見晴台下あたりから見る黒檜山・・・車外に出ても本当に風がない happy02

Akagikurobi2012_263 

大洞の「おのこ駐車場」で準備して9:00に出発、お昼予定の「名月館」前を通り、全面凍結の大沼を神社方面に抜けて、車道に戻って登山口から黒檜山へ向かう。

Akagikurobi2012_271Akagikurobi2012_272Akagikurobi2012_273Akagikurobi2012_282

今日は6本アイゼン装着。登山口から猫岩まではトレースがあって歩きやすく、アイゼン効果もそこそこあるが、道を譲ってもらってからは踏み跡もなく新雪となる・・・sign01

10分ちょっとで猫岩まで来ると、大沼を横切った連中(自分)の足跡もクッキリ・・・

Akagikurobi2012_288Akagikurobi2012_291Akagikurobi2012_297Akagikurobi2012_295 

腰まで埋まる新雪をひたすらラッセルが続く。このあたりの雪は5~70cmくらいで急登も続きかなり苦しい。幸い、今日は5名で激しく除雪作業・・・これはこれでとても楽しい。

持参の「ソリ」をスコップ代わりにしたり、四つんばいになって登ってみる。chick

Akagikurobi2012_304Akagikurobi2012_330Akagikurobi2012_339Akagikurobi2012_316 

かなり高度を上げて振り返ると地蔵岳や赤城神社、大沼がきれい。遠くにかすかに富士山が見え始める。fuji

雪の上にはトレースの代わりに獣の足跡がたくさん。

Akagikurobi2012_322Akagikurobi2012_317Akagikurobi2012_346

10:50、ようやく山頂分岐についても山頂までもラッセルが続く。駒ケ岳から逆コースで来る人もいない模様。

山頂で記念撮影だけ済ませて、その先の北のビューポイントを目指す。こちらは北側の展望がよいはず・・・ sun snow

Akagikurobi2012_358Akagikurobi2012_362Akagikurobi2012_369Akagikurobi2012_371   

アイゼンだけでは「つぼ足」になってしまい、吹き溜まりで雪が深いので腰以上まで埋まってしまうことがあり、稜線もなかなか先に進めない。

ここはもう幼子のようにハイハイが一番・・・(スノーシュー持参がよかった?)

Akagikurobi2012_373Akagikurobi2012_378Akagikurobi2012_383 

しばらく休憩の後、山頂に戻り、祠から駒ケ岳方面へ下ることにする。

先行のワカンの人のおかげで今度はトレースがあり、急坂(夏道は階段)をソリでボブスレーのように滑るの繰り返しで楽しい。snow lovely

Akagikurobi2012_403Akagikurobi2012_410Akagikurobi2012_420Akagikurobi2012_415_2   

が、鞍部に来ると強風が激しくなり天候も一変、気温はマイナス10度近くてズボンも靴も手袋も凍る、ソリが風で飛ぶ、小さな雪庇を踏み抜いて落ちる(※危険箇所ではない)、そして、あまりの寒さにデジカメ壊れる・・・。 camera impact

Akagikurobi2012_423Akagikurobi2012_428Akagikurobi2012_426

壊れる寸前のデジカメ写真・・・鞍部の新雪と、黒檜方面を振り返る

Akagikurobi2012_430Akagikurobi2012_429

後続者数名と挨拶を交わしながら駒ヶ岳を過ぎる。

そこから階段脇の急坂を尻で下り、あっという間に予定時刻13:00下山。

これまで何度となく登った黒檜山、そのなかでも一番手強い山行だった。(というか、考えてみたら1月は雪深いから黒檜だけは自ずと避けていたような気がする・・・)

下山後、土産物屋「名月館」で温かい昼食を頂いたところで、強風激しくなり、次の長七郎と地蔵は中止となった。約4時間の雪遊び、お疲れ様。 snow scissors

                   

<所要時間> ※個人差あり参考程度

9:00大洞「おのこ駐車場」 大沼氷上歩き・神社横で車道へ戻る
9:20黒檜山登山口
9:35猫岩
10:50黒檜山分岐
10:55黒檜山山頂
11:10北の見晴らし地点
11:35赤城大明神
12:30駒ケ岳
13:00おのこ駐車場・名月館で昼食

<コース図>

<振り返り>

①赤城山の場合、雪山といっても滑落や雪崩といった特に危険な箇所は少ないように思う。ただし、天候には注意で、冷え込みと強風は結構体に堪える。

下から見て黒檜がガスってたり吹雪なら、往復だけにして駒ケ岳縦走を諦めるか、早い段階なら黒檜の変わりに素直に地蔵や長七郎に行き先変更が無難か・・・

②楽しい雪山遊び。ただ、今日は新坂峠の表示は「-11℃」と気温が低すぎて、山中も一度寒さにやられると並みの防寒装備(靴・上着・手袋・顔面・・・)では太刀打ちできない現実を知り、これはこれで一歩前進。

③ゴアテックストレランシューズの限界点も知る。雪が入ってしまい、靴下が冷え冷えでびっしょり。これではダメ。

④新雪が多く、アイゼンよりもワカンやスノーシュー向きだったか?

⑤真冬、黒檜~駒ケ岳方面は結構雪深いです。先行者がいるかいないかで大きく状況が異なる。

山々の展望を楽しむなら、山頂の先、北側の展望スポットがオススメ

 

<ここからが本題>

今冬の赤城山・・・例年と何が違うかというと、氷上ワカサギ釣りが放射能騒ぎのため解禁絶望的となってしまっていて、大沼湖畔の土産物店は相当の打撃を受けている。

何とかならないものか・・・何とかしたい。ぜひご利用ください。

◆参考 名月館 赤城山だ!

                   

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

  

|
|

« 浮島公園から飛行場 | トップページ | モニター記事掲載だ! »

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

お世話になりました。
名ナビゲーション!ステキでした。
童心に帰って・・・
ハイハイや、キャーキャー
本当に楽しかったです。

名月館のおもてなしも冷えた身体に温かかったですね!

投稿: こぽち | 2012年2月 5日 (日) 05時54分

>こぽちさん
先日は大雪の中お疲れ様でした!(雪国出身でしたね?)
快晴はよかったのですが、後半の寒風はきつくてやはり真冬の寒さは半端ではありませんでした。装備・心構えとかちょっと課題となりました・・・
それにしても昼食の名月館さんには例のカンナ町並みの接待を受けてしまいました・・・ワカサギ騒ぎの件でなんとも複雑な思いですが、今年も激しく赤城山に通いながらお世話になれたらいいかなぁと思っています。
またよろしくお願いします。

投稿: 赤城山系ENJOY | 2012年2月 5日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浮島公園から飛行場 | トップページ | モニター記事掲載だ! »