« 静かな名山 稲含山 | トップページ | 週末は堀マラソン・・・ »

2012年2月 6日 (月)

かんな町 早滝凍結

あんな町 こんな町 かんな町・・・早滝が凍結 snow good

なるほど、天然氷による造形は圧巻だった!

テンションupupではしゃいでいたが、実は大きな問題が潜んでいた・・・(危ない)。

詳しくは後述で confident

Hayataki_041_2 

1年前から噂を聞いて待ち望んでいた早滝(神流町)の凍結を見に行く。

ワクワクしすぎて、前日の稲含山の帰りに現地まで路面状況を「下見」までした・・・ rvcar

さて、9時過ぎに塩沢峠の林道脇に駐車して栗木平へ下って早滝を拝むルート。その後は林道まで登りあげて赤久縄山周辺を散策する予定・・・。

Hayataki_001Hayataki_007Hayataki_012Hayataki_016

ところどころに氷柱が現れてきたところで軽アイゼンを装着。なくてもいいが、岩があったり川は凍っているのであるにこしたことはない。その後の赤久縄山周回も雪多くスリップ注意でアイゼン効果あり。

分岐からすぐに早滝が見えてきた。

Hayataki_022Hayataki_020Hayataki_026Hayataki_028

クリアなハイビジョン映像で見る「南極(か北極)の氷」のような青い氷がとても美しい。penguin

落差やスケールは谷深い地方のそれに少し劣るが、早滝は澄んだ青い氷がきれいだった。

Hayataki_055Hayataki_049Hayataki_035Hayataki_033

滝見物をを存分に楽しんで、「さぁ帰りましょう!」というところで、直後にデカイ氷塊が真上から落下してきて危ういところだった。

ツララの落下ではなく、上の流水の死角・見えないところからゴロンと・・・

「調子に乗るなよ、なめると危ないよ」と山の神様からの戒めか・・・。後に調べてみると、やはり氷爆に入るときはヘルメットも必需品(らしい)か。または必要以上に近寄らないことだ。ban

下の写真くらい離れていれば全然問題ない(らしい)、少し舞い上がりすぎた自分?猛反省。down

Hayataki_045

登山道まで戻ってから、スーパー林道に向けてコースを進む。ここから上、東電「新榛名線」の125鉄塔・124鉄塔・123鉄塔(林道出合)までは積雪が結構ある。ところどころ、多少迷うものの、神流マウンテンラン&ウオークのピンクリボンを頼りに行く。

Hayataki_059_2Hayataki_068Hayataki_073Hayataki_075 

夏なら何のことはない赤久縄山への登りも、積雪が結構あって体幹刺激にちょうどいい運動。

天気予報どおり、昼から雲が多くなり、雪も舞ってきたり晴れたり。snow

Hayataki_076Hayataki_080Hayataki_090Hayataki_088 

西に下って安取峠への分岐を確認(春以降への下見)して、林道で不整地ランして体幹トレーニングして楽しむ。軽アイゼンとスパッツは重宝する。

Hayataki_092Hayataki_094Hayataki_103Hayataki_108

西を振り返ると昨日の稲含山がすぐ近くに見える。稲含の東電鉄塔はNo116だった気がするから、ここの123鉄塔までの間は鉄塔7本分だ。

森林公園も雪の中、みかぼスーパー林道は冬期通行止めだが、富岡神流線はそこそこ通行があった。

Hayataki_116Hayataki_105Hayataki_123Hayataki_125 

時間と疲労と天候を考えて、ついでのオドケ山はキャンセルして終了 snowsnow

Hayataki_132 

<所要時間> ※道中、駆け足含みます

9:25塩沢峠に駐車
9:45栗木平
10:10~10:30早滝
11:45みかぼスーパー林道
12:15~13:00赤久縄山
13:50塩沢峠

<振り返り>

①「冬場も靴下が濡れず快適!」のはずのゴアテックストレラン靴は最近使用が激しいためか防水機能が急激に低下して中までびっしょり・・・防水再加工を考えよう。

②狩猟期ということもあり、獣も退散中のようで気配なし・・・。道中出会ったのは赤久縄山で単独ハイカーさん1名(県道分岐からの往復)。

③「みかぼスーパー林道」といえば・・・往年の名著『ランニング登山』を先日図書館で借りることができた。

「みかぼスーパー林道タイムトライアル」の記録では南牧村~旧鬼石まで70キロ近くを走った記録が詳細にあり、練習に効果的なこの道を高く評価していた。20年以上前、昭和の終わりの著作と思えば先見性に脱帽・・・いずれ触れマス book

④出発前、神流町の方からいただいた特製「おやき」を赤久縄山山頂でいただく、とても美味しい。例のえびしといい、「粉モノ」の奥深さを知る・・・今度自作してみよう。※えびしは頼み込んで大量購入して帰った

⑤神流町を上から後にして藤岡の山奥から帰路につく・・・と、途中で「二千階段」に導かれ疲労抜きトレーニング・・・した、ニヤリ scissors

【参考】 二千階段 ※10kg歩荷練習記  2009.9 

       

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 静かな名山 稲含山 | トップページ | 週末は堀マラソン・・・ »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
あの時間で塩沢峠~早滝~赤久縄山頂~塩沢峠に戻るなんて信じられない時間です。それも、積雪の中での登山・・・・凄いですね。

そして、素晴らしい滝の写真をアップして頂いて光栄です。神流にはその他にも九十の滝や小豆の滝も氷の芸術を楽しめます。機会ありましたらおいでください。(小豆の滝までは積雪が多く車では大変かもしれないですね。)

投稿: kokoyan | 2012年2月 8日 (水) 19時32分

山系ENJOY様

お世話になりました。
楽しかったですね~

アイゼンの外し方レクチャー有難うございました。
山でテキパキ行動出来るように、
家で練習します!(←小学生みたい、でもコレ大事ですよね!!)

kokoyan様
温かいお心遣い有難うございます!
九十の滝や小豆の滝も行ってみたくなりました。
春のアカヤシオも楽しみにしています。

投稿: こぽち | 2012年2月 9日 (木) 15時08分

>kokoyanさん
おやきごちそうさまでした!山の上でとても美味しく、2個目は大切に持ち帰り、材料分析しながら食しました。近いうち作ってみたいと思います。これも携行食に最適ですね!

狩猟期ということで詳しく載せていいものか悩みましたが、この程度ご了承ください。本当は西みかぼ→桐の城→コイコイと周回も考えていたのですがさすがにそれはやりすぎかと自粛して正解でした(雪も降りはじめて・・・)。

>こぽちさん
いつも雪遊びお世話になります。神流の滝の情報をパンフレットで見ながら、帰路で寄ろうかとも思いましたが、峠越え・二千階段経由でのお帰りとなりました。

ちなみに、九十の滝は考えてみたら冬に行ってました!諏訪山も2~3時間程度で遊べる親しまれた山です。
◆諏訪山(神流町)http://climb100.cocolog-nifty.com/akagi/2010/02/post-536f.html

ふと前回の遠足のリザルト見たら、やはり5分程先行されていました・・・今年はガチがんばりたいです。

投稿: 神流系ENJOY | 2012年2月 9日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かな名山 稲含山 | トップページ | 週末は堀マラソン・・・ »