« 第58回桐生堀マラソン | トップページ | 谷川岳登攀映像 等 »

2012年2月14日 (火)

名月館 赤城山(冬)

昨春の「名月館 赤城山♪」の続編・・・

文面は前回「アカヤシオの季節の名月館」とほとんど同じ coldsweats01

---

♪ 男ごころに~ 男が惚れてぇ~

    意気が解け合う~ 赤城山ぁ~ ♪

おなじみ?東海林太郎先生の名曲「名月赤城山」(昭和14年)だ・・・。ご存知ない方は近くの爺さん婆さんにでも聞いてください、みんな知ってる。

名月といえば、この冬、激しく通っている赤城山で大変お世話になっているのが「ドライブイン名月館」。

◆ドライブイン名月館( i タウンページより) ※地図とかメニューとか

http://nttbj.itp.ne.jp/0272878127/index.html

俗に言う「ドライブイン」のイメージにマッチするかどうかはさておき、山の土産物屋・お食事処として老舗。

あ、今日はお休みか!・・・いや、単なる開店前(※写真は2012.1.31)

Akagikurobi2012_272

最初はもう9年くらい前に氷上ワカサギ釣りでご指南を受けたりして、その後、登山やトレラン練習の赤城山通いでたびたびお世話になっている。

近年は自分もすっかり荒行にハマってしまって、冬でも雪上をバ○みたいに駆け回るようになってしまったので、氷上ワカサギ釣りは年に数える程度だが、引き続き、ひいきしたい店・・・。

今冬は・・・ 

赤城山ぐるり★冬編  2011.12.27

ラッセル気分赤城山 2012.01.31

第58回桐生堀マラソン 2012.02.12

でもちょっと寄ってみた。

※春から夏・秋も見るにはカテゴリー「素晴らしき赤城山」からどうぞ。

Akagikurobi2012_266Hori_rihei_154Hori_rihei_157Hori_rihei_161_2   

<ここからが本題>

この冬、赤城山大沼は例の放射能問題で冬の風物詩「氷上ワカサギ釣り」が一向に解禁できないままで、土産物屋・旅館など大沼観光が大きな打撃を被っている・・・。

難しい話はおいておき、何とかして活性化ならないものだろうか・・・

ワカサギ延期は痛いし、ただでさえ冬場は落ち込む観光客の姿がさらに少くなることは商売の方には何とも切ないことだろう・・・。

2月11・12日の「赤城山雪祭り」も強風の中で地味に盛り上がった(らしい)。赤城神社で愛を叫んだ方の根性は素晴らしかった(らしい)。

ワカサギに代わる観光資源として「スノーシューツアー」を練っていて、先日の体験ツアーは好評だった(らしい)。

一般のハイカー・ツアー客向けにもすでに沢山の貸出用スノーシューが用意されていて、コース準備や安全上の最終確認を進めている(らしい)。

そして、「赤城マイスター」なる制度で「赤城の達人」を続々と養成・普及する試みも盛り上がりつつある(らしい)。

地味なスキー場は以前からファミリーや学校スキー向けに地味に評判がいい。

◆マウンテンランナーマロンさん 「日本一小さなスキー場」

http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com/blog-entry-110.html

Akagikurobi2012_263Hori_rihei_128Hori_rihei_137Akagikurobi2012_274   

<個人的な感想・・・>

①スノーシュー貸し出しはナイスアイデアで、現状、レンタルをやっているのは山間部のスキー場が多いから、都会派ハイカーも喜ぶだろう。

安全性の問題は自己責任に任せればいい・・・(とはいえ、観光・商売として行うには客の安全確保は絶対条件とのこと)

②自転車のヒルクライムレースも結構だが、もう一度トレイルランニングレースを絶景の赤城山でやりたい lovely

例の自然保護団体が猛反発・・・ ダメ?はい、ダメね・・・どうでひとりでやるからいいのよ。

なんなら、大沼氷上スノーシューレースでもいいし snow

これでもダメ?

思いっきって活性化に向けてアドベンチャーレースを・・・ run

いい加減にしろ?でも、実は昨秋 サロモンX-Adventureのコースになっていたのですよ。

Akagikurobi2012_315Hori_rihei_148 

毎度毎度、名月館にて温かいお昼をいただいて、再び雪遊びに戻る山行。

一年を通じて温かいおもてなしの期待できる名月館。別にどちらのお店でもかまわないが、赤城大沼にお出掛けの際にはぜひ地元のお店をご利用ください。

別に店の回し者ではありません、いや、回し者かもしれない。

      

<次回予告>

伝説の名著 『ランニング登山』は絶版・入手困難で手に入らないと言われる。

先日、地元図書館で奇跡的に発見!

噂に違わず、20年前の著作とは思えぬ独善的発想による読み応えのあるマニア本だった。無茶苦茶だが理論的な解説は今日のトレイルランニングを思い起こさせる先見性には脱帽。

読書感想文執筆中・・・乞うご期待 book

Scan0012_4

心が狭いので貸し出し競合を意識して図書館名を伏せます・・・ネット検索ですぐ分かるけど

|
|

« 第58回桐生堀マラソン | トップページ | 谷川岳登攀映像 等 »

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第58回桐生堀マラソン | トップページ | 谷川岳登攀映像 等 »