« モニター記事掲載だ! | トップページ | かんな町 早滝凍結 »

2012年2月 5日 (日)

静かな名山 稲含山

冬場に登れる山は限られていて、どこに行こうか(積雪は?)考えたりする。

自分用にと整理している「ぐんま百名山リスト」にも書籍『群馬県の山』一覧ともに取り上げられていて、その中で自分が記録を残していない山をいくつか選んでいる・・・。

今日は 西上州 「稲含山」にした。3度目かな?

簡単に登れて、山頂からの360度の展望は西上州随一ではないかと思っているところ・・・fuji

Inatutumi_156

甘楽町の小幡・秋畑を抜けて、那須大橋手前を右折して集落の間の急坂をグングンと登る。おじいさんおばあさん・・・なかなか風情ある山沿いの家々だった。

Inatutumi_018Inatutumi_022

途中から北斜面の日陰には雪が残り、見る見るうちに圧雪・凍結が増えてスカイアクティブもアクティブでなくなり、ところどころで嫌よ嫌よと尻を振ってしまう(=スリップ)始末。

道も細くて赤城山の雪道などとは違う緊張感あり潔く撤退する。結局、下の駐車場に駐車。ここまで来れば登山口まで2キロほどだ。

Inatutumi_026Inatutumi_202Inatutumi_023

雪の上を歩いているとオレンジハンターに「どこ行くの?」と声をかけられる。

「稲含までです」と挨拶を交わす・・・。あとから考えると、あちらにしてみれば誤射防止のための簡単な素行調査だったのかな?気をつけよう。

Inatutumi_034Inatutumi_040

神の池公園駐車場には神社の建物や立派なトイレがある。先行者と思われる車一台あり。わかりやすい登山看板もあり。

Inatutumi_042Inatutumi_045Inatutumi_044

往路はまず林道(=直進すれば下仁田に抜ける道)を進んで、登山道分岐から一ノ島居へ。雪はそこそこあるが、アイゼン装着するほどではない。

一ノ鳥居で鉄塔方面のコースと分けて、上りは二ノ島居・秋畑稲含神社方面を目指す。

Inatutumi_048Inatutumi_049Inatutumi_051Inatutumi_052

毎度、このコースの一番の懸念は「神の水」の凍結状況。

幸い、今日はボチボチの感じで気をつけてうえを巻けば回避できる感じ。アイゼンはつけずに慎重に行く。

Inatutumi_059Inatutumi_061

二ノ島居、秋畑神社を過ぎて少し雪が深くなった谷沿いを登る。木の階段や急登も雪だが、特に危険というところはない。

Inatutumi_064Inatutumi_074Inatutumi_076Inatutumi_079

赤島居・鉄塔コース(主として下山に使われる)との分岐に到着。北斜面で雪が吹き黙るがロープやフェンスや鎖などいろいろある。非常用であり、特に危なくないところ。

Inatutumi_087Inatutumi_090Inatutumi_092

山頂付近の稲含神社に到着。里の人々にも親しまれている信仰の山である(らしい)稲含山は、小中学校の校歌にも歌いこまれているとのこと。

Inatutumi_095Inatutumi_093

そして、2分ほどで山頂に到着。先行のハイカーさん一組に挨拶して、いろいろと話をして情報交換・・・。(今日出会ったのはこの方達だけだった)

日曜で結構賑わっていると思っていたが、意外にも人が少なくて、静かな山を存分に満喫できた。温かいコーヒーも御馳走様でした!cafe

温度計の気温はプラス6℃。久々の「プラス」だ!

Inatutumi_097Inatutumi_126Inatutumi_123Inatutumi_119

山頂で60分休憩・・・その間、地形図広げて周囲を嗅ぎ回ったり・・・詳細省略。

Inatutumi_134Inatutumi_100Inatutumi_114Inatutumi_115

山頂からの展望・・・ 北側の平野

Inatutumi_111

やっぱり気になる神流の山々(みかぼ~白髪岩~杖植峠・小太郎山?)

【参考】 白髪岩原三角測點 ※スーパー林道より

Inatutumi_153Inatutumi_122

直下に見える鉄塔群=登山口あたり。この鉄塔(新榛名線)は赤久縄山~安取峠~白石山~父不見山へと続く、神流MR&Wお決まりの目印となる。

Inatutumi_159Inatutumi_188Inatutumi_184

山頂でひとりゆっくりと遊んで、12時50分に下山開始。

神社周辺もよく確認して、公園のようなフェンスを通り、赤い島居を見て、神の池駐車場に到着は・・・13時05分。文字通り、あっという間に下山を終える。

Inatutumi_161Inatutumi_166Inatutumi_170Inatutumi_177

最後の最後、林道歩き(走り)ですっ転んで足の付け根を強打して痛い、いや、痛くない。ムチャしないように気をつけましょう、そうしましょう!

Inatutumi_199

<所要時間>  ところどころ駆け足なので参考にならず

10:30下の駐車場
10:50神の池公園  車道で上まで行く
11:00一ノ鳥居
11:10二ノ島居
11:25秋畑稲含神社
11:35分岐・フェンス地点
11:40稲含神社
11:45山頂 休憩+近くの稜線探索ぶらぶら 60分!  
12:50下山開始 鉄塔ルート
13:05神の池公園

<ルート> ※コース手書きにつき適当

<おまけ>

帰り道、甘楽町へ戻らずに県道「富岡神流線」でさらに山奥へ・・・。結局、早滝の凍結見物の下見ドライブになってしまった。

Inatutumi_217Inatutumi_219

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

            

|
|

« モニター記事掲載だ! | トップページ | かんな町 早滝凍結 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

西上州の吉井在住のトレッキング初心者です
昨年10月から西上州の山々を登っています
稲含山には昨年11月に家内と登りましたが、その時には積雪や凍結もなく、神の池公園まで車で行くことが出来ました
さすがに2月ですので、林道の凍結が心配です
スタッドレス装着の乗用車で神の池までは難しいですかね
やはり「下の駐車場」までが限界なのでしょうか
最悪は那須大橋、もしくは集落の切れたあたりに車をデポして歩こうかとも考えております
また軽アイゼンは携行しますが、コースの様子や凍結状況などをもう少し詳しく教えて頂ければ助かります

ヤマレコにも書き込みしましたが、もし宜しければ情報をお願いします。

投稿: air_4224 | 2012年2月20日 (月) 13時33分

>air_4224さん
ブログを見ていただいたうえ、(真面目な)コメントも有難うござます!吉井ですか・・・牛も伏せる体力強化にもいい山がありますね!

稲含山の件、林道の傾斜がそこそこあり雪があるとますます心細くなるので、真冬の赤城より緊張して運転しました。

2月5日以降それほど大雪は降っていないと思われますが、正直何ともいえませんが、以前にも行かれているとのことで、林道も登山道もイメージがわくから気が楽ですね?

冬の晴れ間、山頂からの景色が楽しみですね。山頂独占では・・・?

(またこちらにお越しいただければ光栄です)snow

投稿: 山系ENJOY | 2012年2月20日 (月) 19時27分

アドバイス有難うございました
今、ヤマレコのほうにもお礼コメントを書いたところです
明日は移動性高気圧に覆われて、比較的安定した晴天が期待できそうです
前回は曇天で山頂からの景色が今ひとつだったのですが、今回は期待出来そうです
登山道はもちろん、林道の運転にも十分気を付けようと考えています

西上州の山の情報って意外に少ないですよね
山系ENJOYさんのこのブログをお気に入りに登録させて頂きました
お礼と言ってはなんですが、趣味の写真をUPしているサイトの私のページを記載させて頂きました。お暇な時にご覧頂ければと思います

投稿: air_4224 | 2012年2月20日 (月) 22時02分

>air4224さん
直アドレスで「無事帰るメール」をいただきました。満喫されたようで何よりですね。
写真サイトも拝見しましたが構図も画質も美しいです!自分は先日黒檜山で壊したデジカメに変わるG-shockカメラ(旧型)は広角でなくていまいちで平凡な写真ばかりです。まぁブログ記録用と割り切って使います!またお越しくださいね~。

投稿: 山系ENJOY | 2012年2月22日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モニター記事掲載だ! | トップページ | かんな町 早滝凍結 »