« 名月館 赤城山(冬) | トップページ | まさかの四阿屋山! »

2012年2月16日 (木)

谷川岳登攀映像 等

基本的にテレビはほとんど見ないのですが・・・狙って録る派 tv

2年前に放送されて再放送を待ち望んでいたハイビジョン映像の再放送がある。

---

「大氷壁に挑む ~谷川岳・一ノ倉沢~」

NHK-BSプレミアム 2012年2月23日(木)午前9:30~11:13

<再放送2月24日(土)深夜1:00~3:00>   番組表案内サイト

120223_4120223_5 ※画像をお借りしマス

「魔の山」と呼ばれ、冬富士とともに世界トップクラスの登山家からも恐れられる冬の谷川岳。巨大な屏風のようにそそり立つ凍った断崖は高低差1000m。その懐には容赦なく雪崩が襲う。そんな過酷な場を敢えて再起の舞台として選んだ登山家がいる。日本を代表するアルパインクライマー、廣川健太郎さん(50)。2年前の冬、マッターホルンで滑落。その影響で凍傷となり、足の指3本を失った。クライマーとしての再起をかけるドキュメント。

         

一の倉沢のクライミングなんて真冬でなくても夏でも一生縁がない世界だが、迫力ある映像で見応えがある。

さすがにNHKカメラマンも機材抱えて追うことはできず、女性クライマーにカメラを託して雪崩の隙間を登る様子を伝えていた(と思う)。

こんなものを見ていると、世の中には「上には上」(遥かに)がいることを実感するし、山野井夫妻といい、並外れた精神力にはただただ脱帽・・・。

岩稜への挑戦を見習うことはできないが、せめて鍛え上げられた精神力・忍耐力だけでも刺激を受けましょう、そうしましょう!

          

<おまけ>

「谷川岳」といえば、今日(2/16)、自宅から見える谷川岳双耳峰が超きれい!happy02

冬期は西高東低の気圧配置で、いつもは平野は快晴で山沿いは雪雲・大雪が常となっているが、たまには逆転するのも悪くないね・・・

Tanigawa_cat_0442 

今日の平野部はどんよりとした曇り空。

遠くの山々も霞んでいるのに、上越国境の山々だけは日がさしていて輝いていてきれい。現地は久々のおひさまだろうか・・・。

右は白毛門から朝日岳に続く稜線(だと思う) snow

Tanigawa_cat_0852

白砂山稲包三国山・苗場?~平標へと続く(と思われる)雪景色。

手前にはトレランの元聖地?「某庁舎」ですよ、とさっそうと走るミシュラン君rvcar

Tanigawa_cat_1052

その他の山々は意外と霞んでいる。いつも見える八ヶ岳は今日はダメ。

浅間山赤城山荒船山・武甲山 fuji

Tanigawa_cat_0542Tanigawa_cat_1172Tanigawa_cat_0711Tanigawa_cat_1082

山名固定するには・・・以前に確認したカシミール図が便利・・・

Mountain_view_20112_2

この話題に関心がある方はこちらをどうぞ・・・360度カシミールあります eye

双耳峰 谷川岳! 2011.2.3

Haya061_2   

<おまけ2>

BSハイビジョン放送の再放送情報はアーカイブスから探せる

http://www.nhk.or.jp/archives/bs-archives/

            

|
|

« 名月館 赤城山(冬) | トップページ | まさかの四阿屋山! »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名月館 赤城山(冬) | トップページ | まさかの四阿屋山! »